楽天証券で日経新聞は無料で読める?~年間〇〇円の節約になる方法を解説~

  • 日経新聞を定期購読しているんだけど、毎月の購読料がバカにならない・・・。
  • ビジネスマンとして、日経新聞を読みたいんだけど、定期購読にはお金がかかるんだよな。。。
  • それでも、日経新聞を無料で読む方法はないかな?

 

そんな疑問に答えます。

 

 

本記事では、楽天証券で日経新聞を無料で読む方法や注意点、ユーザーの口コミを紹介します。

 

 

本記事を読み、簡単な行動をするだけで、ノーリスクで最低5万円以上得する事ができます。

 

楽天証券で日経新聞は無料で読める?~年間〇〇円の節約になる方法を解説~

楽天証券で日経新聞は無料で読める?

楽天証券で日経新聞は無料で読める?

結論から言いますと、楽天証券の口座を開設しておけば、楽天証券アプリを利用する事で日経新聞を無料で読む事ができます。

 

 

正確には、楽天証券の口座開設とログインをすると、日経テレコン(楽天証券版)の利用が可能となり、日経関連の複数媒体の閲覧ができるようになります。

 

 

配信内容は楽天証券用に少しカスタマイズされますが、日経新聞の定期購読は月5,000円ほどなので、単純計算でも年間6万円近く費用を抑える事が可能です。

 

 

意外と知らない人も多いのではないでしょうか。

 

 

楽天証券で読める日経テレコンとは?

楽天証券で読める日経テレコンとは?

日経テレコンは、国内外のメディアや調査会社が有料で提供するコンテンツをデータベース化してきたビジネス情報サービス。

 

 

日本経済新聞社が1984年にサービス開始して以降、35年以上継続している信頼できるサービスです。

 

 

日経テレコンは、東証一部上場企業の約70%、国内外の約1万社に導入されており、50万人以上のビジネスパーソンが日々活用しているビジネスマンに不可欠なツールです。

 

 

日経テレコンが提供する日本経済新聞は、全てのビジネスマンの知的生産性を向上し、加速させる為の情報収集・調査ツールのスタンダードになっています。

 

 

ビジネスマンの競争力を高めてくれる日経テレコンの記事は、楽天証券に口座開設をしていると無料で読めてしまうのですが、まずは、楽天証券で日経新聞を読めるようになると、具体的に「どれぐらいお得になるのか」を見ていきましょう。

 

楽天証券で日経新聞を読むと最低でも5万円以上お得になる

楽天証券で日経新聞を読むと最低でも5万円以上お得になる

 

楽天証券で日経新聞を読むと、最低でも5万円以上、最大約12万円ほど得する事ができます。

 

 

言い換えると、「今、日経新聞を定期購読している人は固定費の削減」になりますし、「普段新聞を読んでいない人は無料で5万円以上の情報を手に入れる」事が可能です。

 

 

楽天証券では、日経テレコンが提供する以下の情報媒体の閲覧が可能ですが、下記3つの媒体を定期購読した場合の月額料金は月10,500円以上、年間12万円以上かかります。

 

  1.  日経新聞(朝刊・夕刊)
  2.  日経産業新聞
  3.  日経MJ

 

各紙の購読料内訳は下記の通りです。

 

媒体別購読料月額料金
1日経新聞の購読料4,900円/月
2日経新聞電子版の購読料4,277円/月
3日経産業新聞の購読料4,000円/月
4日経MJの購読料2,300円/月

 

日経新聞は紙媒体or電子版で700円ほどの差がありますが、月額利用料の安い日経電子版でも年間5万円かかります。

 

 

なので、楽天証券で日経新聞を読むように切り替えるだけで、最低でも年間5万円以上の節約が可能になります。

 

 

株式取引をやらなくても、楽天証券に簡単な口座開設をするだけで良いので、本当にノーリスクな投資ですね。

 

▶公式から楽天証券に口座開設する

 

楽天証券で日経新聞を読む方法

楽天証券で日経新聞を読む方法

楽天証券で日経新聞を読む方法を見ていきましょう。

 

 

楽天証券で日経新聞を読むのは簡単で、手順は以下の3ステップだけです。

 

  1.  楽天証券に口座開設をする
  2.  楽天証券アプリ(iSPEED)をダウンロードする
  3.  楽天証券アプリ(iSPEED)内で日経テレコンをクリックする

 

本記事では、口座開設とアプリダウンロード完了を前提として、楽天証券アプリ(iSPEED)内の使い方を画像付きで紹介します。

 

口座開設がまだの人は、下記のリンクから口座を開設しましょう。

 

▶楽天証券に口座開設する

 

楽天証券アプリで日経新聞を読む為の手順

楽天証券アプリで日経新聞を読む為の手順を見ていきましょう。

 

 

まず、楽天証券アプリiSPEEDにログインします。

 

  • 画面右下の「メニュー」をクリック
  • 画面を少しスクロールし、画面中央にある「日経テレコン」をクリック
  • WEBコンテンツ表示を許可する為に「はい」をクリック
  • 日経テレコン(楽天証券版)利用同意書の「同意する」をクリック

 

日経テレコンのサイトに切り替わります。

 

  • 画面右上の「≡」をクリック
  • 画面右上の「きょうの新聞」をクリック
  • 画面を下にスクロールしていくと、各記事の一覧が見れるので、気になる記事をクリック

 

