楽天カードのアフィリエイトができるASPを徹底調査!~6人に1人が持っている超人気クレジットカード~

  • 楽天カードのアフィリエイトができるASPが知りたいな
  • 楽天カードのアフィリエイトの報酬単価はどのASPが一番高いのだろう?
  • 記事数は少ないけど、楽天カードアフィリエイトは審査なしですぐに提携できるのかな?

 

そんな疑問に答えます。

 

 

楽天カードは、人口の約6人に1人が利用している超人気クレジットカード。

 

 

顧客満足度調査では13年連続でNo1に選ばれるなど、文句なしのユーザー満足度の高さを誇っています。

 

 

楽天証券や楽天市場など、楽天経済圏利用によりポイントが貯まりやすい特徴がある為、楽天経済圏のサービスと組み合わせる事で様々な切り口からアフィリエイトができるので、楽天カードはアフィリエイトのしやすい案件の1つ。

 

 

本記事を読む事で、楽天カードのアフィリエイトができる主なASPやアフィリエイト方法、ASP登録審査や広告提携審査の有無、報酬額を知る事ができます。

 

 

さらに、登録しておくべきASPとその理由、ブログを始めたばかりの初心者でも楽天カード案件が取り扱えるオススメのASPが分かります。

 

 

特に、ブログを開設したばかりの初心者は、「ASP登録審査」や「広告案件の審査」につまずく事がなくなりますので、必見です。

 

 

早速、結論をみてみましょう。

 

楽楽天カードのアフィリエイトができるASPを徹底調査!~6人に1人が持っている超人気クレジットカード~

目次

楽天カードのアフィリエイトができるASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)一覧

楽天カードのアフィリエイトができるASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)一覧

 

楽天カードのアフィリエイトができるASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)の一覧はこちら。

 

 

楽天カードアフィリエイト取扱ASPASP登録審査有無提携審査報酬額
i-mobile(アイモバイル)ありあり1,500円
JANetありあり952円
レントラックスありあり1,050円
TGアフィリエイトありあり953円

※2021年9月時点の情報

※リンクをクリックすると、公式ページへ飛んで登録可能です。

 

 

上記のASPに登録し、楽天カード広告と提携すれば、誰でも楽天カードのアフィリエイトリンクをブログ記事内に貼る事が可能です。

 

 

ポイントは、ASP登録審査、広告提携審査、報酬額です。

 

 

後程、詳しく解説していきます。

 

 

具体的にみていきましょう。

 

楽天カードなどカードアフィリエイトやるなら登録必須のASP

楽天カードなどカードアフィリエイトやるなら登録必須のASP

まずは、楽天カードに限らずカードアフィリエイト案件をやるなら全て登録必須のASPを紹介します。

 

楽天カードなどカーアフィリエイトやるなら登録必須のASP①: バリューコマース(VALUE COMMERCE)

  • アフィリエイト広告を日本で初めて展開した最も歴史の長い老舗ASP
  • Yahoo/Softbank傘下の為、Yahoo関連の案件を始め、ブランド力ある大手企業の広告案件が豊富
  • ユーザー目線に寄り添った利便性の高い機能を複数実装

 

バリューコマースは、Yahoo!Japan傘下企業なので安心感があり、大手企業案件も多いのが特徴。

 

 

例えば、以下のようなカード案件を取り扱っています。

 

取扱い案件報酬額
【発券】アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード27,500円
AMEC【発券】ゴールド・カード11,000円
【発券】ANA AMEX ゴールド・カード8,800円
【発券】SPG AMEX カード8,800円
エポスカード新規発行プログラム3,190円
イオンカード 獲得プロモーション1,100円

 

カード案件の種類が多く、その他のASPが扱っていない案件があるのが特徴です。

 

 

カード案件以外にも、例えばぐるなび・一休・ホットペッパー・食べログなど、飲食アフィリエイトの案件をやるなら外せません。

 

 

また、他のASPにはないユニークな特徴として「承認率からアフィリエイト案件を選択できる」機能があります。

 

 

通常、アフィリエイト毎の承認率は公開されていない事が多いのですが、バリューコマースでは、承認率が高いアフィリエイト案件を公開しています。事前に承認率の高いアフィリエイト案件を選確認する事ができるのは大きなメリットです。

 

 

▶バリューコマース(VALUE COMMERCE)に登録する

 

楽天カードなどカードアフィリエイトやるなら登録必須のASP②: JANet(ジャネット)

