Sweatcoinとは?特徴と将来性に期待大な理由4つを解説【仮想通貨知らない人でも歩いて稼げます】

  • 2022年4月21日
  • 2022年5月18日
  • CRYPTO
  • SweatcoinってSTEPNみたいに歩いて稼げるって聞いたんだけど何それ?
  • Sweatcoinの特徴や注意点について詳しく知りたい
  • Sweatcoinって将来性どうなの?

 

そんな疑問に答えます。

 

2022年に入り、STEPN(ステップン)を始め、Fitmint(フィットミント)やGenopets(ジェノペッツ)など、歩いて稼ぐMove to Earnブームが本格化していますよね。

 

 

そんなMove to Earn戦国時代を勝ち抜けるポテンシャルのあるプロジェクトの1つがSweatcoin(スウェットコイン)です。

 

 

本記事では、主に以下のポイントについて解説していきます。

 

  1. Sweatcoinの特徴
  2. Sweatcoin(SWC)の使い方・仮想通貨SWEATの使い道
  3. Sweatcoinの将来性に期待できる理由
  4. Sweatcoin利用時の注意点

 

 

本記事を読む事で、Sweatcoinの総合的な魅力を理解した上で、Sweatcoinを始められるようになります。

 

早速、見ていきましょう。

 

Sweatcoinとは?特徴と将来性に期待大な理由4つを解説【仮想通貨知らない人でも歩いて稼げます】

【歩いて稼ぐ】Sweatcoinとは?

歩いて稼げるSweatcoinとは?

Sweatcoin(スウェットコイン)とは今流行りの歩いて稼げる「Move To Earn」プロジェクトの1つで、アプリを利用して歩数をカウントする事でSweatcoin(SWC)が稼げるサービスです。

 

 

ついんず

Sweatcoinの運営は実は既に2016年から行われています。

 

 

人々の運動量がお金に換算できれば、「運動に対するモチベーションもあがり、健康的な人が増える事で医療費削減に貢献できたり、生産性向上に伴う経済への好影響を与えられる」という考えやコンセプトを基にイギリスの起業家が開発したヘルスケアアプリがSweatcoinです。

 

 

Sweatcoinアプリは既に全世界で6,400万人にダウンロードされ、ヘルスケア部門においては30ヶ国でNo.1の実績があります。

 

 

 

そしてSweatcoinは、2022年4月に「NEAR FOUNDATION」という仮想通貨プロジェクトとの提携を発表した事で、仮想通貨経済圏への参入を果たしています。

 

 

NEAR FOUNDATIONのブロックチェーン上で「SWEAT」という仮想通貨を生成可能になる為、歩いて稼ぐコイン(SWC)は、2022年夏以降に仮想通貨SWEATに交換可能になる予定なんです。

 

 

その後も仮想通貨SWEATは

 

  • 売買
  • トレード
  • 送金
  • ステーキング

 

など、「THE 仮想通貨」的な使い方もできるようになるので、期待しかありません。

 

 

そんなSweatcoinを簡単に表現すると、

 

  • 初期投資不要(無料)で、
  • 仮想通貨を知らなくても手軽に始められて、
  • 普段通りスマホを持ち歩くだけで
  • 将来仮想通貨SWEATに交換可能なSweatcoin(SWC)を稼げる

 

という「ヘルスケア」×「マネー」ジャンルの有望株で、まさにMove to Earn入門に最適なアプリと言えます。

 

 

もう少し具体的にSweatcoin(スウェットコイン)の特徴を見ていきましょう。

Sweatcoinの特徴

Sweatcoinの特徴

Sweatcoin(スウェットコイン)の特徴を見ていきましょう。

 

主に4つあります。

 

  1. 初期費用不要(無料)
  2. 仮想通貨を知らない人でも簡単に始められる
  3. 1日最大9.5SWC稼げる
  4. アプリを常時起動してなくても稼げる

 

順番に見ていきましょう。

 

Sweatcoinの特徴①: 初期費用不要(無料)

Sweatcoinの特徴1つ目は「初期費用不要(無料)」です。

 

 

ついんず

Sweatcoin(スウェットコイン)を始めるにあたって、お金は1円もかかりません。

 

 

これは2022年に入り日本で流行っているSTEPN(ステップ)と比較をすると分かりやすいです。

 

 

