Bybitのローンチプールのやり方を徹底解説【デメリット/メリットも紹介】

  • 2022年6月21日
  • 2022年6月19日
  • CRYPTO
  • Bybitのローンチプールが気になるんだけど、何だろう?
  • Bybitのローンチプールってリスクとかデメリットはないの?
  • Bybitローンチプールのやり方を具体的に知りたいな

 

そんな疑問に答えます。

 

 

Bybitは、国内でも人気に火が付いてきたシンガポールに拠点を構える海外取引所の1つ。

 

 

「ローンチプール」や「ローンチパッド」、「ByVotes」といった革新的なサービスを提供している事で、一足早く将来性の高い話題の銘柄をどこよりも早く手に入れられる事から、人気が高まっています。

 

 

本記事で紹介するのは、Bybitが提供する数ある魅力的なサービスのうちの1つ「ローンチプール」。

 

 

主に以下について紹介していきます。

 

  • そもそもBybitのローンプールとは?
  • Bybitローンチプールのメリット/デメリット
  • Bybitローンプールのやり方や具体的手順
  • Bybitローンチプールの注意点

 

 

本記事を読む事で、しっかりとBybitのローンチプールについて理解し、具体的な方法まで把握する事でスムーズにローンチプールを利用できるようになります。

 

 

「ローンチプール」と似たような名前の「ローンチパッド」について詳しく知りたい人は以下の記事をどうぞ。

 

 

>>>Bybitのローンチパッドの参加方法|やり方を解説【先行者利益を得ていこう】

関連記事

Bybitのローンチパッドって何? Bybitのローンチパッドに参加する方法を知りたい Bybitローンチパッド参加にあたって注意点はある? そんな疑問に答えます。 &[…]

By bitのローンチパッドの参加方法|やり方を解説 【先行者利益を得ていこう】

 

 

という事で早速、見ていきましょう。

 

Bybitのローンチプールのやり方を徹底解説【デメリット/メリットも紹介】

目次

Bybitのローンチプールとは?

Bybitのローンチプールとは?

Bybitローンチプールとは、主にBITトークンをステーキングすることで、無料で新しいトークンを入手できる画期的な仕組みです。

 

 

例えば、BITトークンをを預ける事で、

 

  • MVトークンをもらう
  • SYNRトークンをもらう
  • IMEをもらう

 

という感じで、BITをステーキングするだけでその時にローンチプールに登場しているトークンをもらえます。

 

 

ローンチプールは、Bybitの「資産運用アカウント」で提供されていて、資産を増やす為のサービスとして位置づけられています。

 

 

 

ローンチプールは不定期開催で、ステーキング実施期間は限定されている事が多い(1週間など)のですが、期間中であればいつでも追加可能、払い戻し可能となっている事から、参加の自由度が高いのも特徴の1つ。

 

 

ついんず

新しいトークンはどれだけもらえるの?

 

いわゆる「日次利回り」は、以下を基に計算されます。

 

  1. ステーキング参加者全員が預け入れたトークン総数
  2. 自身が預け入れたトークン数量の割合

 

なので、ローンチプールに登場するプロジェクトの人気度の高さや自身のコミット度合いなどにより異なってきます。

 

 

Bybitローンチプール: 過去に登場した銘柄

Bybitローンチプール: 過去に登場した銘柄

Bybitローンチプールには過去に多くの有名銘柄が取引所に上場する前に一足早く登場しています。

 

 

実際、Bybitローンチプールに過去に登場した一部の銘柄は以下の通り。

 

Bybitローンチプール: 過去に登場した銘①: BIT

 

Bybitローンチプール: 過去に登場した銘②: MV

 

 

 

 

Bybitローンチプール: 過去に登場した銘③: SYNR

Bybitローンチプール: 過去に登場した銘④: IME

 

 

上記の通り、これまで話題になった多くの銘柄がBybitのローンチプールに登場しています。

 

 

ついんず

中でも、特に話題になったのがMVですね。

 

 

