転職を成功させる方法と失敗しない為の具体的ヒント【サラリーマン必読】

  • 2020年1月13日
  • 2021年9月24日
  • 生活
  • 転職を考えているが、失敗したくない人
  • 今すぐの転職は考えていないが、今の会社や職場環境に少しでも不満や不安がある人
  • 会社員で、なんとかして年収をあげたいと考えている人

 

 

そんな人向けにこの記事を書いています。

 

 

最近は、大企業での45歳以上のリストラ、早期退職者募集のニュースやトヨタや経団連会長の「終身雇用崩壊」発言などもあり、サラリーマンの不安を煽るようなニュースが増えています。世の中の流れが大きく変わりつつあり、こうした背景を受け、いつでも転職できるように備えておく事が当たり前な世の中になってきています。

 

 

この記事を書いている私は、2度の転職経験歴がある30代の平凡なサラリーマンです。年収300万円代でキャリアをスタートし、2社目で500万円代、3社目で700万円代と2度の転職経験を経て、大きく年収アップに成功しています。

 

 

夢の1,000万円には届いていませんが、転職をした事により、サラリーマンとしては国内労働人口の上位10%以内の年収レンジに入る事ができています。

 

 

私が、転職活動をする中で、常に意識していた事は、転職成功の定義を明確にし、自分の転職を成功させる事です。

 

 

ついんず
当たり前の事ですが、重要なポイントですよね

 

 

この記事を読むことで、転職を成功させる方法と失敗しない為のヒントが分かり、具体的に動く事ができるようになります。

 

 

転職を成功させる方法と失敗しない為の具体的ヒント【サラリーマン必読】

転職を成功させる方法と失敗しない為の具体的ヒント【サラリーマン必読】

 

転職活動を成功させる為の方法は、2つです。

 

具体的に転職を考える前の段階から、転職エージェントに登録しておく事。
転職を成功させる確率を高める為に転職エージェントをとことん利用すること

 

 

なぜなら、転職エージェント

 

  1.  自分では気づかない強みを教えてくれたり、客観的な視点でアドバイスをくれるから。
  2.  自分の経験や持っているスキル、強み弱みを踏まえて、個人と求人ニーズがマッチした企業情報や求人情報を提供してくれるから。

 

 

自力で活動する事も、もちろん可能なのですが、自分の目線だけで、自己分析や求人情報を検索しようとすると、どうしても視野や物の見方が狭くなってしまいがちです。

 

 

私は、転職成功という結果を最大化する為に、とことん利用させて頂きました

 

 

ついんず
利用すると言うと、聞こえは悪いですが、全て自分の為ですね。

転職における成功と失敗とは?

 

自分自身が「転職した後にどのような状態になっていれば成功なのか、または失敗なのか」、あらかじめ転職における成功と失敗の定義を考えておく事は転職活動をする上で非常に重要です。

 

転職は「成功」と言える状態

 

2回の転職を経験している私の場合、転職に成功だと言える状態を下記のように考えていました。

 

  • 今よりも、年収アップしていること
  • 年収が横ばいだとしても、時給ベースで収入があがっていること
  • ビジネスマンとしての成長が見込める環境で働けること
  • プライベートの時間を確保できること
  • 常識的な人が多い組織やグループで働けること
  • 自宅からの通勤時間が1時間以内であること

 

これら全ての条件を満たすか、3つ以上満たせるかどうかを基準にしていました。

 

転職は「失敗」と思われる状態

 

反対に、転職は失敗しそうだと思われるケースは、下記の通りです。基本的に成功のケースの反対です。

 

  • 今よりも、年収ダウンしていること
  • 年収が横ばいだとしても、時給ベースで収入が下がっていること
  • ビジネスマンとしての成長が見込めない環境で働くこと
  • プライベートの時間を確保できないこと
  • 非常識な人が多い組織、グループで働かなければならないこと
  • 自宅からの通勤時間が1時間以上かかること

 

転職に失敗してしまう理由とヒント

 

転職に成功する人もいれば、失敗する人もいます。この差は何で生まれるのでしょうか?

 

私の個人的な見解としては、

 

転職活動にかける時間と情報量の差

 

です。

 

転職という行為自体は、転職活動期間に関係なくする事が可能です。つまり、極端な話、転職活動、1ヶ月や2カ月で次の会社に就職する事は誰でもできます。

 

しかし、重要な事は、短期間で次の会社を見つける事ではありません。

 

こうしたケースは、入社した後に「こんなはずじゃなかった」と気づくケースが多いです。

 

なぜなら、現状分析や業界、企業のリサーチを十分に行う時間をかけずに、短期間で転職という判断をしているからです。

 

就職活動期間は1ヶ月だけでしたか?

 

6ヶ月~1年近く時間をかけて、自己分析や業界研究、個別企業リサーチ、面接対策等を行っていませんでしたか?