  •  金融、クレジット案件に強い
  •  広告主数は大手ASPと比べて少なめだが、独自案件が多くライバルが少ない
  •  支払最低額が1,000円から。振込手数料も無料。

 

JANetは、金融・クレジット案件に強いASPの1つ。

 

 

例えば、カードアフィリエイトは下記のような案件を扱っています。

 

取扱い案件報酬額
セゾンゴールド・ビジネスプロ・カード13,500円
三井住友カード3,000円
エポスカード2,857円
ビューゴールドプラスカード1,400円

 

バリューコーマースやアクセストレード、A8.netなどの大手ASPと比べると知名度が低いですが、穴場のASPです。

 

 

▶JANetに登録する

 

楽天カードなどカードアフィリエイトやるなら登録必須のASP③: アクセストレード

アフィリエイトのアクセストレード

  •  オンラインゲーム、スマホゲーム、金融、転職、旅行案件に強い。
  •  他の主要ASPに取扱いのない案件が多い。
  •  支払最低額が1,000円から。振込手数料も無料。
  •  動画配信サービスのアフィリエイト案件を複数扱っており、報酬額も比較的高め

 

アクセストレードは、カード案件は比較的少な目なのですがリクルートカード(1,100円)など他のASPが扱っていないような独占案件があります

 

 

他ジャンルでも独占案件が多く、例えば以下の案件は、アクセストレードだけが扱っています。

 

 

  • 動画配信サービスでスポーツコンテンツに特化している「DAZN(ダ・ゾーン)
  • 飲食アフィリエイトの「ウーバーイーツ」
  • SBI証券の「iDeCo」資料請求

 

 

また、2017年、2021年に一大ブームとなった仮想通貨アフィリエイト案件はアクセストレードが最多7件の案件を取り扱っています。

 

 

他ジャンルでも、他のASPが持っていない案件が多く、アフィリエイトをやるなら必ず抑えておきたいASPです。

 

 

さらに、金融関連のセルフバック案件も多いです。

 

 

 

特にオススメは「SBI証券」の口座開設アフィリエイトで、キャンペーン期間中に口座を開設すると15,000円の報酬がもらえたりします。

 

 

SBI証券の口座をまだ持っていない人は、アクセストレードのセルフバック(アフィバックモール)で申し込むとノーリスクでお小遣いがもらえます。

 

 

▶アクセストレードに登録する

 

楽天カードアフィリエイトをはじめる為にやること:ASP登録と広告提携

楽天カードアフィリエイトをはじめる為にやること:ASP登録と広告提携

楽天カードのアフィリエイトリンクを自身のブログ記事に掲載する為に、やるべき事は2つです。

 

 

  1.  楽天カードアフィリエイトを扱っている各ASPに登録する
  2.  ASP内にて楽天カードと広告提携する

 

 

まずはASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)への登録が必要です。

 

Step1: 楽天カードアフィリエイトを扱っている各ASPに登録する

 

まずは、楽天カードアフィリエイトを扱っている各ASPに登録します。

 

 

注意:  ASPによっては審査が必要となり、「誰でも登録できる訳ではない」ということ

 

 

ASP登録には、①「審査不要なケース」②「審査が必要なケース」があります。

 

 

楽天カードアフィリエイト取扱ASPASP登録審査有無
i-mobile(アイモバイル)あり
JANetあり
レントラックスあり
TGアフィリエイトあり

 

 

数記事書いた上で、i-mobile(アイモバイル)など上記ASPへの登録申請を行いましょう。

 

 

注意したいのは、「審査に通り、ASPに登録ができた=全ての広告を掲載できる」というわけではないという事。

 

 

次のステップで具体的な広告提携方法について確認していきましょう。

 

Step2: 各ASPで楽天カードアフィリエイト広告と提携する

ASPへの登録が完了したら、各ASP内で取り扱っている個別広告案件と提携します。

 

 

今回のケースでは、「楽天カード広告」との提携ですね。

 

 

個別広告案件と提携する際にも、①「提携審査が不要で即時提携できるケース」②「提携審査が必要なケース」があります。

 

 

楽天証券アフィリエイトを扱っているASPにおいて、「楽天カードの提携審査が必要かどうか」を確認してみましょう。

 

楽天カードアフィリエイト取扱ASP提携審査
i-mobile(アイモバイル)あり
JANetあり
レントラックスあり
TGアフィリエイトあり

 

楽天カードアフィリエイトを取り扱っている全てのASPで広告提携審査があります。

 

 

