【オリエンタルホテル東京ベイ】ブログ宿泊記2021 ~子連れディスニー宿泊のファーストチョイス~

  • 2021年12月31日
  • 2021年12月27日
  • LIFE

東京ディズニーランドへ遊びに行く前に前泊でオリエンタルホテル東京ベイに2021年12月に宿泊しました。

 

 

普段は米国株仮想通貨など、投資関連の記事をメインで投稿しているのですが、リゾナーレ八ヶ岳箱根水の音同様に想像以上に満足度が高かった為、宿泊記録をブログ記事に残しておきたいと思い、本記事を書いています。

 

関連記事

リゾナーレ八ヶ岳には息子達の誕生日記念旅行として、2021年6月に2泊3日で遊びにいきました。  想像以上に満足度が高かった為、リゾナーレ八ヶ岳の旅の記録をブログ記事に残しておきたいと思い、本記事[…]

【リゾナーレ八ヶ岳】ブログ旅行記 ~子連れ家族にとって最高の2泊3日ステイ~

 

 

子供が生まれて以降、東京ディズニーリゾートに遊びに行く際には前泊しており、東京ディズニーリゾート・オフィシャルホテルである「シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル」にも子連れで宿泊した事がありますが、オリエンタルホテル東京ベイの方が圧倒的に過ごしやすかったです。

 

 

ついんず

周辺環境が充実していたのもポイントが高いですね

 

 

本記事では、「我が家が滞在した際の簡単なスケジュール」や「オリエンタルホテル東京ベイが子連れ宿泊に最高な理由」について、写真付きで紹介していきます。

 

 

本記事がこれから子連れでのディズニー旅行を検討している人の参考になれば幸いです。

 

 

【オリエンタルホテル東京ベイ】ブログ宿泊記2021 ~子連れディスニー宿泊のファーストチョイス~

【オリエンタルホテル東京ベイ】ブログ宿泊記2021 1泊2日宿泊素泊まり

【オリエンタルホテル東京ベイ】ブログ宿泊記2021 1泊2日宿泊素泊まり

東京ディズニーリゾート®・パートナーホテルである「オリエンタルホテル 東京ベイ」には、2021年にディズニーランドへ遊びに行く前に前泊しました。

 

 

宿泊プラン&概要は以下の通りです。

 

 

部屋タイプ【家族のためのお部屋!Kiddy Sweet】ミルフィユ(42㎡)[禁煙]
プラン名【じゃらん限定◆スペシャルオファー】お部屋無料アップグレード☆ベビーズ&キディスイート 素泊り
宿泊人数大人2名 子供2名(未就学)
宿泊料金16,600円

 

 

子連れなので、ママの声から生まれた子連れ旅行にやさしいコンセプトフロアの「キディスイート」一択。

 

 

ついんず
1ヶ月ほど前にじゃらん経由で申し込みました

 

 

宿泊感想を一言で言うと、「立地・コスパ・過ごしやすさ」全てがバランス良く満たされた最高のホテルでした。

 

 

オリエンタルホテル東京ベイの公式ホームページにも書いてある通りの最高の環境です。

 

赤ちゃんや、未就学の子ども連れ専用の客室とフロアが用意された、ファミリーゲストをやさしくサポートしてくれるシティリゾートホテル。ファミリーはもちろん、1室6名まで泊まれる客室や、洗練されたインテリアで落ち着いた雰囲気の部屋など、女性グループやカップル向けにも、バラエティあふれるさまざまな客室がそろっています。さらに、ホテルとパークを結ぶ無料シャトルバスも多く、JR新浦安駅に直結しているので、アクセスも抜群です。

<オリエンタルホテル東京ベイ>

 

 

オリエンタルホテル東京ベイは、ゴージャス感やラグジュアリー感を求める人には向いていませんが、子連れ家族がディズニーに遊びにいく前後に宿泊するならベストチョイスになるホテルとして、本当にオススメできます。

 

 

そのあたりの理由について、滞在スケジュールを簡単に紹介した後に詳しく紹介していきます。

 

【オリエンタルホテル東京ベイ】ブログ宿泊記2021 1泊2日滞在スケジュール

【オリエンタルホテル東京ベイ】ブログ宿泊記2021 1泊2日滞在スケジュール

オリエンタルホテル東京ベイ、ブログ宿泊記2021というタイトルの記事なので、滞在スケジュールを簡単に紹介します。

 

 

1泊2日は以下のように過ごしました。

 

時間スケジュール
1日目13:00オリエンタルホテル東京ベイに荷物を預ける
13:30~ランチ@新浦安駅付近
14:30~交通公園で遊ぶ
16:30オリエンタルホテル東京ベイにチェックイン
18:00ディナー@Chineess Tableビュッフェ / オリエンタルホテル東京ベイ
2日目8:45チェックアウト(ノンストップチェックアウト)
9:15~東京ディズニーランド入園

 

 

宿泊当日は13時過ぎに新浦安駅に到着し、まずは駅北口と直結しているホテルへスーツケースを預けにいきました。

 

 

 

