仮想通貨のアフィリエイトができるASPを徹底調査!~報酬金額が高いASPが分かります~

  • 仮想通貨のアフィリエイトができるASPが知りたいな
  • 記事数は少ないけど、審査なしですぐに提携できるのかな?
  • 報酬単価はどのASPが一番高いのだろう?

 

そんな疑問に答えます。

 

仮想通貨の王様ビットコインは2021年に過去最高値を更新

 

アルトコインの代表格で時価総額もビットコインに次いで2位のイーサリアムも過去最高値を更新し、仮想通貨市場全体が盛り上がりを見せています。

 

 

仮想通貨への投資に興味を持つ人はかなりのスピードで増えてきているので、仮想通貨取引所の口座開設や仮想通貨の税金計算など、仮想通貨関連のアフィリエイトは大きなチャンスです。

 

 

証券会社口座開設などを始めとした金融系アフィリエイトは、既に競合も多くレッドオーシャンなので新規参入は難しいですが、仮想通貨アフィリエイトはまだまだ伸び代があります。

 

 

代表的な仮想通貨アフィリエイトは、ビットフライヤーコインチェックなどの国内大手仮想通貨取引所の「口座開設」ですが、他にも国内取引所の案件が複数あります。

 

 

しかも、仮想通貨アフィリエイトは、アフィリエイト報酬額が高い点が魅力です。

 

 

この記事を読む事で、仮想通貨アフィリエイトができる主なASP、ASP登録審査や広告提携審査の有無、報酬額を知る事ができます。

 

さらに、登録しておくべきASPとその理由、仮想通貨案件が取り扱えるオススメのASPが分かります。

 

特に、ブログを開設したばかりの初心者は、「ASP登録審査」や「広告案件の審査」につまずく事がなくなりますので、必見です。

 

早速、結論をみてみましょう。

 

仮想通貨のアフィリエイトができるASPを徹底調査!~必ず押さえておくべきASPが分かります~

仮想通貨アフィリエイトができるASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)一覧

仮想通貨アフィリエイトができるASP

仮想通貨アフィリエイトを取り扱っている主なASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)の一覧はこちら。

 

縦軸が仮想通貨関連アフィリエイトの種類、横軸が仮想通貨アフィリエイト案件を扱っている主要なASPです。

 

仮想通貨アフィリエイトアクセストレードA8.netもしもアフィリエイト
bitflyer(ビットフライヤー)
Coincheck(コインチェック)
BITPOINT(ビットポイント)
bitbank(ビットバンク)
DMMビットコイン
GMOコイン
Liquid by QUOINE
Cryptact(クリプタクト)
Cointax(コインタックス)

※リンクをクリックすると、公式ページへ飛んで登録可能です。

※2021年4月時点の情報

 

上記ASPに登録し、各広告案件と提携すれば、誰でも仮想通貨アフィリエイトのリンクをブログ記事内に貼る事が可能です。

 

 

ポイントは、ASP登録審査、広告提携審査、報酬額です。

 

 

後程、詳しく解説していきます。

仮想通貨アフィリエイトをやるなら登録必須のASP

仮想通貨アフィリエイトをやるには全て登録必須のASPを紹介します。

 

 

先に結論からお伝えしておくと、仮想通貨やFXや株などの金融ジャンルのアフィリエイトをやる人は、アクセストレード登録必須です。

 

仮想通貨アフィリエイトやるなら登録必須のASP① : アクセストレード

アフィリエイトのアクセストレード

  • オンラインゲーム、スマホゲーム、金融、転職、旅行案件に強い。
  •  他の主要ASPに取扱いのない案件が多い。
  •  支払最低額が1,000円から。振込手数料も無料。 

 

仮想通貨アフィリエイトやるなら登録必須のASP1つ目は、アクセストレードです。

 

仮想通貨アフィリエイトをするのであれば、アクセストレードは外せません。

 

アクセトレードでは、ASPの中でも最も多くの仮想通貨案件を取り扱っているからです。

 

アクセストレードは、最多7件の仮想通貨アフィリエイト案件を取り扱っています。

 

各仮想通貨アフィリエイトの広告案件と条件、報酬額は下記の通りです。

 

