組織変更を繰り返す本当の理由と個人が受ける影響~会社に振り回されるのは終わりにしよう~

  • 2021年10月25日
  • 2021年11月26日
  • 生活
  • 勤務先の会社は組織変更を繰り返してばかりなんだけど、何で?めちゃくちゃ迷惑なんだけど。

 

筆者は転職を2回しており、3社の経験がありますが、3社のうち1社は頻繁に組織変更をしています。

 

 

「また組織変更するの?」

「何回目だよ、勘弁してくれよ」

「現場の業務度外視で、一体何考えてんだよ」

 

と、

ついんず

毎度の如く不満が爆発していました。

 

 

一方で、「会社がここまで頻繁に組織変更を繰り返す理由が何なのか?」興味を持ったので、これまで実際にあった経験を振り返りながら記事に纏めてみました。

 

 

本記事を読む事で、組織変更を繰り返す会社の理由や個人への影響について、リアルな現実を知る事ができます。

 

 

現実を知った上で、自分が取るべき対策をしっかりと考えていきましょう。

 

組織変更を繰り返す本当の理由と個人が受ける影響~会社に振り回されるのは終わりにしよう~

組織変更を繰り返すのはなぜ?本当の理由

組織変更を繰り返すのはなぜ?本当の理由

会社が組織変更を繰り返すのはなぜなのでしょうか?

 

 

日本企業・外資系企業合わせて3社での勤務経験を基に過去の出来事などを振り返りながら纏めると、理由は主に3つあります。

 

 

  1.  経営陣の権力の誇示
  2.  責任の所在をあやふやにする
  3.  新組織が軌道に乗るまでの言い逃れができる

 

順番に見ていきましょう。

 

組織変更を繰り返す本当の理由①: 経営陣の権力の誇示

組織変更を繰り返す本当の理由1つ目は、「経営陣の権力の誇示」です。

 

 

自分の事しか考えないワンマン経営者にありがちな傾向です。

 

 

ワンマン経営者は自分の既得権益を守る事に必死で、経営陣には自分に忠実な人間しか残しません。

 

 

そうした事情は、組織図が公開された後に、経営陣に連なるメンバーを見れば一目瞭然です。

 

 

  • 「会社の為に積極的に経営者に意見していたあの人が経営陣から外れた」
  • 「当たり障りのないキレイごとしか言ってないあの人が経営陣に残ってる」
  • 「社長と喧嘩してたと噂のあの人は見事に外されたな」

 

 

こんな感じで、ワンマン経営者は組織変更によって今までよりもいっそう自分の地位や地盤が強化された事を「組織図」というツールを使って、アピールします。

 

 

 

ただの権力誇示やアピールだけなら実害はないのですが、問題は組織の上から下までイエスマンで固まってしまう事です。

 

 

イエスマンで固まった経営陣の下にはイエスマン部長達、さらにその下にはイェスマン課長が、そしてイェスマン係長がぶら下がっていきます。

 

 

そして、ぶら下がった人間は上司やその上の上司が「欲しい情報」「得になる情報」しか提供しなくなります。

 

 

ついんず

不都合な真実や臭いものには蓋がされるというやつです

 

根本的な問題解決はできず、単なる社内政治の現状が露骨に表面化されるので、こうした状況を目の当たりにして気持ち悪くて耐えられない人は辞めていきます。

 

 

また、人事がいかに好き嫌いで決まっているかも分かるので出世の難しさも痛感します。

 

 

>>>出世しない人が勝ち組と言える理由~勝ち組になる為の方法も具体的に解説します~

関連記事

出世しないと勝ち組になれないの? 出世しないと将来不安を感じるけど、出世が全てじゃない気がする 出世しない人で勝ち組の人は何をやってるの? そんな疑問に答えます。 &n[…]

 

組織変更を繰り返す本当の理由②: 責任の所在をあやふやにする

組織変更を繰り返す本当の理由2つ目は、「責任の所在をあやふやにする」です。

 

 

組織変更をする事で、組織変更前に抱えていた課題や問題は実質的に先送りされます。

 

 

なぜなら、事業部制から機能別組織に変えたり、その逆にする事で組織構造そのものが変わり、新しい箱ができたり人員配置が大きく変わるからです。

 

 

表向きは、「外部環境の変化に合わせて事業戦略を変更し、新たな事業戦略に沿った組織を体系化した」みたいなキレイ事を言いますが、問題解決しないどころか、問題すら分からなくなるリスクがあります。