MVは、TrausPadのIDOで約20秒という史上最速記録でトークンを完売させた記録を出した事で注目度が高かった事もあり、Bybitでローンチプールを実施した後も、多くの人がステーキングに参加しました。

 

 

 

MVはBybitでのローンチプール参加人数でも過去最高記録するほどの人気ぶりでした。

 

 

ついんず

しかも、MVトークンが現物市場に上場してからは、ホワイトリスト価格から最高で×80倍を記録。

 

 

ローンチプールでBITをステーキングを行い、無料でMVをもらっていた人は多くの恩恵を受けられたと思います。

 

 

>>>MVトークンの買い方と特徴を解説~超話題の元素騎士オンラインのガバナンストークン~

関連記事

MVトークンが話題になっているけど、どの取引所で買える? MVトークンの買い方の具体的な手順を知りたいな そんな疑問に答えます。  TrustPadのIDO[…]

MVトークンの買い方と特徴を解説 ~超話題の元素騎士オンラインのガバナンストークン~

Bybitローンチプールのデメリット

Bybitローンチプールのデメリット

Bybitローンチプールのデメリットを見ていきましょう。

 

 

Bybitのローンチプールに限らず、あらゆる製品やサービスにはメリット/デメリットの両面があるのですが、先にデメリットを見ていきましょう。

 

 

Bybitのローンチプールでデメリットと考えられるのは以下の3つです。

 

 

  1. ステーキング対象通貨はほぼ「BIT」
  2. 複利運用はできない
  3. ローンチプールの開催は不定期

 

順番に見ていきましょう。

 

Bybitローンチプールのデメリット①: ステーキング対象通貨はほぼ「BIT」

Bybitローンチプールのデメリット1つ目は「ステーキング対象通貨はほぼ「BIT」」です。

 

 

過去に行われたBybitのローンチプールでは、ほぼ「BIT」をステーキングする事で、新しいトークンを受け取る事ができる仕組みとなっていました。

 

 

中には例外もあり、例えばSYNRの時には「BIT」or「SYNR」をステーキングする事で、SYNRをもらえるケースなども。SYNRの場合、ICO/IEOなどで事前に購入したSYNRをBybitに送金して、ステーキングする事でSYNRを増やせるのですが、少し手間ですね。

 

 

なので、実質、「BIT」が参加チケットのような役割になっているので、Bybitのローンチプールに参加したい人は事前にBITを購入しておきましょう。

 

>>>BitDAOの買い方を画像付きで徹底解説~Bybit主導DAOプロジェクト発のガバナンストークン~

関連記事

BitDAOが話題になっているけど、上場はいつ?上場先はどこなの? BitDAOトークンはどの取引所で買える? BitDAOの買い方の具体的な手順を知りたいな そんな疑問に答えます。&n[…]

Bit DAOの買い方を画像付きで徹底解説 ~By bit主導DAOプロジェクトのガバナンストークン~

Bybitローンチプールのデメリット②: 複利運用はできない

Bybitローンチプールのデメリット2つ目は「複利運用はできない」です。

 

 

実際、Bybitの資産運用アカウントのローンチプールFAQには以下のように「複利運用ができない」旨が明記されています。

 

 

現在、複利運用はサポートしていません。 日次収益自体が、追加の利回りを生み出すように自動で再運用されることはありません。 その代わりに、Bybitローンチプールで、新たな入金として手動で預け入れることができます。

<Bybit>

 

 

複利運用かつ高利回りで仮想通貨を増やしたいなら、HashuHubレンディングBitLendingなど、レンディングに特化したレンディングサービスがおすすめですよ。

 

>>>HashHubレンディングとBitLendingはどっちがおすすめ?【暗号資産レンディングサービスを徹底比較】

関連記事

HashHubレンディングとBitLendingはどっちがおすすめ? HashHubレンディングとBitLendingの違いは何? そんな疑問に答えます。  […]

Bybitローンチプールのデメリット③: ローンチプールの開催は不定期

Bybitローンチプールのデメリット3つ目は「ローンチプールの開催は不定期」です。

 