アクセストレードが取り扱っている仮想通貨アフィリエイト条件報酬額
bitflyer(ビットフライヤー)口座開設¥7,670
Coincheck(コインチェック)口座開設¥10,000
BITPOINT(ビットポイント)WEB申込¥1,500
bitbank(ビットバンク)口座開設¥3,000
DMMビットコイン口座申込後、90日以内の取引完了¥2,000
GMOコイン口座開設¥2,000
Liquid by QUOINE口座開設完了(60日以内)¥2,200

 

アクセストレードでは、国内の仮想通貨取引所の口座開設案件はほぼカバーできるので、仮想通貨アフィリエイトをするのであれば、登録必須ですね。

 

 

>>>アクセストレードに登録する

 

仮想通貨アフィリエイトやるなら登録必須のASP②: A8.net(エーハチネット)

  •  累計広告主数20,000以上の日本最大級のASP
  •  ASP満足度調査で、9年連続1位。19年の運用実績もあり、王道中の王道ASP
  •  ASP登録審査が不要で、誰でも登録可能なASPの1つ

 

仮想通貨アフィリエイトやるなら登録必須のASP2つ目は、A8.netです。

 

A8ネットは、ブログをやっている人で、登録していない人はいない超王道ASPです。

 

A8.netはアクセストレードと比べると仮想通貨取引所の口座開設アフィリエイト案件は少なく2件のみです。

 

A8.netが取り扱っている仮想通貨アフィリエイト条件報酬額
DMMビットコイン口座開設後の取引完了¥2,000
Liquid by QUOINE口座開設完了(60日以内)¥1,500
Cryptact(クリプタクト)新規無料会員登録¥100
新規支払完了¥2,000

 

ただ、A8.netはアクセストレードでは扱っていないCryptact(クリプタクト)案件があります。

 

 

クリプタクト(Cryptact)は、仮想通貨の損益計算やポートフォリオ管理を誰でも簡単にできるサービスを提供している国内フィンテック企業。仮想通貨の損益計算サービスは複雑極まりないので、特に仮想通貨の損益計算と確定申告をまだやったことが無い人には確実に響くサービスを提供しているので、狙い目の仮想通貨アフィリエイト案件です。

 

>>>クリプタクト(cryptact)のアフィリエイトができるASPを徹底調査!~仮想通貨損益計算を平均10秒で完了させるサービス~

 

 

A8.netは、仮想通貨アフィリエイトに限らず、アフィリエイトの幅を広げていくには登録必須のASP。

 

 

ちなみに、ブログをやっていない人でも、A8ネットに登録すれば、セルフバック(自己アフィリエイト)で稼ぐことも可能

 

 

例えば、セルフバックでクレジットカードを作るだけでも、1万円越えの報酬獲得ができたりします。

 

 

A8ネットでは仮想通貨のセルフバック(自己アフィリエイト)もあって、ビットフライヤーの新規口座開設後に一定額の取引をした場合、5000円の成果報酬が得られます。

 

 

>>>A8.net(エーハチネット)に登録する

 

仮想通貨アフィリエイトやるなら登録必須のASP③: もしもアフィリエイト

  •  ASP登録審査が不要で、誰でも登録可能なASPの1つ。
  •  楽天市場やAmazon等、誰もが扱いやすい広告を広く扱っているのが特徴。
  •  Amazonアソシエイトに合格できなくても、もしもアフィリエイト経由でAmazonアフィエイトができるのが強み。

仮想通貨アフィリエイトやるなら登録必須のASP4つ目は、もしもアフィリエイトです。

 

正直、登録メリットしかないASP。

 

仮想通貨アフィリエイトでも、他のASPが仮想通貨取引所の口座開設に関するアフィリエイトをメインに取り扱っているのに対し、「もしもアフィリエイト」はテイストの異なる案件を1つ扱っています

 

もしもアフィリエイトが取り扱っている仮想通貨アフィリエイト条件報酬額
コインタックス新規申し込み¥5,000

 

コインタックスは、仮想通貨の確定申告や税務処理などの面倒な税務を全て代行してくれるサービスのアフィリエイト案件です。

 

 

口座開設など、これから仮想通貨を始める人がターゲットではなく、既に仮想通貨取引をした事がある人がターゲットになります。

 

 

税務計算は面倒な為、非常に需要の高い案件だと思います。

 

 

>>>もしもアフィリエイトに登録する

 

