【まだフライヤー(flier)の要約使ってないの?】多忙なサラリーマンでも効率的にスキルアップできる!実践的方法を詳しく解説

  • 忙しくて時間がないけど、スキルは高めていきたい。
  • 効率的にスキルアップしたいんだけど、どうすれば良いのだろう?

 

そんな疑問に応えます。

 

限られた時間の中で、スキルを高めたい、自己成長をしたい人は多いのではないでしょうか。

 

 

スキルアップの王道の1つとして、読書があります。

 

 

私自身、多くの良書に触れて、効率的に情報を吸収したいと思っていましたが、読書の為にまとまった時間が取れず、長い間悩んでいました。

 

 

忙しさを理由に行動できない日々が積み重なった先にあるものは何だろう?

 

 

この質問を真剣に考え、その結果として、1日10分で質の高い本の要約文を読めるflier(フライヤー)を使い始めてから、状況が好転しました

 

 

通勤時間や歩いている時間などのスキマ時間だけで、圧倒的に吸収できる情報量が増えたからです。

 

 

さらに、アウトプットを増やす事で、記憶の定着率の高まりを実感しています

 

 

この記事では、悩みを解決するきっかけとなったフライヤー(flier)を実際に活用し、さらに、現在進行形で実践しているスキルアップに効果的な方法を具体的に紹介します。

 

 

この記事を読む事で、フライヤー(flier)の効率的・効果的な使い方を理解し、忙しい人でも効率的にスキルアップできる具体的な方法を知る事ができます。

 

 

要約のフライヤー(flier)について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

 

関連記事

flier評判や口コミはどうだろう? flierの特徴、メリット・デメリットを知りたいな。そんな人向けに記事を書いています。 flier(フライヤー)は、1日10分で、質の高い書籍の要約を[…]

 

【まだフライヤー(flier)の要約使ってないの?】多忙なサラリーマンでも効率的にスキルアップできる!実践的方法を詳しく解説

 

要約のフライヤー(flier)を活用してスキルアップする方法

 

要約のフライヤー(flier)の具体的活用ステップの全体像です。

 

大きくは「インプット」と「アウトプット」の2つに分かれ、下記の5つのstepでインプットとアウトプットを完結させます。

 

  1.  読みたい本を選ぶ
  2.  要約をを使って読む
  3.  自分なりに要点を整理する
  4.  Twitterで発信する
  5.  人に話す

 

具体的に見ていきましょう。

 

要約のフライヤー(flier)を活用してスキルアップするStep1:  読みたい本を選ぶ

 

要約のフライヤー(flier) アプリの中から、自分が読みたい本を選びます。

 

 

私の場合は、下記に該当する本は全てお気に入りに登録しています。

 

 

  •  書店で気になった本
  •  以前から読みたいと思った本
  •  ランキングに入っている本
  •  手持ちだけど読み返したいと思っている本

 

要約のフライヤー(flier) アプリのお気に入り画面はこんな感じ。

 

まずは、お気に入りの中から、読みたい本を選びます。

 

 

今回は「アウトプット大全」を例に紹介します。

 

要約のフライヤー(flier)を活用してスキルアップするStep2: 要約を”目”と”耳”を使って読む

 

読みたい本が決まったら、要約の音声を再生し、耳で聴きながら、文章を読みます。

 

 

聴覚と視覚を使う事で理解力と記憶への定着率を高める為です。

 

 

これを通勤時間というスキマ時間を使って行います。

 

これまでの流れはこんな感じ。

 

お気に入りリストの中から、「アウトプット大全」を選択する

 

 

 「アウトプット大全」のページに移行したら、音声再生をする。

 

 音声を”耳”で聴きながら、画面をスクロールして、”目”でも文章を読む。

 

要約のフライヤー(flier)を活用してスキルアップするStep3: 自分なりに要点を整理する。

 

次に、要約文を、さらに自分の視点で整理していきます。

 

 

休み時間等のスキマ時間に、要約文をもう1度読み返します。

 

 

今度は、読みながら、ノートに手書きで書き出していきます。

 

 

手書きで書き出す理由は以下です。

 

  • 新しいボキャブラリーを使う事ができる
  • 内容の関係性が視覚的に理解できる
  • 「書く」という行為で一度、自分の手でアウトプットできる

 

ただ、内容を書き写すだけではなく、自分の視点で整理するので、「インプット&アウトプット」と考えています。

 

 