チェックインは15時以降だったので、スーツケースはフロントと同フロアの「Baggage Space」へ

 

<オリエンタルホテル東京ベイのBaggage Space>

 

荷物を預けた後は、ホテルと反対側にある駅の南口で昼食を取り、チェックインの時間まではホテルから徒歩8分ほどの場所にある「交通公園」で遊びました。

 

 

交通公園は、公園というよりは「遊園地と動物園、水族館が融合した複合施設」みたいな感じで、以下のアクティビティが全て無料で楽しめます。

 

  • ポニー乗馬
  • ミニ水族館
  • 4人乗りゴーカート
  • 1人用ゴーカート
  • 自転車(三輪車)
  • バッテリーカー
  • 動物ふれあい

 

など、「無料」なのが信じられないぐらい子供と一緒に大人も楽しめるレジャースポットなので、本当にオススメです。

 

 

交通公園で遊び疲れてしまうと翌日のディズニーに響くので、16時過ぎにオリエンタル東京ベイへ。

 

 

キディスイート専用カウンターの「ママーズデスク」で

 

  • チェックイン
  • 精算
  • 絵本とプラネタリウムをレンタル

 

 

を済ませた後、アメニティステーション『TIROIR』でアメニティを調達し、キディスイート専用フロア12Fの部屋へ。

 

 

 

部屋の扉を開けると待っていたのは、想像以上の空間でした。

 

 

<オリエンタルホテル東京ベイ:キディスイート ミルフィユの内観>

 

ついんず

「子供目線で設計された室内の安全性・広さ・清潔感・眺望」、全て満足いく部屋でした

 

 

そして、夕飯は事前に予約していた中国料理 「チャイーニーズ・テーブル  オリエンタルホテル 東京ベイ」でビュッフェを楽しみ、翌日に備え早めに就寝。

 

 

翌日は、部屋で軽い朝食を食べた後、ノンストップチェックアウトですぐにディズニーへ向かいました。

(※ホテルから無料のシャトルバスが出ていますが、子供がぐずり支度に時間がかかり、電車移動しました)

 

 

オリエンタルホテル東京ベイの滞在スケジュールはこんな感じです。

 

オリエンタルホテル東京ベイが子連れ宿泊に最高な理由

オリエンタルホテル東京ベイが子連れ宿泊に最高な理由

 

オリエンタルホテル東京ベイが子連れ宿泊に最高な理由は以下の4つです。

 

  1.  子供が本当に安全に過ごせる部屋
  2.  子供用の荷物は必要最小限でOK
  3.  ノンストップチェックアウト
  4.  充実した周辺環境

 

順番に見ていきましょう。

 

オリエンタルホテル東京ベイが子連れ宿泊に最高な理由①: 子供が本当に安全に過ごせる部屋

オリエンタルホテル東京ベイが子連れ宿泊に最高な理由1つ目は、「子供が本当に安全に過ごせる部屋」です。

 

 

今回宿泊した【家族のためのお部屋!Kiddy Sweet】ミルフィユ(42㎡)は、ママの声から生まれた4~6歳までの子供が楽しく過ごせるコンセプト「キディスイート」のうちの1つ。

 

 

特に以下の4点が個人的にはポイントが高かったです。

 

  1. キディスイートは一般客室フロアと別のフロア(12F)にある
  2. 部屋床はカーペットではなく、程よく弾力があるコルク床が使用されているので、靴を脱いで室内を自由に歩き回れるし、子供が走り回って転んでもケガの心配がない
  3. ベッドは「ローベット」なので床との距離が近く、子供がベッドから落下する心配をせず安心して添い寝できる。しかも、横長ベッドなので大人も広々休める
  4. 室内は子供目線で設計。部屋内の家具の角はすべて排除され、子供の安全性が最大限配慮されている

 

 

ついんず

カーテンでベッドとリビングスペースを仕切れるのも良かった

 

オリエンタルホテル東京ベイは、大人も子供も安心して、自宅のようにリラックスして過ごせる環境なのは間違いありません。

 

オリエンタルホテル東京ベイが子連れ宿泊に最高な理由②: 子供用の荷物は必要最小限でOK

オリエンタルホテル東京ベイが子連れ宿泊に最高な理由2つ目は、「子供用の荷物は必要最小限でOK」です。

 

 

オリエンタルホテル東京ベイは子供向けのアメニティがめちゃくちゃ充実しているからです。

 

 

今回宿泊したキディスイートには、以下の子供用備品がありました。

 

 

  • 子供用踏み台
  • 子供用全身シャンプー(arau)
  • おむつ用ごみ箱
  • 子供用補助便座

 

 

1Fのアメニティステーション『TIROIR』で必要なアメニティを必要な数だけ調達できます。

 

 

  • 子供用パジャマ
  • 子供用歯ブラシ
  • 子供用スポンジ
  • 子供用タオル

 

<オリエンタルホテル東京ベイのアメニティラウンジ TIROIR>

 

TIROIRでは、子供用のアメニティだけでなく、入浴剤やボディタオル、緑茶やコーヒーなどを何度でも調達できます。

 

 

 

子供用の荷物は意外とかさばるので、ホテルに子供用のアメニティが揃っていると手荷物が減るのでありがたい配慮です。

 

オリエンタルホテル東京ベイが子連れ宿泊に最高な理由③: ノンストップチェックアウト

オリエンタルホテル東京ベイが子連れ宿泊に最高な理由3つ目は、「ノンストップチェックアウト」です。

 

 

ついんず

少し早めに部屋を出てチェックアウトしよう思ったけど、フロントには既に他の宿泊客のチェックアウトの列が・・・うわーイライラする。。。

 

みたいな経験ありませんか?