仮想通貨アフィリエイトをはじめる為にやること:3つ

 

仮想通貨アフィリエイトリンクを自身のブログ記事に掲載する為に、やるべき事は3つです。

 

  1.  仮想通貨アフィリエイトを扱っているASPに登録する
  2.  ASP内にて仮想通貨案件と広告提携する
  3.  報酬額の高いリンクをブログサイトに掲載する

 

まずはASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)への登録が必要です。

 

Step1: 仮想通貨アフィリエイトを扱っているASPに登録する

 

まずは、仮想通貨アフィリエイトを扱っているASPに登録します

 

 

注意:  ASPによっては審査が必要となり、「誰でも登録できる訳ではない」ということに注意

 

 

ASP登録には、①「審査不要なケース」と②「審査が必要なケース」があります。

 

 

仮想通貨アフィリエイトを扱っているASPとASP登録審査の有無を一覧でみてみましょう。

仮想通貨アフィリエイト取扱いASPASP登録審査有無
アクセストレードあり
A8.netなし
もしもアフィリエイトなし
リンクをクリックすると、公式ページへ飛んで登録可能です。

 

ついんず

ASPによって、「審査あり」と「審査なし」に分かれていますね

 

【1】登録に「審査不要」なASP

 

審査が不要なASPは2つです。

 

 

この2つのASPは、ブログを開設したばかりでも、申し込めば誰でも登録できます。

 

 

ついんず

忘れないうちにすぐに登録しておきましょう。

 

特にもしもアフィリエイトは、物販メインでアフィリエイトを検討している人は登録必須です。

 

理由はAmazonアソシエイトに合格しなくてもAmazonアフィリエイトができる等、メリットが多いからです。

 

もしもアフィリエイトについて詳しく知りたい人は、下記の記事を参考にして下さい。

 

>>>Amazonアソシエイト ともしもアフィリエイトを徹底比較 ~Amazonアフィリエイトやるなら、どっちを使えば良いの?~【初心者必読】

関連記事

 Amazon商品リンクをブログに貼りたいけど、Amazonアソシエイト審査に通らない もしもアフィリエイトでもAmazonアフィリエイトができるらしいけど、本家とAmazonアソシエイトと何が違うの? 結局、「Amaz[…]

 

【2】登録に「審査が必要」なASP

 

審査が必要なASPは アクセストレードです。

 

登録審査を通過するには、一定の記事数(5~10記事)が必要です。

 

ブログを始めたばかりの人は、一定数の記事を書いてから、登録申請をしましょう。

 

審査に通れば、各ASP内で扱っている広告案件へアクセスする事ができるようになります。

 

「審査に通り、ASPに登録ができた=全ての広告を掲載できる」というわけではありません。

 

Step2: 仮想通貨アフィリエイトの広告案件と提携する

ASPへの登録が完了したら、各ASP内で取り扱っている個別広告案件と提携します。

 

コインチェック、ビットフライヤー、GMOコインなど、各仮想通貨関連サービスとの提携です。

 

個別広告案件と提携する際にも、①「提携審査が不要で即時提携できるケース」②「提携審査が必要なケース」があります。

 

 

審査の有無は、ASPと仮想通貨サービスの案件によって異なります。

 

 

例えば、動画配信サービスを事例に、afb(アフィビー)でHulu(フール―)とU-NEXTと広告提携する場合を見てみましょう。

 

Hulu(フール―)U-NEXT
afb(アフィビー)提携審査あり即時提携

 

 

U-NEXTは「広告提携申請をするだけで即時提携できる」のに対し、Hulu(フール―)は「審査が必要」になります。

 

 

当然、ブログサイトにHulu(フール―)の記事が1記事もない場合は、審査に落とされます。

 

 

上記の例でいうと、afb(アフィビー)でHulu(フール―)のアフィリエイトをする場合は、事前にHulu(フール―)に関する記事を投稿しておく必要があります。

 

仮想通貨の広告提携申請をする前に、提携条件をしっかり確認しておきましょう。

Step 3: 報酬額の高いリンクをブログサイトに掲載する

 

仮想通貨アフィリエイトに限らず、ASPによって案件成約時の報酬金額が異なります。

 

 

同じ案件、同じ成約条件でもASPによって売上金額が変わってきます。

 

 