ASP登録が済んでいても、楽天カードアフィリエイトリンクを掲載する為に提携審査を通る必要があるので、提携審査を通る為には、楽天カードに関する記事を最低でも1記事以上書きましょう。

 

 

広告案件によっては、「提携審査がない」ケースもあります。

 

 

例えば、ジャンルは異なりますが国内で人気の動画配信サービスU-NEXT

 

 

U-NEXTの場合、下記のASPで取扱いがあり、A8.net以外では、U-NEXTの広告を貼る為の提携審査は不要です。

 

U-NEXTアフィリエイト取扱いASPU-NEXT提携審査
もしもアフィリエイトなし
A8.net あり
バリューコマース(VALUE COMMERCE)なし
afb(アフィb)なし
アクセストレードなし
JANetなし

※リンクをクリックすると、公式ページへ飛んで登録可能です。

 

 

ASP登録が行われてさえいれば、提携審査不要でU-NEXTのアフィリエイトが可能になるので、初心者にとってはハードルが低く、取り組みやすい案件の1つです。

 

 

特に動画配信サービス(VOD)は比較的、アフィリエイト初心者が取り組みやすい案件が多い印象です。

 

 

>>>動画配信サービス(VOD)のアフィリエイト10選とASP一覧!ターゲットや訴求方法も全て解説

関連記事

動画配信サービス(VOD)のアフィリエイトができるASPが知りたいな 記事数は少ないけど、動画配信サービス(VOD)アフィリエイトは審査なしですぐに提携できるのかな? 動画配信サービス(VOD)アフィリエイトの報酬単価は[…]

 

楽天カードアフィリエイトを初心者が始めるなら、まずはASP登録から

楽天カードアフィリエイトを初心者が始めるなら、まずはASP登録から

 

楽天カードアフィリエイトを初心者が始めるなら、まずはASP登録を行いましょう。

 

 

ブログを開設して間もない初心者が楽天カードアフィリエイトをすぐに始める事はできません。

 

 

図を見てもらえばわかる通り、楽天カードアフィリエイトを扱っているASPでは、「広告提携審査」が必要になるからです。

 

 

まずは、i-mobile(アイモバイル)JANetなどにASP登録した後に、一定数記事を書いて、楽天カードアフィリエイトとの広告提携申請をしましょう。

 

 

楽天カードなどカードアフィリエイトをやるなら、ASPは複数登録をしておこう

楽天カードなどカードアフィリエイトをやるなら、ASPは複数登録をしておこう

 

楽天カードなどカードアフィリエイトをやる際には大きく2つのポイントがあった事を理解してもらえたと思えます。

 

  1.  ASP登録
  2.  ASP内の広告案件との提携

 

一番避けたいパターンは下記の2つです。

 

  • 「ASP登録審査落ちた➡広告貼れない」
  • 「ASP登録審査受かった➡広告提携審査落ちた➡広告貼れない」

 

 

「どれか1つのASPがダメでも、他のASPでカバーできる」ようにしておく事が重要になってきます。

 

 

また、楽天カード以外のカードアフィリエイトや他ジャンルのアフィリエイトをやる場合には、同一案件でも報酬額の高いASPはおさえておく事が、売上アップに繋がる重要な手段になります。

 

 

例えば、リクルートが運営する英語学習アプリの「スタディサプリ」の場合、目的別に多くの学習コースが用意されているので、その分、アフィリエイトの種類が多く、しかもASPによって取り扱っている数が異なっていたり、同一案件でも報酬額が異なってきたりします。

 

 

>>>スタディサプリのアフィリエイトができるASPを徹底調査!審査はある?初心者にオススメのASPは?

関連記事

オンライン英語学習サービス「スタディサプリ」のアフィリエイトができるASPが知りたいな 記事数は少ないけど、スタディサプリのアフィリエイトは審査なしですぐに提携できるのかな? スタディサプリ」のアフィリエイトの報酬単価は[…]

 

 

 アフィリエイトができなくなるリスクを減らし、報酬を最大化する為の対策がASPの複数登録になります。

 

 

アフィリエイトジャンル関係なく、ASPは複数登録しておきましょう。

 

楽天カードアフィリエイトするなら知っておきたい楽天カードの特徴

楽天カードアフィリエイトするなら知っておきたい楽天カードの特徴

 

楽天カードアフィリエイトするなら知っておきたい楽天カードの特徴をみてみましょう。

 

 

楽天カードは、楽天グループが発行しているクレジットカードで、カード会員数は2020年11月時点で2,000万人超えています。

 