 

Bybitのローンチプールは、一種のイベント/企画のような位置づけなので、定期的に開催されていません。

 

 

過去の動きを見ていると、話題のトークンがある際には、「ローンチパッド」or「ローンチプール」のいずれかの形式でイベントを開催する傾向があります。

 

 

なので、「Bybit公式Twitterをフォローする」など、常にBybitの動向をチェックしておくと良いですね。

 

>>>Bybitのローンチパッドの参加方法|やり方を解説【先行者利益を得ていこう】

関連記事

Bybitのローンチパッドって何? Bybitのローンチパッドに参加する方法を知りたい Bybitローンチパッド参加にあたって注意点はある? そんな疑問に答えます。 &[…]

By bitのローンチパッドの参加方法|やり方を解説 【先行者利益を得ていこう】

Bybitローンチプールのメリット

Bybitローンチプールのメリット

続いて、Bybitローンチプールのメリットを見ていきましょう。

 

メリットは主に3つあります。

 

  1. BITをステーキングするだけ新しいトークンがもらえる
  2. 取引所上場前に新トークンを入手できるため、キャピタルゲインを得られる可能性が高い
  3. ステーキングはいつでも解除できる

 

 

順番に見ていきましょう。

 

Bybitローンチプールのメリット①: BITをステーキングするだけ新しいトークンがもらえる

Bybitローンチプールのメリット1つ目は「BITをステーキングするだけ新しいトークンがもらえる」です。

 

 

Bybitでは、手持ちの「BITトークン」をステーキングするだけで、ローンチプールに登場している新しいトークンがもらえます。

 

 

 

  • ステーキングは無料
  • ステーキングをする為の手数料もなし
  • ローンチプール参加によるステーキング前後では「BIT」の枚数は減らない

 

 

なので、「BIT」を既に持っている人は、ローンチプールを利用した方が新しい通貨がもらえるのでお得です。

 

Bybitローンチプールのメリット②: 取引所上場前に新トークンを入手できるため、キャピタルゲインを得られる可能性が高い

Bybitローンチプールのメリット2つ目は「取引所上場前に新トークンを入手できるため、キャピタルゲインを得られる可能性が高い」です

 

 

Bybitのローンチプールで過去最高のステーキング参加人数を記録したMVトークンは、上場後、最高で約80倍まで価格が爆上げしています。

 

 

 

ついんず
MV上場後のチャートはこんな感じです。

 

 

 

IDO価格は$0.02でしたが、上場後、約10日ほどで約80倍の$1.66をつける高騰ぶりを見せています。

 

 

MVトークンがBybitのローンチプールに登場した時に、迷わずに「BIT」をステーキングした人は、無料で入手したMVトークンを最高値付近で売却する事が出来ていたら、かなりの利益が出ていたと思います。

 

Bybitローンチプールのメリット③: ステーキングはいつでも解除できる

Bybitローンチプールのメリット3つ目は「ステーキングはいつでも解除できる」です。

 

 

Bybitのローンチプールのステーキングは完全に自由意志で行える為、「ロック期間」などはありません。

 

 

以下、Bybit公式に記載ある内容です。

 

預け入れたトークンは、いつでも払い戻すことができます。払い戻したトークンは、直ちにお客様の資産運用アカウントに自動質押されます。預け入れたトークンの詳細と払い戻しにつきましては、「注文及び取引」から「資産運用アカウント」にある「ローンチプール」にアクセスしてください。<Bybit>

 

 

Bybitローンチプールのメリット/デメリットを理解したところで、ローンチプールのやり方を具体的に見ていきましょう。

 

Bybitローンチプールのやり方

Bybitローンチプールのやり方

Bybitローンチプールのやり方は非常に簡単で、3ステップでできます。

 

  1. Bybitに口座を開設する
  2. BITを購入する
  3. BITをステーキングして新しいトークンをもらう

 

順番に見ていきましょう。

 