仮想通貨アフィリエイトでは、アクセストレードとA8.netが取り扱っているLiquid by Quoineアフィリエイトを例にみてみましょう。

 

Liquid by Quoineアフィリエイト取扱いASP報酬額
アクセストレード¥2,200
A8.net¥1,500

リンクをクリックすると、公式ページへ飛んで登録可能です。

 

どちらのASPも同じLiquid by Quoineの案件を扱っていますが、成約時に支払われる報酬額が異なるのが分かりますよね。

 

 

全く同じ案件の成約なのに、報酬額に700円の差があります。

 

 

Liquid by Quoineアフィリエイトのケースで売上を最大化する為には、報酬額の高いアクセストレードが良いですね。

仮想通貨アフィリエイトをやるなら、ASPは複数登録をしておこう

仮想通貨アフィリエイトをやる際には大きく3つのポイントがあった事を理解してもらえたと思えます。

 

  1.  ASP登録
  2.  ASP内の広告案件との提携
  3.  報酬額の違い

 

一番避けたいパターンは下記の2つです。

 

  • 「ASP登録審査落ちた➡広告貼れない」
  • 「ASP登録審査受かった➡広告提携審査落ちた➡広告貼れない」

 

「どれか1つのASPがダメでも、他のASPでカバーできる」ようにしておく事が重要になってきます。

 

また、仮想通貨アフィリエイトの際にはあまり関係ありませんが、他ジャンルのアフィリエイトをやる場合には、同一案件でも報酬額の高いASPはおさえておく事が、売上アップに繋がる重要な手段になります。

 

例えば、リクルートが運営する英語学習アプリの「スタディサプリ」の場合、目的別に多くの学習コースが用意されているので、その分、アフィリエイトの種類が多く、しかもASPによって取り扱っている数が異なっていたり、同一案件でも報酬額が異なってきたりします。

 

>>>スタディサプリのアフィリエイトができるASPを徹底調査!審査はある?初心者にオススメのASPは?【2020年最新】

関連記事

オンライン英語学習サービス「スタディサプリ」のアフィリエイトができるASPが知りたいな 記事数は少ないけど、審査なしですぐに提携できるのかな? 報酬単価はどのASPが一番高いのだろう? そんな疑[…]

 

 

 アフィリエイトができなくなるリスクを減らし、報酬を最大化する為の対策がASPの複数登録になります。

 

 

アフィリエイトジャンル関係なく、ASPは複数登録しておきましょう。

仮想通貨アフィリエイトするなら知っておきたい仮想通貨の市場規模 について

仮想通貨市場規模

 

仮想通貨(暗号資産)の市場規模について、見ていきましょう。

 

 

下記のグラフはCoinmarketcapによるビットコインを含む暗号資産市場の時価総額(Market Capitalization)の推移です。

 

仮想通貨時価総額の推移

<出典:coinmarketcap.com>

 

振り返って見ると、2017年~2018年にかけて仮想通貨はバブル相場でした。

 

 

当時は、日本、韓国、中国で仮想通貨が一大ブームとなり、急速に市場が拡大し、2018年1月に時価総額は約80兆円を記録。その後、ハッキング事件等の影響もあり、仮想通貨へのイメージが悪化した事で、約2年間は低空飛行が続き、2020年時点では時価総額は25~30兆円程度で推移しています。

 

 

バブル時の半分以下になっているので、ボラティリティが高く、投機的要素が高かった事がわかります。

 

 

しかし、2020年の新型コロナウイルスのパンデミック以降、世界的に景気後退局面入りをした事で、資金の逃避先として仮想通貨、特にビットコインはデジタルアセットとしての再度注目が高まっています。

 

 

その証拠に、最近は、ゴールドと連動した動きを見せるようになってきました。

 

 

 

JPモルガンによれば、「若者はBitcoinへ投資し、年配者はGoldへ投資」している模様。

 

 

下記のグラフは2020年5月時点での主要株式市場と仮想通貨市場の時価総額の大きさを示したものです。

 

仮想通貨市場規模vs主要株式市場

<グラフ:野村資本研究所データ及びcoinmarketcapの数字を元に筆者が作成>

<出典:仮想通貨時価総額:coinmarketcap、それ以外:野村資本研究所_2020年5月時点での市場規模>

 

時価総額で考えると、仮想通貨の取引総額は世界最大のニューヨーク証券取引取引所の100分の1程度です。

 