例えば、下記のような感じで記事の閲覧が可能です。

 

 

操作もシンプルなので、誰でも迷わず簡単に日経新聞記事の閲覧ができますね。

 

楽天証券で日経新聞を読む際の注意点

楽天証券で日経新聞を読む際の注意点

 

楽天証券で日経新聞を読む際の注意点を見ていきましょう。

 

  1.  過去3日分しか閲覧できない
  2.  紙媒体では読めない
  3.  iPad用アプリでは日経テレコン記事を閲覧できない  

 

順番に見ていきましょう。

 

楽天証券で日経新聞を読む際の注意点①: 過去3日分しか閲覧できない

楽天証券で日経新聞を読む際の注意点1つ目は、「過去3日分しか閲覧できない」です。

 

 

日経新聞電子版の場合、3ヶ月前までの記事の閲覧が可能ですが、楽天証券の場合、過去3日分の記事しか閲覧できません。

 

 

ただし、過去1年分の新聞記事は遡って検索する事が可能なので、あまり問題ありません。

 

楽天証券で日経新聞を読む際の注意点②: 紙媒体では読めない

楽天証券で日経新聞を読む際の注意点2つ目は、「紙媒体では読めない」です。

 

 

スマホやタブレット、パソコンなどの電子デバイスを用いて読む事が前提になっています。よって、もともと紙媒体で新聞を読む事を好む人には向いていません。

 

 

電子デバイスで書籍を読むメリットは、持ち運びに便利な点や新聞紙の廃棄などの手間がない点などがあるのですが、それでも紙面で読みたい人や切り抜きをしたい人などは紙媒体を選択しましょう。

 

楽天証券で日経新聞を読む際の注意点③: iPad用アプリでは日経テレコン記事を閲覧できない

楽天証券で日経新聞を読む際の注意点3つ目は、「楽天証券のiPad用アプリでは日経テレコン記事を閲覧できない」です。

 

 

実は、楽天証券アプリiSPEEDにはiPad用の楽天証券アプリ「iSPEED for IPad」があるのですが、iPad用アプリでは日経テレコン記事を読む事ができません。

 

iPad用の楽天証券アプリ「iSPEED for IPad」をインストールしても、下記画像のように「日経テレコン」のアイコンがどこを見ても出てきません。

 

 

楽天証券の日経テレコン記事や日経新聞記事をiPadで読みたい場合は、スマホ用のアプリをiPadにインストールすれば、スマホと同様の手順で閲覧可能です。

 

楽天証券で日経新聞を読んでいるユーザーの評判と口コミ

楽天証券で日経新聞を読んでいるユーザーの評判と口コミ

楽天証券で日経新聞を読んでいるユーザーの評判と口コミを見てみましょう。

 

 

Twitterで生の声を拾ってみました。

 

楽天証券で日経新聞を読んでいるユーザーの口コミ: 固定費削減と教養が身につく

楽天証券で日経新聞を読んでいるユーザーの口コミ: 仕事の役に立つ

 

楽天証券で日経新聞を読んでいるユーザーの口コミ: 記事を1つ1つ開くのがめんどう

https://twitter.com/kuro32959291/status/1416554395739643904?s=20

楽天証券で日経新聞を読んでいるユーザーの口コミ: 今までの当たり前をやめた

楽天証券で日経新聞を読んでいるユーザーの口コミ: 株取引しなくても口座開設の価値あり

 

仕事に必要な情報収集や教養を身に着ける為に、日経新聞の定期購読をしている人が多い中で、楽天証券の口座開設をするだけで、「固定費削減ができる」という家計への負担軽減効果は大きいようです。

 

株式取引をしなくても良いので、口座開設をする価値があると思う人は多そうですね。

 

▶公式から楽天証券に口座開設する

 

楽天証券で日経新聞は無料で読める?~年間〇〇円の節約になる方法を解説~: まとめ

楽天証券で日経新聞を無料で読む方法について、紹介してきました。

 

簡単に振り返っていきましょう。

 

ポイントは下記の通り。

 

  1.  楽天証券に口座開設をすると、日経テレコン(楽天証券版)の記事の閲覧が可能
  2.  年間最低でも5万円以上の節約になる
  3.  記事は、過去3日間分までしか閲覧できないが、1年分は検索可能
  4.  紙媒体を好む人には不向き
  5.  iPadで日経テレコン(楽天証券版)を読む場合は、スマホアプリ「iSPEED」のインストールでOK

 

楽天証券の口座を持っているだけで、実際に株式投資をしなくても日経新聞が読めるので、利用しない手はないですね。

 

 

「知っているか知らないか」で得する事は他にもあります。興味がある人は下記の記事を参考にしてみてください。

 

 

>>>【A8ネット】セルフバックのやり方を解説~注意点だけ守れば誰でも稼げて得するサービス~

関連記事

a8ではセルフバックはできる? a8でのセルフバックのやり方を知りたいな a8でのセルフバックのや注意点はある? そんな疑問に答えます。  本記事では[…]

【A8ネット】セルフバックのやり方を解説 ~注意点だけ守れば誰でも稼げて得するサービス~

 

 

以上、楽天証券で日経新聞は無料で読める?~年間〇〇円の節約になる方法を解説~でした!!

日経新聞は楽天証券で無料で読める? ~年間●●円の節約になる方法を解説~
↓↓「この記事読んで良かったな」という方↓↓