 

 

 

むしろ、経営者や経営陣にとっては致命的になりそうな問題の責任を負わされるリスクを、組織変更という力技で責任の所在をあやふやにしています。

 

 

ユーザーや顧客、市場のトレンドなど外に目を向けるべきパワーが社内に向いてしまっている証拠です。

 

組織変更を繰り返す本当の理由③: 新組織が軌道に乗るまでの言い逃れができる

組織変更を繰り返す本当の理由3つ目は、「新組織が軌道に乗るまでの言い逃れができる」です。

 

 

新組織がすぐに機能する事はありません。業務の引継ぎや仕事のキャッチアップ、メンバー同士の連携などに時間がかかるからです。

 

 

こうした状況は新しい組織体を決定した人たち、つまり経営陣からしたら好都合です。

 

 

1年ぐらい上手くいかなくても、「過渡期だからしょうがない」という言い訳ができるからです。

 

 

 

そして、また耳障りの良い理由を適当に考えて組織変更を繰り返していきます。

 

 

外部環境が変化しているのに、戦略も組織も全く変えない企業も問題ですが、組織をコロコロ変える企業で働くと、社員は振り回され続けます。

 

 

組織変更を繰り返す理由がざっくりと理解できたところで、次は個人が受ける影響について見ていきましょう。

 

組織変更を繰り返す会社で個人が受ける影響

組織変更を繰り返す会社で個人が受ける影響

 

組織変更を繰り返す会社では、個人はどんな影響を受けるのでしょうか?

 

 

基本的に組織がコロコロ変わる事は、個人にとってはマイナスです。

 

 

具体的には以下の4つです。

 

  1. 上司やチームが変わる
  2. 仕事が変わる
  3. キャリアパスは絵空事になる
  4. 人事評価は運次第

 

順番に見ていきましょう。

 

組織変更を繰り返す会社で個人が受ける影響①: 上司やチームが変わる

組織変更を繰り返す会社で個人が受ける影響1つ目は、「上司やチームが変わる」です。

 

 

新しい組織ができると、ほぼ確実に所属するチームや上司が変わります。

 

 

面識のあるメンバーがいない場合は、人間関係をゼロから構築していく必要がありますし、仕事の進め方や距離感なども上司によって変わってきます。

 

 

ついんず

ただただ、余計な仕事が増えますよね

 

 

上司の仕事のスタイルに合わせて、部下は報連相をする必要が出てくるので、個人の働き方にも大きく影響してきます。

 

組織変更を繰り返す会社で個人が受ける影響②: 仕事が変わる

組織変更を繰り返す会社で個人が受ける影響2つ目は、「仕事が変わる」です。

 

 

仕事そのものが変わると、前の仕事の引継ぎや新しい仕事の引継ぎ、キャッチアップに時間がかかります。

 

こうした過渡期には現場は混乱し、本来ならやらなくても良い狭間の仕事が増え、余計な時間や労力が費やされる事になります。

 

 

 

一時的に負荷がかかるだけなら良いのですが、新しい仕事は自分が希望する仕事でない可能性もあります。

 

 

将来的に自身のキャリアにプラスになる仕事であれば、成長のチャンスがありますが、会社は個人のキャリアなんて微塵も考えていません。

 

 

とりあえず、目の前の仕事をしてもらわないと通常業務が回らなくなるので、

 

上司
「不満かもしれないけど、必ずあなたの将来の為になる仕事だから」

 

など適当な事を言われて、使いまわしにされないように気を付けましょう。

 

 

さらに、仕事が頻繁に変わると、スキルが身につかなくなるリスクもあります。

 

 

>>>スキルが身につかない仕事を続けるリスク3つ【危険の察知が重要】~脱却する方法も具体的に紹介します~

関連記事

今の職場でスキルが身につかない仕事しかしていない、どうしよう。 スキルが身につかない仕事から抜け出したいな そんな疑問に答えます。 転職2回を経て、3社を見てきた筆者の経験を[…]

 

組織変更を繰り返す会社で個人が受ける影響③: キャリアパスは絵空事になる

組織変更を繰り返す会社で個人が受ける影響3つ目は「キャリアパスは絵空事になる」です。

 

 

会社は「キャリアパスは自分で考えて自分で掴み取ろう」的な事を言いますが、組織変更が繰り返される場合、キャリアパスなんて存在しないようなものです。

 