 

ついんず

私が転職する時は、転職活動に1年~1年半かけました。

 

なぜなら、の会社への転職リスクを極力減らすと同時に成功する為の確率を高めたかったからです。

 

その為に、下記を行ってきました。

  • 幅広く情報を集めて、多くの企業情報や求人情報に触れる事で、企業を見る目を養う事を意識
  • エージェント担当者と協力して分析を深堀り

 

 

ついんず

全ては自分の転職後の人生を好転させる為です。

 

「就職活動と同じ行為」である転職活動において、同じだけの労力や時間をかけないのはなぜか。むしろ就職活動以上に労力や時間をかけないと、失敗するリスクが高まる。

転職を成功させる為の方法

 

転職を成功する確率を高める為に私がやった事は、転職エージェントへの登録です。

 

転職エージェントとは、あなたの希望条件と企業が希望する雇用条件をマッチングしてくれるサービスです。

 

登録をすると、担当者(キャリアアドバイザー)がつきます。その担当者は、あなたの転職を手助けしてくれる専属秘書のような人です。あなたが希望する仕事内容、年収、職種、勤務地等を伝えれば、そうした条件にマッチする案件を探してきてくれます。

 

多くの転職エージェントが存在しますが、私が実際に使った転職エージェントは全て無料です。

 

登録は、めちゃくちゃ簡単で、1分程で完了します。

 

  •  転職エージェントに登録する(無料:1分)
  •  転職エージェントの担当者と面談する(無料)
  •  求人情報を入手する(無料)
  •  求人に応募する(無料)

 

これだけ。

 

全て無料で出来るので、利用しない手はないですよね。

 

成功する為に登録すべき、オススメの転職エージェント4社

 

実際に私が活用していたオススメの転職エージェントを4社紹介します。

 

1社だけの利用でも悪くはありませんが、情報が偏ったり、担当するキャリアアドバイザーの質や当たり外れに左右される事がありますので、各社の特徴を理解し、自分が有利になる情報を広く入手する事が重要です。

 

もちろん、どのエージェントにも無料で登録、利用ができます。

 

リクルートエージェント

人材業界国内最大手のリクルートグループが運営する転職エージェント。40年以上の歴史と実績、業界トップクラスの求人数を有しているのが特徴です。誰でも知っている、リクルートが運営しているエージェントなので、安心感がありますよね。手持ちの求人が多いので、自分の視野を狭めない為に広く情報収集する目的で、リクルートさんにはお世話になりました。

DODA

doda

インテリジェンスが運営している、転職エージェントです。DODAも有名ですよね。こちらもリクルートエージェントと並び、国内トップクラスの求人数と実績、評判を誇る大手転職エージェントの1つで、IT、営業、通信、企画系の求人が多いのが特徴です。私が32歳の時に、3社目に転職した際にお世話になったエージェントです。扱っている求人数は、リクルートに比べると少し減りますが、リクルートにはない案件を持っていたりもします。私の3社目の案件がまさにそれでした。

JACリクルートメント:個人的に特におすすめ

もしかしたら、あまり馴染みがないかもしれませんが、外資系企業案件や英語を活かす仕事、海外への転職に強い転職エージェントです。金融系、管理職・ハイキャリア求人も多いです。2社目の転職の際に、私がお世話になったエージェントです。求人数こそ、上記2社と比べると少ないですが、個人的には、求人と担当者の質が一番高かったと思います。キャリアアドバイザーの11人が自分の担当企業を持っているので、より深い企業分析情報を提供してくれるのと、担当キャリアアドバイザー以外からも案件情報の提供があるので、深く広く情報収集ができます。

SAMURAI JOB

外資系、グローバル、ハイクラス特化型の転職エージェントです。特徴は、ハイクラス転職に強みがある点です。1つ上のJACリクルートメントと共同運営しているので、高年収ポジションを目指す人、ハイクラス求人を求める人はオススメです。
ついんず
本当にそんなにたくさん登録する必要あるの?

 

重要な事なので繰り返しますが、「転職は、成功の定義を定め、そして成功させる事」が重要です。成功する確度を1%でも高める為には、質の高いパートナーと協力する事、そして強みの異なるパートナーを複数持っておく事が、重要です。

 

上手く活用する事ができれば、年収アップや職種の変更、スキルアップなど、自分のキャリアの幅や可能性を広げる転職ができます。

 

ポイント:幅広く情報を集めて、多くの企業情報や求人情報に触れる事で、企業を見る目を養おう。そして、エージェント担当者と協力して分析を深堀し、次の会社への転職リスクを極力減らすと同時に成功する為の確率を高めよう

 

一方で、紹介される求人の中にはブラック企業案件が含まれていたりするケースもあります。

 

私も例外なくブラック案件を紹介された経験がありますが、早くからエージェントに登録し、エージェントの傾向を掴む事で、こうしたババ案件を見極める力をつける事ができました。

 

むしろ、ババ案件を掴まされない為にも、早期に登録しておく必要があるのです。

 

私は、転職を検討するかなり前の段階から、転職エージェントに登録し、傾向を掴めていたので、リスク回避行いながら、転職を成功させる事ができました。

 

あわせて読みたい関連記事

サラリーマンとして働いているが、なかなか年収があがらない。社内で成果をあげているはずなのに、なかなか給与に反映されない。どうしたら収入を増やす事ができるのだろう。この記事を書いている私は、10数年サラリーマンをやっています。[…]

おわりに:転職活動を成功させる為の一歩を踏み出そう

 

サラリーマンの不安を煽られるニュースが増え、今までの常識やトレンドが急激に変化している中で、サラリーマンとしてリスクヘッジする為には、いつでも転職できる準備をしておく事が重要です。

 

また、転職をするからには、転職を成功させる事が重要で、その手段は早い段階で複数の転職エージェントに登録し、転職活動を成功させる確率を高める為にとことん利用することです。

 

複数の転職エージェントから、幅広く情報を集めて、多くの企業情報や求人情報に触れる事で、企業を見る目を養い、エージェント担当者と協力して分析を深堀し、次の会社への転職リスクを極力減らすと同時に成功する為の確率を高めよう!

 

以上、転職を成功させる方法と失敗しない為の具体的ヒント【サラリーマン必読】でした!

↓↓「この記事読んで良かったな」という方↓↓