【これだけでOK】忙しい会社員が短期間で成果を出す為にやるべきたった1つの英語対策

  • 2020年1月14日
  • 2021年8月5日
  • 生活
  • 会社員が今さら英語を学習して、本当に意味あるの
  • 英語は勉強しているけど、なかなか成果が出ないのは何で
  • 英語を使って、早く成果をあげる為には何注力すれば良いの?

そんな疑問に答えます。

この記事を書いている私は、社会人になってから独学で英語の勉強をし、TOEIC800点以上のスコアを得た後に、外資系企業へ転職。海外出張や会議、メールや資料作りなど、実務の中である程度、英語を用いて仕事をしています。

2度の転職経験がありますが、英語というスキルセットを努力して身に着けた甲斐もあり、国内の労働人口の上位10%以内に入る年収を得る事ができています。

グローバル化が当たり前になってきている現在、各企業による英語スキル需要が高まり、英語を学習する人口が増えてきています。実際、会社で働いている1人のサラリーマンの肌感覚として、社会人になってから英語を学習している方が多いと感じています。

双子パパリーマン
英語を学んでいる人、多いですよね

英語を学習する目的は人それぞれですが、重要なのは「明確な目的を持って学習する」事です。

私は、英語を学習する目的を「年収をあげるため」と明確に設定し、学習してきました。

年功序列という旧態依然とした制度が今もまだ根強く残っている中で、「いかに早く年収をあげるか」を考え、市場価値が高く汎用性の高いスキルである「英語」に着目し、徹底的英語対策をした結果、最短で成果を上げる経験をしています。

この記事を読む事で、サラリーマンが短期間で、成果あげる為の具体的な英語学習項目が分かります。

忙しい会社員が短期間で成果を出す為にやるべきたった1つの英語対策

サラリーマンが最短で成果を上げる為には、英語レベルを定量評価するTOEIC対策徹底する事です。

なぜなら、

「サラリーマン市場で英語ができる人」=「TOEICスコアが高い人」

だからです。

つまり、「キャリアの幅を広げたり、年収をあげる為にはTOEICスコアを高めれば良い」という事です。

TOEICで一定以上のスコアを獲得する為には、TOEICスコアを伸ばす事を目的とした学習を継続する事が成功への最短ルートです。

英語を学習する目的を明確にする

何かを新しく始める時や継続する際には、明確な「目的を明確にすること」が重要です。

双子パパリーマン

皆さんは英語を学習する目的が明確になっていますか?

  • 今は、営業職だけど、いずれは海外関連部署に異動し、英語を使ってグローバルな仕事をしたい
  • 既に海外実務に携わってるけど、海外赴任をする為に、一定以上のTOEICスコアが欲しい
  • 海外赴任が決定していて、それまでに日常会話力をあげておきたい

等、今置かれている状況が人それぞれ違うのと同じように、英語を勉強する目的も千差万別です。

当たり前の話ですが、「なぜ英語を勉強しているのか?」「英語を習得した後に何をしたいのか?」、ゴールが見えていなかったり、目的を明確でなかった場合、途中で自分が目指すべき方向が見えなくなり、英語学習を継続するモチベーションを維持する事が難しくなります。

目的が重要な理由は、目的を達成する為の手段・行動が変わってくる」からです。

例えば、

  • 「ネイティブ並みに流暢な英語を使って、外人とコミュニケーションをとれるようになりたい」(目的)のであれば、「留学して毎日英語だけで生活するような環境に身を置く」(手段・行動)事がベストです。
  • また、「仕事の実務を行う上で英語を使えるようになりたい」(目的)のであれば、「ビジネス英語の学習に注力する」(手段・行動)のが良いですよね。

というように目的に応じて取るべき行動が変わります。

TOEICのスコアを伸ばしたいのに、映画で学べるEnglish的な教材やアプリ、動画等で勉強しても意味はありません。

双子パパリーマン
目的に応じた学習手段を選びましょう

サラリーマン市場で英語ができる人=TOEICスコアが高い人

一般的に「英語ができる人」とはどのような人を指しているのでしょうか?

  • ネイティブ並みに流暢にスラスラ話せる人
  • 英語でプレゼンができる人
  • ビジネス英文メールをスラスラ打てる人
  • TOEICのスコアが高い人

いろんな見方があります。

全て満たせればハッピーですが、そんなスーパーマンみないな人は超少数です

私はサラリーマンなので、「英語ができる人」の定義を企業目線、サラリーマン市場の目線で考えてみました。

たどり着いた答えは、

企業や市場から、「英語が出来る」とみなされる人は、「TOEICスコアが高い人」です。

ここを理解しておく事は、英語学習の方向性を決める上で、非常に重要です。

例えば、就職活動や転職活動をする場合、まずはエントリーシートや職務経歴書を提出しますよね。

本人が、いくら英語がペラペラで、ネイティブ並みに流暢に話せる事を自負していたとしても、書面上でその英語力の高さを証明する事はできません。残念ながら、実際に会って会話をしなければ、「英語が流暢に話せること」を伝える事ができません。

重要なのは、書面上で、英語スキルの高さを証明する事です。

英語スキルの高さを証明する為のメジャーな手段は何があるでしょうか?

TOEICです。TOEICスコアです。

TOEICは英語能力を推し量る手段として、ゴールドスタンダードな基準です。

そして、TOEICスコアは経歴書に書けますし、データ上でも残せます。

TOEIC650点以上です」「TOEC800点以上です」と数字で示せれば、誰が見ても、説得力がグンと高まります。

あわせて読みたい関連記事

キャリアアップの為に、何か勉強しようと思ってるけど、何をやろうか迷っている 何となく英語をやった方が良いと思っているけど、本当に英語やる意味あるのかな? 今さら英語を始めても、みんな勉強してるから差別化にならないんじゃな[…]

TOEICスコアをあげる学習方法

私は英語が年収アップに直結する事を知ってからは、TOEICスコアを上げる事に私の時間と労力を集中投資してきました。その際に、重視していた勉強法は1つです。

それは、

  1. TOEIC公式問題集をやること。
  2. TOEIC関連の書籍(英単語、英文法、リーディング、リスニングテキスト)を購入し、それらを繰り返し勉強すること

TOEICスコアをあげる為には、あれもこれも手を付けず、TOEICに特化した勉強をする」事が一番の近道です。

公式問題集と関連書籍を買ったら、他の参考書には目もくれず、同じ教材をひたすらやり続けまししょう。

今は、忙しくて時間が取れない人でも、通勤中、昼休み等のスキマ時間にスマホアプリを用いて勉強が出来る時代です。

モバイルファースト時代には、体系的にTOEIC対策ができる充実したコンテンツアプリを使って、学習効率を上げ、学習時間を確保する事も重要です。

おわりに:忙しいサラリーマンが短期間で成果を上げるなTOEICに特化して学習をしよう。

重要なのは、英語を勉強する目的を明確にし、その目的を達成する為の手段を知り、あとはひたすらやり続けるという事です。

サラリーマンが短期間で成果を上げる為には、TOEICで一定以上のスコアを獲得しましょう

そして、TOEICスコアをあげる為にはTOEIC対策を徹底するが正しい努力の方向性です。

私自身も、TOEICスコアを上げる為に努力をし、結果として、転職による年収アップとキャリアの幅を広げる事ができました。

TOEICで一定以上のスコアを獲得し、英語ができる人認定をもらう事で、年収アップを勝ち取りましょう。

以上、忙しい会社員が短期間で成果を出す為にやるべきたった1つの英語対策でした!

↓↓「この記事読んで良かったな」という方↓↓