米国株の株式分割による株価の値動きを検証~トレードデスク(TTD)の事例~

  • 米国株が株式分割した際に株価はどう動く?
  • 米国株の株式分割の事例を知りたいな

 

そんな疑問に答えます。

 

【想定読者】 株式投資初心者・米国株投資初心者・これから株式投資を検討している人

 

 

米国株投資を行う中でも、稀に株式分割を行う企業に出くわす可能性があります。

 

 

米国株の株式分割ニュースが発表された時や実際に分割された後に株価がどのように動くのか?、予め傾向を知っておく事ができれば、米国株投資において大きなキャピタルゲインを得られる可能性が高まります。

 

 

よって、本記事では米国株における株式分割前後の株価の動きについて、2021年に10対1の株式分割を実施した米国のデジタル広告企業であるトレードデスク(TTD)の事例を纏めています。

 

 

本記事を読む事で、「株式分割とは何か?」という基本概念と「株式分割発表時や分割後の株価の推移」について実際に2021年に株式分割を行った米国株の株価の推移を知る事ができます。

 

 

米国株の株式分割事例を知る事で、今後長い米国株投資人生の中で似たような場面に出くわした際に、迷わず投資判断をする事ができるようになります。

 

 

ちなみに、2020年にはアップル(AAPL)とテスラ(TSLA)が株式分割を実施しています。株式分割前後の両社の株価の値動きについて知りたい人は下記の記事を参考にしてください。

 

 

>>>株式分割後に株価はどう動く?~米国株の事例を調べてみた~

関連記事

米国株で株式分割した際に株価はどう動く? そんな疑問に答えます。  本記事は、私自身が米国株投資を行う中で、新たに学んだ内容や当時の状況について記録する事を目的と[…]

株式分割後に株価はどう動く?米国株の事例を調べてみた

 

米国株の株式分割による株価の値動きを検証~トレードデスク(TTD)の事例~

【米国株】株式分割とは?

そもそも米国株の株式分割とは何なのでしょうか?

 

 

株式分割とは、既に発行されている株式を、1株を2株、3株などに分割することを指します。整数倍に限らず、1株につき、1.5倍といったような分割が行われることもあります。既に株式を保有している投資家には、分割された株式が割り当てられます。株数が増えても会社の価値は変わらないので、基本的には分割された分だけ1株当たりの価格が修正されます。例えば、株価が1,000円の株式が1:2の株式分割(1株を2株に分割)をした場合、分割後の保有株数は2倍になりますが、理論上、1株の株価は500円となります。<引用:SMBC日興証券>

 

 

企業側は株式分割を行う事で、購入単価が安くなる為、従来の単価では購入できないor購入を躊躇していた投資家を呼び込む事が可能になります。より多くの人に、その企業の株を購入できる機会が提供されるので、裾野が拡大されます。

 

 

また、投資家目線でもメリットはあります。

 

 

株式分割前からその企業の株を保有していれば、株の価値は株式保有株数は増えるので、分割後に株価が上昇を続ければキャピタルゲインを得られます。

 

 

加えて、高騰した株価がネックとなり購入を手控えていた投資家は、従来の株価よりも単価としては安く購入する事ができます。

 

 

よって、株式分割は、新規購入者にとっては安く仕入れる事ができるタイミングの1つになりえます

 

 

ただ、購入タイミングは見極める必要があります。

 

 

株式分割発表時点、株式分割発表後~株式分割実施日、株式分割実施後のどのタイミングで買うかによって短中期的なパフォーマンスは変わってくる可能性があるからです。

 

 

購入タイミングによって、「どれだけ投資パフォーマンスに違いがでてくるのか?」具体的に、2021年に株式分割を実施した米国上場企業の事例をみていきましょう。

 

米国株の株式分割による株価の値動きを検証~トレードデスク(TTD)の事例~

米国株の株式分割による株価の値動きを検証 ~トレードデスク(TTD)の事例~

米国株の株式分割後の株価推移はどうなるのでしょうか?