Bybitローンチプールのやり方①: Bybitに口座を開設する

Bybitローンチプールのやり方①は「Bybitに口座を開設する」です。

 

 

当たり前ですがBybitの口座がないと、ローンチプールの利用はできません。なので、まだ、Bybitに口座を持っていない人は登録をサクッと済ませてしまいましょう。

 

 

ついんず

フリーのメールアドレスとパスワード登録だけなので30秒~1分ほどで終わります。もちろん無料です。

 

 

こちらのBybit公式ページをクリックし、以下の手順で登録を行います。

 

 

  1. フリーアドレスを入力する
  2. パスワードを入力する
  3. 規約に同意し、「続ける」をクリック

 

 

以上です。

 

 

また、ローンチプールを利用する為には事前にLV1以上のKYC(本人確認)も必要になるので、口座開設後に続けてKYCも済ませてしまうとスムーズですよ。

 

 

KYCの手順を箇条書きすると以下の通り。

 

  1. Bybitログイン後、トップページ右上にあるアカウント名にマウスをあて、ドロップダウンメニューより「アカウント&セキュリティ」を選択
  2. 本人認証の項目の右端にある「本人確認(KYC)を行う」をクリック
  3. Lv.1の「本人確認(KYC)を行う」をクリック
  4. 身分証明書(パスポート/ID)をアップロード
  5. 顔認識審査

 

以上でLV1のKYCは完了です。

 

 

次のステップにいきましょう。

 

Bybitローンチプールのやり方②: BITを購入する

Bybitローンチプールのやり方②は「BITを購入する」です。

 

 

ついんず

Bybitのローンチプールは「BIT」がないと利用できません。

 

 

BITはBybitローンチプールの「参加チケット」のようなものなので、事前にBybitにて現物を購入しておく必要があります。

 

 

ついんず

ただ、残念ながらBITは国内の仮想通貨取引所では購入できません。

 

 

なので、以下の手順でBybitで「BIT」を購入していきましょう。

 

  1. コインチェックなど国内取引所から仮想通貨をBybitに送金する(▶参考記事
  2. BybitでUSDTやBITを購入する(▶参考記事

 

 

BITの買い方について、不安な人は以下の記事に購入手順を纏めているのでどうぞ。

 

>>>BitDAOの買い方を画像付きで徹底解説~Bybit主導DAOプロジェクト発のガバナンストークン~

関連記事

BitDAOが話題になっているけど、上場はいつ?上場先はどこなの? BitDAOトークンはどの取引所で買える? BitDAOの買い方の具体的な手順を知りたいな そんな疑問に答えます。&n[…]

Bit DAOの買い方を画像付きで徹底解説 ~By bit主導DAOプロジェクトのガバナンストークン~

Bybitローンチプールのやり方③: BITをステーキングして新しいトークンをもらう

Bybitローンチプールのやり方③は「BITをステーキングして新しいトークンをもらう」です。

 

 

ローンチプール開催期間中は以下のように、ステーキングする事でもらえる新しいトークンが表示されています。

 

 

上記は、MVトークンがローンチプールに登場した時の事例ですが、

 

  • ローンチプール対象期間
  • もらえるMVの総数
  • APY
  • 参加者数

 

などが確認でき、既にBITを保有していれば「今すぐステーキングする」をクリックする事でローンチプールに参加できます。

 

Bybitローンチプールの注意点

Bybitローンチプールのリスク/注意点

Bybitローンチプールの注意点を見ていきましょう。

 

 

主に2つあります。

 

 

  1. 事前にKYCが必要
  2. BITが値下がり、損する可能性あり

 

順番に見ていきましょう。

 

Bybitローンチプールの注意点①: 事前にKYCが必要

Bybitローンチプール参加時の注意点1つ目は「事前にKYCが必要」です。

 

 

Bybitに口座(アカウント登録)を持っているだけでは、ローンチパッドに参加できません。

 

 

ローンチプールに参加する為には事前にKYC(LV1)と呼ばれる身元確認を行っておきましょう。

 