 

いくら自分が会社での中長期的なキャリアプランを描いていても、会社の都合で簡単に潰されてしまうからです。

 

 

組織変更をする度に、キャリア形成に関係ない仕事しか続けられないリスクがあります。

 

 

しかも、会社は嫌味のように毎年キャリアプランを提出させたりします。

 

 

ついんず

キャリアプランを崩壊させといて「えっ。何言ってるの」状態ですね。

 

真面目にキャリアパスを描いている人ほど、自分でキャリアコントロールができなくなる事の苦しさに悩まされてしまいます

 

組織変更を繰り返す会社で個人が受ける影響④: 人事評価は運次第

組織変更を繰り返す会社で個人が受ける影響4つ目は、「人事評価は運次第」です。

 

 

社内に評価制度や評価基準が存在していても、人事異動や人事評価は結局のところ「好き嫌い」で決まります。

 

 

ついんず

経験上、特に日本企業の場合にこうした傾向が強いです。

 

 

新しい仕事が仮に自分が希望する内容で、実績をあげられる自信があったとしても、新しい上司に好意的な印象を与えられないと、適切な評価をもらえる可能性は低くなります。

 

 

逆のパターンもありえるので、組織変更が「自分の人事評価に吉と出るか、凶と出るかは」もはや運次第と言っても過言ではありません。

 

 

組織変更を繰り返す理由と個人が受ける影響について、何となく思い当たるようなポイントがあったかと思います。

 

 

ここからが本記事で最も伝えたい重要な話になります。

組織変更を繰り返す会社に振り回されない為の対策

組織変更を繰り返す会社に振り回されない為の対策

 

組織変更を繰り返す会社に振り回されない為の対策を具体的に見ていきましょう。

 

主に3つあります。

 

  1. 変化を当たり前として捉える
  2. 振り回されたくないなら転職する
  3. 変化を受け入れながら副業でリスクヘッジする

 

順番に見ていきましょう。

 

組織変更を繰り返す会社に振り回されない為の対策①: 変化を当たり前として捉える

組織変更を繰り返す会社に振り回されない為の対策1つ目は、「変化を当たり前として捉える」です。

 

 

組織変更の繰り返しによって、苦労を経験しているからこそ受け入れにくい事も多いのですが、組織がコロコロ変わるのは会社の年間行事と割り切って考えるようにすると、「はいはいまたね」と気持ちの面で少しだけ負担が減るようになります。

 

 

私も転職したばかりの会社で、

 

ついんず

組織変更あるそうですね。

上司

「今年は例年と違う過去最大規模の組織変更だからもう数年はないよ」

みたいな話を当時の上司に聞いていましたが、それから毎年組織が変わっているので、もはや笑えます。

 

 

会社の年間行事を受け入れられなければ、「企業文化や風土が合わない」のと同じなので、転職や他の道を模索した方が気持ちの面で余裕が出てきます。

 

>>>「出世できない、つらい」は考え方次第!チャンスに変える方法3つ

関連記事

「出世できない、つらい」という感情は、サラリーマンなら誰でも一度は抱くのではないでしょうか?  筆者は30代半ばですが、多くの同僚が管理職になっていくのを目の当たりにした時に同じような感情を持った[…]

「出世できない、つらい」は考え方次第! チャンスに変える方法3つ

組織変更を繰り返す会社に振り回されない為の対策②: 振り回されたくないなら転職する

組織変更を繰り返す会社に振り回されない為の対策2つ目は、「変振り回されたくないなら転職する」です。

 

  1. 変化を当たり前として捉えるのには無理がある
  2. どう考えても組織がコロコロ変わるのは理不尽
  3. こんな事にキャリアを左右されたくない

 

という人は、迷わず転職をしましょう。

 

 

組織や上司に期待するだけ時間の無駄になります。

 

 

すぐに転職エージェントや転職サイトに登録して、次の活躍の場を探す事に力を注ぎましょう。

 

>>>【両方使うべき?】転職サイト と 転職エージェントの違いと使い方〜2度の転職経験者目線で見てみた〜

関連記事

どうやって転職活動を進めて良いか分からない 転職サイトと転職エージェントは何が違うの? どっちも登録しないとダメなの? そんな疑問に答える為にこの記事を書いています。 […]

組織変更を繰り返す会社に振り回されない為の対策③: 変化を受け入れながら副業でリスクヘッジする

組織変更を繰り返す会社に振り回されない為の対策3つ目は、「変化を受け入れながら副業でリスクヘッジする」です。

 