 

人口の約6人に1人が利用している利用者数の多さに加え、ユーザー満足度の高さが魅力です。

 

 

実際、日本版顧客満足度指数調査のクレジットカード部門において、13年連続でNo1に選ばれるという偉業を達成しています。

 

 

何といっても、楽天証券や楽天市場など、いわゆる楽天経済圏を利用している人はポイントが加速度的に貯まりやすくなる特徴があるのが一番の魅力です。

 

 

カード決済時のポイント還元率は基本1%ですが、楽天市場利用で3%、楽天トラベル利用で2%還元と楽天グループサービスを利用する事でポイントが貯まっていきます。

 

 

貯まったポイントは全て、楽天モバイルや楽天ビューティなど楽天グループサービス内で全て利用ができるので、現金による持ち出しが減っていく点はユーザーの大きなメリットです。

 

 

ポイントが貯まりやすく、ポイントを使う事でキャッシュアウトを減らせる事がユーザー満足度の高さに表れています。

 

 

楽天カードは、通常のクレジットカード案件と異なり、楽天経済圏である楽天証券や楽天モバイル、楽天トラベルなど他の楽天グループが展開サービスと合わせて紹介する事ができる為、非常にアフィリエイトのしやすいアフィリエイト案件の1つです。

 

楽天カードをアフィリエイトする際に伝えるべきポイント

楽天カードをアフィリエイトする際に伝えるべきポイント

 

楽天カードをアフィリエイトする際には上記のような特徴に加え、下記の3つを伝えると良いですね。

 

  1.  楽天カードのデメリット/メリット
  2.  楽天カードの口コミや評判
  3.  楽天カードの申し込み方法や手順

 

楽天カードをアフィリエイトする際に伝えるべきポイント①: デメリット/メリット

楽天カードをアフィリエイトする際に伝えるべきポイント1つ目は、デメリット/メリットです。

 

 

実際に楽天カードを利用するかどうかを決める時には、メリットとデメリットは読み手にとって知りたいポイントです。

 

 

自身の体験を通じて感じたデメリットとメリットを記事に書きましょう。

 

楽天カードのデメリット

楽天カードのデメリットを見てみましょう。

 

個人的に感じたデメリットは主に3つ。

 

  1.  ETCカード年会費有料
  2.  楽天グループ以外の利用だと還元率が低い
  3.  国内旅行保険はつかない

 

無理やりデメリットを上げると上記のような感じです。

 

 

ただ、正直、デメリットを遥かに凌駕するメリットがあるので、個人的には余裕で許容範囲内です。

 

楽天カードのメリット

楽天カードのメリットを見てみましょう。

 

 

私が実際に利用して感じたメリットはこんな感じ。

 

  1.  年会費無料
  2.  ポイントが貯まりやすい
  3.  提携ショップでもポイントが貯まりやすい
  4.  楽天証券で楽天カード利用で積み立て投資ができる

 

楽天カードは、普段から楽天経済圏を利用している人には、必須のカードです。

 

 

ポイントがどんどん貯まりますし、そのポイントは楽天グループ内の他サービスで利用できるので、キャッシュの持ち出しがどんどん減っていきますw

 

 

楽天カードは「日本版顧客満足度指数調査」で、2009年から13年連続でクレジットカード部門での顧客満足度1位に輝いているのですが、実際に利用すると納得の満足度を得られます。

 

 

楽天証券とも連携していて、楽天カードで積み立てができるのもポイントです。

 

 

資産形成をしながら楽天ポイントを貯める事ができ、楽天トラベルや楽天市場などの「楽天経済圏」で利用できる点は、楽天ならではの特徴ですね。

 

楽天カードをアフィリエイトする際に伝えるべきポイント②: 口コミや評判

楽天カードをアフィリエイトする際に伝えるべきポイント2つ目は、口コミや評判です。

 

 

サービスを利用する時やモノを購入する時には、口コミや評判を確認する人が多いです。

 

 

今はTwitterをはじめ、SNS上でリアルな口コミを拾う事ができます。

 

 

 

こんな感じで、楽天カードの口コミやTwitterから拾って纏めてあげると、読者の手間が省けて親切ですね。

 

楽天カードをアフィリエイトする際に伝えるべきポイント③: 楽天カードの申し込み方法や手順

楽天証券をアフィリエイトする際に伝えるべきポイント3つ目は、楽天証券の口座開設手順や売買手順です。

 

 

楽天証券のメリット/デメリットや口コミを読んで「口座開設しようかな」と悩んでいる人の背中を最後に押してあげましょう。

 