 

 

今回は2021年6月17日に10対1の株式分割を発表した米国株のトレードデスク(TTD)を事例に株式分割前後の株価の動きを検証していきます。

 

 

米国株投資を実践する中で最も気になるのは、「株式分割という1つの事象に株価がどのように反応するか」、だと思います。

 

 

結論から言うと、トレードデスク(TTD)の株価の動きとタイミングは下記のようになっています。

 

 

タイミング株価の動き
①株式分割発表当日大きく下落
②株式分割発表~株式分割上昇
③株式分割後上昇

 

 

実際に、株価の動きを確認していきましょう。

 

 

(チャートは株式分割後の基準価格となっています)

 

2021年1月~7月の期間のチャートを見ると、株式分割前の株価は軟調で右肩下がりで推移し、2021年Q1決算を前に大きく売り込まれています。

 

 

トレードデスク(TTD)は2021年Q1決算発表と同日に株式分割発表していますが、株式分割発表後の株価は右肩上がりに推移している様子が分かります。

 

 

もう少し細かく分けて当時の株価の動きをみていきます。

 

 

具体的には、「株式分割発表時」、「株式分割発表後~分割前」、「株式分割後」の株価の動きについて見ていきましょう。

 

米国株トレードデスク(TTD)の株式分割と株価の推移①: 株式分割発表当日

米国株トレードデスク(TTD)の株式分割と株価の推移について、まずは「株式分割発表当日」の値動きを見ていきましょう。

 

 

株式分割発表当日、トレードデスク(TTD)の株価はプレで下落し、マーケットが開いた後も下落してています。

 

https://twitter.com/rinkenfuro/status/1391735187092901892?s=20

https://twitter.com/Adscience12000/status/1391766709053255685?s=20

 

トレードデスクが株式分割を発表した日の株価は、プレで約▲10%、マーケットが開いてからは▲20%と暴落しました。

 

 

株式分割発表タイミングでは、既にPERが約120倍と高すぎる水準にあった事が株価が大きく下落した原因です。

 

米国株トレードデスク(TTD)の株式分割と株価の推移②: 株式分割発表~株式分割実施

米国株トレードデスク(TTD)の株式分割と株価の推移について、「株式分割発表~株式分割実施まで」の動きを示しているのが下記のチャートです。

 

 

 

 

実際に株式分割が行われたのは2021年6月17日ですが、株式分割が発表されて以降、株価は力強く急騰しています。

 

 

具体的には、トレードデスク(TTD)から株式分割の発表がされてから約1か月間で約+20%の上昇をみせています。

 

 

米国株トレードデスク(TTD)の株式分割と株価の推移③: 株式分割後

米国株トレードデスク(TTD)の株式分割と株価の推移について、株式分割後の動きを示しているのが下記のチャートです。

 

 

TTD株式分割実施後の株価

 

 

トレードデスクの場合、株式分割実施後はチャートにあるように、株価は大きく上昇。

 

 

具体的には、株式分割後の1か月未満で$59から$77まで約31%上昇しています。

 

米国株の株式分割による株価の値動きを検証~トレードデスク(TTD)の事例~:まとめ

米国株は株式分割後に株価はどう動く?という内容で、トレードデスク(TTD)の株式分割を事例として見てきました。

 

 

簡単に振り返っていきましょう。

 

 

米国株の株式分割は、「株価が高い」と感じて購入を手控えていた投資家にとっては、割安に仕入れる事ができるきっかけの1つです。

 

 

ただ、一言で株式分割と言っても、タイミングによって株価の動きが大きく異なってきます。

 

 

2021年6月17日に10対1の株式分割を発表した米国株のトレードデスク(TTD)の株価の動きの動きは下記の通りです。

 

 

タイミング株価の動き
①株式分割発表当日大きく下落
②株式分割発表~株式分割上昇
③株式分割後上昇

ちなみに、2020年にはアップル(AAPL)とテスラ(TSLA)が株式分割を実施していますが、株式分割発表~株式分割後の値動きはトレードデスクの事例とは少し違う動きを見せています。

 

 

>>>株式分割後に株価はどう動く?~米国株の事例を調べてみた~

関連記事

米国株で株式分割した際に株価はどう動く? そんな疑問に答えます。  本記事は、私自身が米国株投資を行う中で、新たに学んだ内容や当時の状況について記録する事を目的と[…]

株式分割後に株価はどう動く?米国株の事例を調べてみた

 

 

以上、米国株の株式分割による株価の値動きを検証~トレードデスク(TTD)の事例~でした!!
米国株の株式分割による株価の値動きを検証 ~トレードデスク(TTD)の事例~
↓↓「この記事読んで良かったな」という方↓↓