記憶への定着率も高まります。

 

要約のフライヤー(flier)を活用してスキルアップするStep4:  Twitterで発信する

 

自分なりに要点を整理したら、今度はさらにそこから3つにポイントに絞ります。

 

 

ポイントを絞るというより、学んだ事や気付きを3つに絞り込むイメージです。

 

 

絞り込んだ内容を、スマホで打ち込みTwitterで発信します。

 

 

flier(フライヤー)にはコメント機能がついていますが、あえて使わず、自分でまとめて、Twitterで発信するスタイルをとっています。

 

要約のフライヤー(flier)を活用してスキルアップするStep5: 家族や友人、同僚に話す

 

Tweetの発信で終わりでも良いのですが、機会があれば読んだ内容を誰かに話してみると、定着率が高まります。

 

 

私の場合は、妻に話すようにしています。

 

 

ついんず

興味を持って聴いてくれているかは分かりませんがw

 

 

家族に限らず、友人や同僚に話す事も効果的です。

 

 

記憶の定着を高め、知識を増やしていく為の最短ルートはインプットだけで終わらせるのではなく、アウトプットまで行う事です。

 

 

余談ですが、TOEIC学習をしていた時も、「ノートに手書きで単語やフレーズ等を書く」、「1人で音読、シャドーイングをする」等のアウトプットを続けた事で

「TOEIC800点以上」という結果を出す事ができた経験があるので、アウトプットはやはり重要です。

 

 

重要なのはアウトプット:読んだだけで終わりにしてはいけない

 

 

繰り返しになりますが、重要なのはアウトプットです。

 

 

これは、「アウトプット大全」著者の樺沢紫苑(かばさわしおん)さんが強く主張しているポイントです。

 

 

樺沢紫苑(かばさわしおん)さんは、本業の精神科医ながら、作家としても活躍されているアウトプットの達人

 

 

どれだけ凄いかというと、

 

  • メルマガ発行を13年間毎日継続
  • 年間2冊以上の本の出版を10年間継続
  • Facebook毎日更新8年間継続

 

 

ついんず

まさにアウトプット超人です。

 

 

 

そんな樺沢さんは著書の中で、インプットとアウトプットの黄金比率は3:7と言っています。

 

 

一般的には、「比率が逆」だと思われがちですが、コロンビア大学の心理学者の実験で科学的に実証されているようです。

 

 

 

要約でも十分な内容ですが、この本は全部読みたくなりますよ。

 

 

なぜなら、今日から行動に移せる実践的な本だからです。

 

 

ちなみに、『学びを結果に変える アウトプット大全』は、2019年上半期、flier(フライヤー)でもっとも読まれたビジネス書です。

 

【まだフライヤー(flier)の要約使ってないの?】多忙なサラリーマンでも効率的にスキルアップできる!実践的方法を詳しく解説: まとめ

 

フライヤー(flier)サービスを利用しながら、多忙なサラリーマンでも効率的にスキルアップできる!実践的方法を紹介してきました。

 

これまでの内容を振り返ってみましょう。

 

「時間がないけど、スキルアップをする」為には下記を行う。

 

  1. フライヤー(flier)を使い、スキマ時間で多くの情報を吸収する
  2. 同時にアウトプットも行う

 

 

理由は、記憶の定着を高め、知識を増やしていく為の最短ルートはインプットだけで終わらせるのではなく、アウトプットまで行う事だから。

 

 

具体的な方法は、下記の通り。

 

  • flier(フライヤー)アプリで要約コンテンツを、耳と目を使ってスキマ時間にインプット
  • ノートに書いてさらに要点を纏める。
  • 重要な3点をTwitterで発信、人に話す

 

 

アウトプット大全の著書、アウトプットの達人によると、最も重要なのは、アウトプットで、インプットとアウトプットの黄金比率は3:7

 

 

インプットとアウトプットという行動を積み重ねていけば、知識の幅と深さが出てくるので、確実にビジネススキルを伸ばす事ができるようになりますね。

 

関連記事

flier評判や口コミはどうだろう? flierの特徴、メリット・デメリットを知りたいな。そんな人向けに記事を書いています。 flier(フライヤー)は、1日10分で、質の高い書籍の要約を[…]

 

以上、【まだflier(フライヤー)使ってないの?】多忙なサラリーマンでも効率的にスキルアップできる!実践的方法を詳しく解説でした!

↓↓「この記事読んで良かったな」という方↓↓