 

口座開設手順を画像付きで紹介してあげれば、口座開設への心理的ハードルも下がりますし、売買の仕方も予め画像付きで紹介するとイメージも持ちやすいです。

 

 

さらに、口座開設はスマホで完結でき、最短翌日から取引が可能になる点を伝えるとユーザー負担が減るのでハードルが下がりますね。

 

楽天カードアフィリエイト時の注意点

楽天カードをアフィリエイトする際の注意点

楽天カードをアフィリエイトする際の注意点を見ていきましょう。

 

大きく3つあります。

 

  1.  競合が多い
  2.  コンテンツが被る

 

順番に見ていきましょう。

 

楽天カードアフィリエイトの際の注意点①: 競合が多い

楽天証券をアフィリエイトする際の注意点1つ目は、「競合が多い」です。

 

 

楽天証券アフィリエイトは、金融ジャンルに該当します。

 

 

金融アフィリエイトは、常に一定の需要がある安定した市場であり、報酬単価が比較的高めなので、アフィリエイターからの人気が高く、競争が激しいレッドオーシャンです。

 

 

よって、多くのユーザーが検索しそうなワードで上位表示を狙うのは簡単ではありません。

 

  • 「楽天カード+おすすめ」
  • 「楽天カード+評判」
  • 「楽天カード+メリット/デメリット」

 

などのキーワードで検索上位ページを狙うのではなく、ロングテールキーワードでアプローチしていく戦略が必要です。

 

楽天カードアフィリエイトをする際の注意点②: コンテンツが被る

楽天カードをアフィリエイトする際の注意点2つ目は、コンテンツが被るです。

 

 

競合サイトと内容が被る可能性が高く、他のサイトと差別化が図りにくい点があります。

 

 

基本的に楽天カードの特徴や機能は同じなので、似たような内容の記事になりがちです。

 

 

ブログ記事内で楽天経済圏でのお得な情報を紹介する際に楽天カードを紹介するなど、独自目線でのコンテンツ作成がポイントになってきます。

 

楽天カードアフィリエイトと同時に訴求したいアフィリエイト

楽天カードアフィリエイトと同時に訴求したいアフィリエイ

楽天カードアフィリエイトと同時に訴求したいアフィリエイトは、楽天証券アフィリエイトです。

 

 

楽天証券と楽天カードは同じ楽天グループが運営している為、他社にはない恩恵を受けられるからです。

 

  1. 毎月50,000万円まで楽天カードクレジットカード決済で積み立てができる
  2. 決済額に応じて、100円に1ポイント、楽天カードから楽天ポイントが付与される

 

 

楽天証券は、口座を持っているだけで、日経新聞(楽天証券版)を読む事ができるなどのメリットがあるので、訴求しやすいのが特徴です。

 

楽天証券のアフィリエイトについて、詳しくは下記の記事を参考にしてみてください。

 

>>>楽天証券のアフィリエイトができるASPを徹底調査! ~口座開設数が爆伸びの人気ネット証券~

関連記事

楽天証券のアフィリエイトができるASPが知りたいな 楽天証券のアフィリエイトの報酬単価はどのASPが一番高いのだろう? 記事数は少ないけど、楽天証券アフィリエイトは審査なしですぐに提携できるのかな? […]

楽天カードのアフィリエイトができるASPを徹底調査!~6人に1人が持っている超人気クレジットカード~: まとめ

楽天カードのアフィリエイトを取り扱っている主なASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)と、登録、提携条件、報酬額を振り返ってみましょう。

 

 

楽天カードのアフィリエイトを取り扱っているASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)は1つです。

 

楽天カードアフィリエイト取扱ASPASP登録審査有無提携審査報酬額
i-mobile(アイモバイル)ありあり1,500円
JANetありあり952円
レントラックスありあり1,050円
TGアフィリエイトありあり953円

※2021年9月時点の情報

※リンクをクリックすると、公式ページへ飛んで登録可能です。

 

 

上記ASPに登録し、楽天カードアフィリエイト広告と提携すれば、誰でも楽天カードのアフィリエイトリンクをブログ記事内に貼る事が可能です。

 

 

以上、楽天カードのアフィリエイトができるASPを徹底調査!~6人に1人が持っている超人気クレジットカード~でした!!

楽天カードのアフィリエイトができるASPを徹底調査! ~6人に1人が持っている超人気クレジットカード~
↓↓「この記事読んで良かったな」という方↓↓