 

本業に不満がある状態で、収入源が本業の収入しかない場合は「精神的な安定を得る事は難しい」です。

 

 

それでも「いやいや、毎年の組織変更は理不尽だけど転職までは考えていない」という人は、今の環境や文化を受け入れて、その上で本業以外に時間や労力をかけるようにしましょう。

 

 

副業といっても特にオススメなのは、「ブログ」と「資産運用」です。

 

 

収入源をブログで増やし、本業とブログで得た収入を資産運用で増やしていくと、本業への不満やストレス耐性は減っていくからです。

 

 

ついんず
資産運用をやるなら断然、米国株がオススメです。

 

>>>米国株と日本株、買うならどっち?は愚問~米国株が圧倒的にオススメな理由を解説します~

関連記事

米国株と日本株を買うならどっちが良いのかな? 米国株と日本株の違いはなんだろう? 米国株の何が良いの? そんな疑問に答えます。  【想定読者】 株式投資初[…]

米国株と日本株、買うならどっち?は愚問 ~米国株が圧倒的にオススメな理由を解説します~

 

 

ついんず
しかも、米国株投資をやりながら集めた情報や投資成績などをブログでアウトプットすると相乗効果を得やすいです。

 

 

>>>米国株ブログと投資のハイブリッド運用をおすすめする理由【知らないと大きな差がつきます】

関連記事

米国株投資は実践してるけど、もう少し投資資金を増やしたい 米国株ブログを書いたら稼げるの? 米国株ブログに興味があるけど、どうやって始めれば良いのか分からない。 本記事はこんな要望や疑問を持って[…]

 

 

ついんず

もう少しリスクをとって積極的に運用したい人は仮想通貨もありですよ。

 

 

>>>仮想通貨取引をするならコインチェックの口座開設をすべき理由

関連記事

仮想通貨取引を始めたいんだけど、口座開設はどこでしたら良いんだろう? コインチェックってCMでよく見るけど、安心して使えるのかな? そんな疑問に答えます。  想[…]

仮想通貨取引をするなら コインチェックの口座開設をすべき理由

 

組織変更を繰り返す本当の理由と個人が受ける影響~会社に振り回されるのは終わりにしよう~:まとめ

組織変更を繰り返す本当の理由と個人が受ける影響について、実体験をベースに解説してきました。

 

 

簡単に振り返っていきましょう。

 

 

会社が組織変更を繰り返す理由は主に3つあります。

 

  1.  経営陣の権力の誇示
  2.  責任の所在をあやふやにする
  3.  新組織が軌道に乗るまでの言い逃れができる

 

経営陣都合の組織変更は、上から下までYESマンで固められ、ビジネス的に正常な判断ができなくなる可能性があるので注意です。

 

 

組織がコロコロ変わる事は、個人への影響も大きいです。

 

  1. 上司やチームが変わる
  2. 仕事が変わる
  3. キャリアパスは絵空事になる
  4. 人事評価は運次第

 

自分でキャリアコントロールをできなくなるのが最大のリスクです。

 

 

組織変更を繰り返す組織にいる以上、振り回されるのは必至。

 

 

組織のやり方に納得がいかない人は以下の3つのいずれかの選択をする事をオススメします。

 

  1. 変化を当たり前として捉える
  2. 振り回されたくないなら転職する
  3. 変化を受け入れながら副業でリスクヘッジする

 

副業の第一歩としては、個人的には断然ブログがおススメですが、「ブログ運営も少しハードルが高いかも・・・」という人は、まずはブックレコメンドで本を紹介するところから始めると良いかもしれません。

 

>>>ブックレコメンド?特徴と副業にオススメな理由を解説【やり方の実例付き】

関連記事

ブックレコメンドとは? ブックレコメンドのやり方を知りたいな ブックレコメンドはどんな人にオススメ? そんな疑問に答えます。  本を読むのは好きだけど[…]

ブックレコメンド?特徴と 副業にオススメな理由を解説【寄稿方法の実例付き】

 

以上、組織変更を繰り返す本当の理由と個人が受ける影響~会社に振り回されるのは終わりにしよう~でした!!

組織変更を繰り返す本当の理由と個人が受ける影響~会社に振り回されるのは終わりにしよう~
↓↓「この記事読んで良かったな」という方↓↓