STEPN(ステップン)Sweatcoin(スウェットコイン)
靴の購入代金

(初期費用)

10万円前後
(仮想通貨SOLの価格による)
0円

 

 

STEPNの場合、サービスを開始するには1足10万円以上(仮想通貨SOLの価格により変動)する靴を購入する必要があり、資金力がないと参入できないハードルの高さがありますよね。

 

 

周りがSTEPNをやっているのを横目に、自分もSTEPNを始めてみたいと思ったけど、

 

Name

初期費用が高すぎて参入できない・・・

という人にとっては、Sweatcoinは最高のアプリの1つになります。

 

Sweatcoinの特徴②: 仮想通貨を知らない人でも簡単に始められる

Sweatcoinの特徴2つ目は「仮想通貨を知らない人でも簡単に始められる」です。

 

 

ついんず
Sweatcoin(スウェットコイン)はSweatcoinアプリをダウンロードするだけで始められます。

 

 

これもSTEPN(ステップン)と比較するとSweatcoinが「どれだけ簡単に始められるか」、よく分かります。

 

<サービス利用にあたって必要な準備>

STEPN(ステップン)Sweatcoin(スウェットコイン)
仮想通貨取引所の口座開設
仮想通貨の購入
仮想通貨の送金
Wallet作成STEPN WalletSweat wallet (1分で完了)
専用アプリダウンロード
靴の選定
靴の購入(初期費用)
レベル上げ

 

 

上記の通り、STEPNの場合、「仮想通貨取引経験がない人」は始める事すら難しいのがよく分かります。

 

 

一方で、Sweatcoin(スウェットコイン)は、仮想通貨の事を全く知らない人でも簡単に始められます。

 

 

なぜなら、UbereatsやSmartNewなど普段使っているアプリを利用するのと同じ要領で、Sweatcoinアプリをダウンロードするだけだから。

 

 

また、Sweat Walletも専用アプリをダウンロードした後に、簡単な操作で1分ほどで作れるのもユーザーに寄り添った設計になっています。(Sweatcoinのやり方・始め方は本記事後半で解説しています)

 

Sweatcoinの特徴③: 1日最大9.5SWC稼げる

Sweatcoinの特徴3つ目は「1日最大9.5SWC稼げる」です。

 

 

Sweatcoinは、歩けば稼げるのですが無制限には稼げません。

 

 

稼げる対象となる歩数は1日10,000歩=10 SWCと上限が設定されていて、そこから5%の処理手数料5%が引かれる為、1日に歩いて稼げる最大値は、9,5SWCとなります。

 

ついんず

イメージとしては以下の通りです

 

① 1日に歩いて稼げる上限歩数10,0000歩=10 SWC
② 処理手数料(5%)0.5 SWC
③ 1日に歩いて稼げる最大値9.5 SWC

 

 

なので、単純計算で1日10,000歩を継続すれば、歩くだけで1ヶ月で約300SWCほどもらえる事になります。

 

 

また、Sweatcoin(SWC)は歩くだけではなく、広告を閲覧したり、新規ユーザーを招待する事でも稼げますよ。

 

Sweatcoinの特徴④: アプリを常時起動してなくても稼げる

Sweatcoinの特徴4つ目は「アプリを常時起動してなくても稼げる」です。

 

 

Sweatcoinアプリは、スマホ端末内の「ヘルスケアアプリ」と連動している為、アプリの起動を忘れても歩数がカウントされます。

 

 

ついんず

あっ、アプリ起動するの忘れて、歩数カウントされていないじゃん・・・

 

みたい心配はありません!

 

 

むしろ、スマホをポケットに入れて普段通り歩いているだけで歩数がカウントされるので、屋内・屋外関係なく余計な意識をせずにリワードを稼げます。

 

 

という事で、Sweatcoinの特徴をもう一度簡単に振り返ると、以下の通り。

 

  1. 初期費用不要(無料)
  2. 仮想通貨を知らない人でも簡単に始められる
  3. 1日最大9.5SWC稼げる
  4. アプリを常時起動してなくても稼げる

 

なので、Move to Earnの入門アプリとして最適ですね。

 

Sweatcoin(SWC)の使い方は3パターンあり

Sweatcoin(SWC)の使い方は3パターンあり

歩いて稼いだSwaetcoin(SWC)は具体的に何に使えるのでしょうか?