 

一度、バブルが起きたとはいえ、主要な株式市場と比べるとまだまだ雀の涙程度の市場規模である事が分かります。

 

 

単純に、ニューヨーク証券取引所の資金の1%が仮想通貨市場に流れてくれば、仮想通貨市場は一気に2倍に拡大するので、株式市場の資金の一部、特に機関投資家の資金が仮想通貨市場に流れて来る事が期待されています。

 

 

仮想通貨は既に無視できない存在になりつつあり、ビットコインETFが承認されれば、仮想通貨市場への資金流入は加速し、市場は爆発的に拡大される事が予測されています。

 

 

2020年3月以降は、コロナショックによる経済へのダメージを最小限に食い止める為に、各国で支給された給付金を使って株式に投資をする人が増えていますが、資金の一部をビットコインなどのデジタルアセットに投資をする人も増えています。

 

 

ビットコイン価格は、2020年後半からギアを上げて上昇スピードを加速させていましたが、2021年に入ってからは減速するどころか、さらに急騰し、600万円を超えています。

 

アルトコインの代表格でビットコインに次ぐ時価総額を誇るイーサリアムも最高値を更新し、40万円を超えて推移しています。

 

仮想通貨市場は、米国上場企業によるビットコイン購入や老舗決済企業による仮想通貨への容認姿勢なども強まり、今後もますます期待できる市場の1つです。

 

>>>ビットコインは1000万越えの可能性が高まった?4つの理由

関連記事

本記事では、私自身が2017年から実際に投資している今、最も勢いのある金融資産の1つであると言っても過言ではない「ビットコイン価格が1000万円を超える可能性が高い理由」について纏めています。 ビットコイン価格は、[…]

ビットコインは 1000万越えの 可能性が高まった? ~4つの理由~

 

 

2021年4月には世界最大の仮想通貨取引所コインベース(COIN)がナスダックに上場した事もあり、中長期的には仮想通貨市場は更なる盛り上がりを見せていく可能性が高いですね。

 

>>>コインベース(COIN)上場!その実態は?~【米国株】2021年大本命の仮想通貨取引所を上場前に調べてみた~

関連記事

本記事では、米国で2021年中に上場予定のコインベース(COIN)について、私が調べた情報を備忘目的で記事に纏めています。 【想定読者】 株式投資初心者・米国株投資初心者・これから株式投資を検討している人 […]

コインベース上場!その実態は? ~【米国株】2021年大本命の仮想通貨取引所~

仮想通貨のアフィリエイトができるASPを徹底調査!~必ず押さえておくべきASPが分かります~ まとめ:

仮想通貨のアフィリエイトを取り扱っている主なASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)を一覧で振り返ってみましょう。

 

仮想通貨アフィリエイトアクセストレードA8.netもしもアフィリエイト
bitflyer(ビットフライヤー)
Coincheck(コインチェック)
BITPOINT(ビットポイント)
bitbank(ビットバンク)
DMMビットコイン
GMOコイン
Liquid by QUOINE
Cryptact(クリプタクト)
Cointax(コインタックス)

※リンクをクリックすると、公式ページへ飛んで登録可能です。

※2021年4月時点の情報

 

仮想通貨アフィリエイトをやるなら、案件数の多いアクセストレードの登録は必須です。

 

ただ、アクセストレードに取り扱いのない仮想通貨アフィリエイトがあったり、登録審査に落ちるリスクもあるので、リスクヘッジの為に審査不要のASPである「もしもアフィリエイト」と「A8.net」にも登録しておくと良いですね。

 

>>>ビットコインは1000万越えの可能性が高まった?4つの理由

関連記事

本記事では、私自身が2017年から実際に投資している今、最も勢いのある金融資産の1つであると言っても過言ではない「ビットコイン価格が1000万円を超える可能性が高い理由」について纏めています。 ビットコイン価格は、[…]

ビットコインは 1000万越えの 可能性が高まった? ~4つの理由~

 

以上、仮想通貨のアフィリエイトができるASPを徹底調査!~必ず押さえておくべきASPが分かります~でした!

仮想通貨アフィリエイトができるASPを徹底調査! ~必ず押さえておくべきASPが分かります~
↓↓「この記事読んで良かったな」という方↓↓