 

 

オリエンタルホテル東京ベイのチェックアウトはこんな心配は一切不要です。

 

 

ついんず
ノンストップチェックアウトだからです!!

 

 

一般的に、チェックアウトの際にはカードキーをホテルフロントに持っていき、精算手続きを行います。ただ、オリエンタルホテル東京ベイではチェックインの際に予め精算しておくので、チェックアウトの際には以下のカードを室内のドアノブにかけておくだけで終了します。

 

 

 

 

ついんず

カードキーは室内のホルダーに差し込んでおくだけでOKです。

 

 

本当に部屋を出るだけでチェックアウトできたので感動しました。

 

 

チェックアウト時の手続きや他の宿泊客のチェックアウトを待つ時間が大幅に短縮されるので、オリエンタルホテル東京ベイのノンストップチェックアウトは他のホテルでも導入して欲しいレベルです。

 

 

オリエンタルホテル東京ベイが子連れ宿泊に最高な理由④: 充実した周辺環境

オリエンタルホテル東京ベイが子連れ宿泊に最高な理由4つ目は、「充実した周辺環境」です。

 

 

オリエンタルホテル東京ベイは、新浦安駅直結で徒歩1分ほどの場所にあるだけでなく、飲食店やコンビニ、公園などの周辺環境も充実しています。

 

新浦安駅南口には

 

  • アトレ
  • イオン
  • コメダ珈琲

 

などがあり、新浦安駅北口には

 

  • コンビニ(LAWSON@ホテル内、NEWDAYS@新浦安駅)
  • 若潮公園・交通公園

 

があり、徒歩圏内で買い物や時間つぶし、ちょっとした休憩ができるスポットがあるので便利です。

 

 

個人的には、本記事の滞在スケジュールで紹介した「交通公園」の存在が大きいですね。

 

オリエンタルホテル東京ベイの口コミ~ブログ記事執筆にあたり振り返ってみた~

オリエンタルホテル東京ベイの口コミについて、ブログ記事執筆にあたり改めてTwitterから拾ってみました。

 

 

実際に宿泊した後に口コミを見ても、全て「そうそう、本当にその通り」と思えるポジティブな口コミが多かったです。

 

 

 

 

 

子連れディズニー旅行で「どこに泊まろう?」と悩んでいる人は、「オリエンタルホテル東京ベイ音」を選べば失敗する事はなさそうです。

 

【オリエンタルホテル東京ベイ】ブログ宿泊記2021 ~子連れディスニー宿泊のファーストチョイス~:まとめ

【オリエンタルホテル東京ベイ】ブログ宿泊記2021として、実際に宿泊した際のスケジュールやオリエンタルホテル東京ベイが子連れ宿泊に最高の理由について紹介してきました。

 

 

オリエンタルホテル東京ベイは、まだ小さい子供連れで宿泊する場合に最高な理由は主に以下の4つです。

 

  1.  子供が本当に安全に過ごせる部屋
  2.  子供用の荷物は必要最小限でOK
  3.  ノンストップチェックアウト
  4.  充実した周辺環境

 

 

ディズニー子連れ宿泊ホテル選びに悩んでいる人がいたら、

 

 

次は、トイストーリーホテルに泊まってみたいなーと思っています。

 

 

オリエンタルホテル東京ベイ以外で、子連れ宿泊で満足度が高かったのは星野リゾート「リゾナーレ八ヶ岳」です。

 

 

子供も大人も楽しめるアクティビティが多く、シティホテルとは違ったリゾート感と満足感を味わえるので、少し値段は張りますが、お値段以上の想い出を得られるのでオススメです。

 

>>>【リゾナーレ八ヶ岳】ブログ旅行記~子連れ家族にとって最高の2泊3日ステイ~

関連記事

リゾナーレ八ヶ岳には息子達の誕生日記念旅行として、2021年6月に2泊3日で遊びにいきました。  想像以上に満足度が高かった為、リゾナーレ八ヶ岳の旅の記録をブログ記事に残しておきたいと思い、本記事[…]

【リゾナーレ八ヶ岳】ブログ旅行記 ~子連れ家族にとって最高の2泊3日ステイ~

 

 

以上、【オリエンタルホテル東京ベイ】ブログ宿泊記2021 ~子連れディスニー宿泊のファーストチョイス~でした!!

【オリエンタルホテル東京ベイ】ブログ宿泊記2021 ~子連れディスニー宿泊のファーストチョイス~
↓↓「この記事読んで良かったな」という方↓↓