 

 

Sweatcoin(SWC)の使い方は主に3つあります。

 

 

  1. マーケットプレイスで景品に交換
  2. 寄付する
  3. 仮想通貨SWEATに交換(2022年夏以降)

 

簡単に見ていきましょう。

 

Sweatcoin(SWC)の使い方①: マーケットプレイスで景品に交換

歩いて稼ぐSweatcoinの使い方①: マーケットプレイスで景品に交換

Sweatcoin(SWC)の使い方1つ目は「マーケットプレイスで景品に交換」です。

 

 

歩いて稼いだSWCは、Sweatcoinアプリ内のShopで1,000以上の景品やサービスと交換できてしまいます。

 

 

日々景品は入れ替わるのですが、過去には

 

  • iPhone
  • Apple Watch
  • ネットフリックスのサブスクリプション
  • adidasバウチャー

 

などの人気のある魅力的な景品やサービスと交換できたようです。

 

Sweatcoin公式ページによると、2021年Q3時点で$60Million(約60億円)相当の景品やサービスに交換された実績があり、多くのユーザーが既に生活の一部としてSweatcoinを取り入れている事が分かります。

 

Sweatcoin(SWC)の使い方②: 寄付する

歩いて稼ぐSweatcoinの使い方②: 寄付する

Sweatcoin(SWC)の使い方2つ目は「寄付する」です。

 

 

Sweatcoinは、子供支援専門の国際NGOであるセーブザチルドレンの公式パートナーであり、さらに、100以上の慈善団体と手を組み、支援活動を行っています。

 

 

個人個人が歩いて稼いだSweatcoin(SWC)を寄付する事で、Sweatcoinが手掛ける支援事業に間接的に参加する事ができ、命を救うための支援を行う事に貢献ができます。

 

Sweatcoin(SWC)の使い方③: 仮想通貨SWEATに交換(2022年夏以降)

歩いて稼ぐSweatcoinの使い方③: 仮想通貨SWEATに交換(2022年夏以降)

Sweatcoin(SWC)の使い方3つ目は「仮想通貨SWEATに交換(2022年夏以降)」です。

 

 

本記事執筆時点(2022年4月)では、Sweatcoin(SWC)は「景品やサービスとの交換」or 「寄付」という使い方しかできませんが、2022年夏以降にはいよいよ仮想通貨SWEATに交換できるようになります。

 

 

NEAR FOUNDATINのブロックチェーン上でSWEATが生成され、「1SWC=1SWEAT」の交換が可能になります。

 

 

仮想通貨SWEATへの交換が開始されたら、Sweatアプリ外への送金や売買など、本格的にクリプトとしてサービスを展開していく予定なので期待しかありませんね。

 

仮想通貨SWEATの使い道は?

仮想通貨SWEATの使い道は?

気になる仮想通貨SWEATの使い道ですが、Sweatcoin公式で公表されているのは以下の4つです。

 

  1. Sweat economyにおけるガバナンスへの参加
  2. 高利回りでのステーキング
  3. 仮想通貨市場でのSWEATの売買
  4. 仮想通貨取引所での仮想通貨の交換

 

言い換えると、

 

  • SWEATをステーキングする事で、SWEATの枚数を増やしたり、
  • 増やしたSWEATを売却して、キャピタルゲインを得たり、
  • SWEATをBTCやETH、BNBなどの仮想通貨と交換したり、

 

「The 仮想通貨」としての資産運用が可能になります。

 

 

Sweatcoin(SWC)というアプリ内コインは、将来的に仮想通貨として資産運用を可能にする為という事ですね。

 

Sweatcoinの将来性に期待できる理由

Sweatcoinの将来性に期待できる理由

 

Sweatcoinの将来性に期待できる理由は主に3つあります。

 

  1. ユーザーの参入ハードルが低い
  2. 超有望なベンチャーキャピタルが出資
  3. ビジネスの拡張性

 

順番に見ていきましょう。

 

Sweatcoinの将来性に期待できる理由①: ユーザーの参入ハードルが低い

Sweatcoinの将来性に期待できる理由1つ目は「ユーザーの参入ハードルが低い」です。

 

 

Sweatcoinは、仮想通貨を知らない人でも簡単に始められて、長く継続できるのが強みであり、競合との大きな差別化です。

 

 

Sweatcoinを始める際のハードルの低さは上述した通り(STEPN(ステップン)と比べてとにかくシンプル)ですし、

 