 

以下にBybitのローンチプール参加条件の一部を抜粋しておきます。

 

 

当イベントの参加資格を得るには、本人確認手続き(KYC)のレベル1、または法人確認を完了していただく必要があります。アクセス制限地域にお住まいのお客様は、参加対象外となります。<出典:Bybit>

 

 

必ずKYC認証(LV1)を完了しておくようにしましょう。

 

 

また、KYCを行っておくと、KYC確認のレベルに応じて、Bybitでの出金可能額なども変わってきます。

 

 

本人確認レベル

Lv.0(認証不要)Lv.1Lv.2
1日の出金限度額2 BTC50 BTC

100 BTC

 

個人であれば、KYC(LV1)を行っておけば十分すぎますよね。

 

Bybitローンチプールの注意点②: BITが値下がり、損する可能性あり

Bybitローンチプールの注意点2つ目は「BITが値下がり、損する可能性あり」です。

 

 

ローンチプールでステーキングに利用するのは主に「BIT」ですが、そもそもステーキング期間中にBIT自体が購入価格より下落する可能性があります。

 

 

実際、BITの価格は仮想通貨の地合いの悪さも相まって、右肩下がりの傾向にあります。

 

 

 

高値圏でBITを購入してしまった場合、BITをステーキングする事でもらえるトークン価格が上昇して利益が出ても、BITの下落による損失で相殺されるというケースもあります。

 

一方、BITを安い時期に仕入れておけば、将来実施される「ローンチプール」や「ローンチパッド」には参加しやすくなるとも考えられるます。

 

BITの仕入れ時期については注意しましょう。

 

>>>BitDAOの買い方を画像付きで徹底解説~Bybit主導DAOプロジェクト発のガバナンストークン~

関連記事

BitDAOが話題になっているけど、上場はいつ?上場先はどこなの? BitDAOトークンはどの取引所で買える? BitDAOの買い方の具体的な手順を知りたいな そんな疑問に答えます。&n[…]

Bit DAOの買い方を画像付きで徹底解説 ~By bit主導DAOプロジェクトのガバナンストークン~

Bybitのローンチプールのやり方を徹底解説【デメリット/メリットも紹介】まとめ:

Bybitのローンチプールのやり方を徹底解説【デメリット/メリットも紹介】というタイトルで紹介してきました。

 

 

簡単に振り返っていきましょう。

 

 

Bybitローンチプールのメリット・デメリットは以下の通り。

 

メリットデメリット
BITをステーキングするだけ新しいトークンがもらえるステーキング対象通貨はほぼ「BIT」
取引所上場前に新トークンを入手できるため、キャピタルゲインを得られる可能性が高い複利運用はできない
ステーキングはいつでも解除できるローンチプールの開催は不定期

 

Bybitローンチプールは非常に簡単に参加できます。

 

  1. Bybitに口座を開設する
  2. BITを購入する
  3. BITをステーキングして新しいトークンをもらう

 

Bybitのローンチプールを上手く活用する事で、ノーリスクで新しいトークンをもらっていきましょう。

 

 

Bybitには、ローンチプールの他にも「ローンチパッド」と言って、Bybitで独自に行われるIEOのような事も行われています。

 

 

こちら先行者利益を得ていく為には要チェックのイベント/サービスですよ。

 

>>>Bybitのローンチパッドの参加方法|やり方を解説【先行者利益を得ていこう】

関連記事

Bybitのローンチパッドって何? Bybitのローンチパッドに参加する方法を知りたい Bybitローンチパッド参加にあたって注意点はある? そんな疑問に答えます。 &[…]

By bitのローンチパッドの参加方法|やり方を解説 【先行者利益を得ていこう】

 

以上、Bybitのローンチプールのやり方を徹底解説【デメリット/メリットも紹介】でした!!

By bitのローンチプールのやり方を徹底解説 【デメリット/メリットも紹介】
↓↓「この記事読んで良かったな」という方↓↓