  1. 歩く
  2. 広告を見る

 

これだけで基本、SWCを稼げるので、意識して頑張らなくても良いんですよね。

 

 

いつも通りスマホを持ち歩いて出かけるだけで「稼げて、しかも健康になる」というコンセプトなので、とにかく「大衆受け」しやすい。

 

 

間違いなく浸透していくと思います。

 

Sweatcoinの将来性に期待できる理由②: 超有望なベンチャーキャピタルが出資

Sweatcoinの将来性に期待できる理由2つ目は「超有望なベンチャーキャピタルが出資」です。

 

 

SweatCoinに投資しているVCを箇条書きすると、

 

 

  • NEAR FOUNDATION
  • OKEx Blockdream Ventures
  • SPARTAN
  • jump_

 

 

など、非常に強力なVC陣が揃っている印象を受けます。

 

 

さらに、Coinmarketcapの仮想通貨時価総額ランキングで上位10位以内に入っているTerra(LUNA)の創業者であるDo Known氏も出資をしています。

 

<出典:Coinmarketcap

 

個人的には、「マス層が参入しやすく・続けやすい」というコンセプトだけでも将来性に十分期待できるのですが、ビジネスの洞察力があり、仮想通貨ビジネスで既に実績を出している実力者達が出資しているという点は、さらに期待値を高めてくれますね。

 

Sweatcoinの将来性に期待できる理由③: ビジネスの拡張性

Sweatcoinの将来性に期待できる理由3つ目は「ビジネスの拡張性」です。

 

 

現状、Sweatcoinアプリは歩数カウントがメインなのですが、将来的には他のウェアラブルアプリとの連携や歩くだけでなく、

 

 

  • 水泳
  • サイクリング
  • ハイキング
  • ジムワーク

 

などの運動時にもSWEATを獲得できるように、動作やプロセスを検証し、開発していく予定とのこと。

 

 

既にApple Watchとの連携もできるのですが、上記が実現すると、かなり多くのユーザーにリーチができるので期待しかありません。

 

という事で、Sweatcoin(スウェットコイン)の始め方を見ていきましょう。

 

Sweatcoinの始め方(簡易版)

Sweatcoinの始め方

Sweatcoinの始め方は非常に簡単で、以下の3ステップだけです。

 

  1. Sweatcoinアプリをダウンロードする(~1分)
  2. Swaetcoinアカウントを登録する(~1分)
  3. Sweat Walletを作る(~1分)

 

最大で3分ほどあれば、すぐに稼げるようになるので、サクッと始めてみましょう。

 

 

ついんず
こちらのリンクからアクセスし、上記の手順で登録して頂くと、5 SweatCoinがもらえますよ

 

 

もう少し詳しくやり方や始め方を知りたい人は、以下の記事で画像付きで手順を解説しています。

 

>>>Sweatcoinのやり方|始め方を画像付きで徹底解説~歩いて仮想通貨を稼げる次世代アプリ~

関連記事

歩いて稼げるSweatcoinアプリの事を耳にしたんだけど、どうやって始めるの? Sweatcoinの始め方、やり方を詳しく知りたいな そんな疑問に答えます。 Sweatcoin[…]

Sweat coinのやり方|始め方を画像付きで徹底解説 ~歩いて仮想通貨を稼げる次世代アプリ~

Sweatcoinの注意点

Sweatcoinの注意点

Sweatcoinの注意点を見ていきましょう。

 

主に2つあります。

 

  1. 仮想通貨SWEATローンチ後は稼ぎにくくなる
  2. 国内仮想通貨取引所の口座がないと「日本円」で引き出せない

 

順番に見ていきましょう。

 

Sweatcoinの注意点①: 仮想通貨SWEATローンチ後はSweatcoinを稼ぎにくくなる

Sweatcoinの注意点1つ目は「仮想通貨SWEATローンチ後はSweatcoinを稼ぎにくくなる」です。

 

 

Sweatcoin運営がインフレヘッジの為に、BTCのように発行制限をかけていくと明言しているからです。

 

 

現在、Sweatcoinは「1,000歩 = 1 SWC = 1 SWEAT」を稼げますが、1年後には1,500歩歩かないと1SWCを稼げなくなります。

 

 

 

つまり、Sweatcoinは、早く始めた人ほど、より多くの価値を受け取ることができるという事です。

 

 

上記の通り2022年時点では約1,000歩で1 SWEATもらえますが、2024年には約5,000歩歩かないと1 SWEATもらえなくなるようです。

 

早期に初めて、先行者利益を得ていきましょう。

 

Sweatcoinの注意点②: 国内仮想通貨取引所の口座がないと「日本円」で引き出せない

Sweatcoinの注意点2つ目は「国内仮想通貨取引所の口座がないと「日本円」で引き出せない」です。

 

 

ついんず

歩いて稼いだSWCやSWEATは最終的に円で引き出したいですよね?

 

その場合、国内の仮想通貨取引所の口座を持っていないと引き出せません。

 

 

理由は日本円を受け取る為には、最終的に以下のような手順が必要だからです。

 

  1. 稼いだSweatcoinを仮想通貨SWEATに交換する
  2. 仮想通貨SWEATを仮想通貨取引所に出金する
  3. SWEATをBTCやETHなどに交換する
  4. BTCやETHなどを国内仮想通貨取引所で日本円に変換する

 

言い換えると、仮想通貨取引所の口座を持っていないと、どれだけSWEATを稼いでも円で受け取れないという事。

 

 

ついんず
なので、まだ国内の仮想通貨取引所の口座開設をしてない人は事前に口座開設をしておきましょう。

 

 

おススメは利用ユーザー数が国内No.1~3の以下3つの取引所です。

 

  1. コインチェック
  2. ビットフライヤー
  3. GMOコイン

<出典:PRTIMES

 

どこも口座開設は無料なので、まずは使ってみてから、自分のお気に入りの取引所を決めていきましょう。

 

▶コインチェックに無料で口座を開設する

▶ビットフライヤーに無料で口座を開設する

▶GMOコインに無料で口座を開設する

 

 

ちなみに、取引所によって、取扱っている銘柄数や提供しているサービスなどが異なるので、私は全ての口座を開設しています。

 

Sweatcoinとは?特徴と将来性に期待大な理由4つを解説【仮想通貨知らない人でも歩いて稼げます】:まとめ

Sweatcoinとは?特徴と将来性に期待大な理由4つを解説【仮想通貨知らない人でも歩いて稼げます】というタイトルで紹介してきました。

 

簡単に振り返っていきましょう。

 

Sweatcoin(スウェットコイン)はMove to Earn戦国時代を勝ち抜けるポテンシャルのあるプロジェクトの1つで以下4つの特徴があります。

 

  1. 初期費用不要(無料)
  2. 仮想通貨を知らない人でも簡単に始められる
  3. 1日最大9.5SWC稼げる
  4. アプリを常時起動してなくても稼げる

 

そして、稼いだSweatcoin(SWC)の使い方は以下の3パターン。

 

  1. マーケットプレイスで景品に交換
  2. 寄付する
  3. 仮想通貨SWEATに交換(2022年夏以降)

 

みんなが一番気になる仮想通貨SWEATの使い道としては以下の4つが想定されています。

 

  1. Sweat economyにおけるガバナンスへの参加
  2. 高利回りでのステーキング
  3. 仮想通貨市場でのSWEATの売買
  4. 仮想通貨取引所での仮想通貨の交換

 

そして、Sweatcoinはとにかく将来性への期待値が高いと思っています。その理由は3つ。

 

  1. ユーザーの参入ハードルが低い
  2. 超有望なベンチャーキャピタルが出資
  3. ビジネスの拡張性

 

個人的にはマス層へ浸透しやすい条件が揃っていて、資金的な後押しもあるので一気に浸透していく思っています。

 

 

Sweatcoinで「健康」と「お金」を稼いでいきましょう。

 

>>>Sweatcoinのやり方|始め方を画像付きで徹底解説~歩いて仮想通貨を稼げる次世代アプリ~

関連記事

歩いて稼げるSweatcoinアプリの事を耳にしたんだけど、どうやって始めるの? Sweatcoinの始め方、やり方を詳しく知りたいな そんな疑問に答えます。 Sweatcoin[…]

Sweat coinのやり方|始め方を画像付きで徹底解説 ~歩いて仮想通貨を稼げる次世代アプリ~

 

以上、Sweatcoinとは?特徴と将来性に期待大な理由4つを解説【仮想通貨知らない人でも歩いて稼げます】でした!!

↓↓「この記事読んで良かったな」という方↓↓