量子コンピュータETF「QTUM」の特徴や構成銘柄について徹底解説~世界初の量子コンピュータETF~

  • 2022年2月22日
  • 2022年2月21日
  • US.STOCK
  • 量子コンピュータ関連企業を纏めて購入できるETFってあるの?
  • 量子コンピュータETFの構成銘柄は?どんな企業が組み入れられてるの?
  • 量子コンピュータETFはSBIや楽天などの証券会社で買える?

 

そんな疑問に答えます。

 

【想定読者】 株式投資初心者・米国株投資初心者・これから株式投資を検討している人

 

 

次世代コンピュータと呼ばれている「量子コンピュータ」。

 

 

今は「メタバース」や「NFT」ほど注目度は高くありませんが、水面下で盛り上がりを見せている次世代メガトレンドのダークホース。

 

 

その証拠にマッキンゼーのレポートによると、量子コンピュータへの投資金額が2015年から爆発的に加速しているようです。

 

<出典:Mackinsey Digital

2021年には量子コンピュータのスタートアップ企業への投資発表額は17億ドルを超え、2020年の2倍以上となっており、量子コンピュータの商用化や商業化が進むにつれて、民間資金が大幅に増加することが予想されています。

 

 

ついんず
量子コンピュータ分野に先回りして投資をしたいけど、どの企業に投資したら良いか分からないでも量子コンピュータ分野には何らかの形で投資をしておきたい

 

 

そんな人にオススメなのが「量子コンピュータ」関連銘柄を纏めて購入できるETF「QTUM(Defiance Quantum ETF)」です。

 

 

本記事では、「量子コンピュータETF「QTUM」の特徴や構成銘柄」、量子コンピュータETF「QTUM」の株価推移や購入できる証券会社について紹介します。

 

 

早速見ていきましょう。

 

 

量子コンピュータETF「QTUM」の特徴や構成銘柄について徹底解説~世界初の量子コンピュータETF~

量子コンピュータETF「QTUM」とは?

量子コンピュータETF「QTUM」とは?

<出典: Defiance>

量子コンピュータETF「QTUM」とは何でしょうか?

 

 

QTUMはDefiance社が手掛ける世界初の量子コンピュータ関連ETFで名称は「QTUM(Defiance Quantum ETF)です。

 

 

量子コンピュータETF「QTUM」の特徴を簡単に纏めると下記の通り。

 

ティッカーQTUM
上場日20218年9月4日
取引所NYSE
構成銘柄数71
経費率0.4%

 

 

量子コンピュータETFであるQTUM(Defiance Quantum ETF)は2018年9月に上場し、量子コンピュータ事業に関連する半導体やソフトウェア企業を中心に、70の個別銘柄で構成されています。

 

 

QTUMは、以下のように何らかの形で量子コンピュータに関わっている企業に分散投資されています。

 

 

  • 量子コンピュータに使用されるシステムを開発する企業
  • 量子コンピュータの材料を研究開発する企業
  • コンピュータハードウェア関連企業
  • データ接続ソリューション関連企業
  • コンピュータ冷却装置関連企業
  • 機械学習で使用するビッグデータ特化した企業

 

 

ただ、ぶっちゃけ、量子コンピュータ事業をメインストリームにした企業は多くはないので、実際のところ、QTUMはAIや機械学習、半導体などいわゆるテクノロジー銘柄に分散されています。(構成銘柄は後述します)

 

 

仮に量子コンピュータが事業として軌道に乗らなかった場合のリスクヘッジがされているので、「量子コンピュータが広く商業化される前に早期参入したい」でも「リスクヘッジ」したいという人にはおススメのETFです。

 

量子コンピュータETF「QTUM」を運用するDefiance社の特徴

<出典: Defiance>

量子コンピュータETF「QTUM」を運用するDefiance社の特徴を見ていきましょう。

 

 

Defiance社は、2018年に創業したETF運用会社で、破壊的イノベーションをリードするダイナミックなサブセクターに投資をするETFを運用、提供しています。

 

 

ついんず

キャシーウッド率いるARK社みたいなイメージです

 

 

CEOであるMatthew Bielski(ビエルスキー)は、ProShares、BlackRockなどでETFのポートフォリオアナリストとして活躍したのちにDirexionで上級副社長を務めた経歴の持ち主です。

 

 

そんなDefiance社は、今回紹介している量子コンピュータETF「QTUM」も含め今後のメガトレンドを形成していきそうな分野のETFを8つ提供しています。

 

ETF名正式名称
FIVGThe First 5G ETF
QTUMThe Next Generation of Computing
SPAKThe first SPAC ETF
HDRONext Gen Hydrogen ETF
PSYPsychedelics ETF
CRUZTravel ETF: The Defiance Hotel, Airline, and Cruise ETF
BIGYThe Big Data ETF

 

2021年12月には、NFT関連ビジネスを展開する企業に特化したETF「NFTZ(Defiance Digital Revolution ETF)」を上場したことで、注目を浴びています。

 

>>>NFTETF「NFTZ」の特徴や構成銘柄について徹底解説~インターネット以来の革命企業銘柄をまとめ買い~

関連記事

NFT関連企業を纏めて購入できるETFってあるの? NFTETFの構成銘柄は?どんな企業が組み入れられてるの? NFTETFは日本のSBIや楽天などの証券会社で買える? そんな疑問に答えます。[…]

NFTETF「NFTZ」の特徴や構成銘柄について徹底解説 ~インターネット以来の革命企業銘柄をまとめ買い~

量子コンピュータETF「QTUM」の構成銘柄は?

量子コンピュータETF「QTUM」の構成銘柄は?

<出典: Defiance>

量子コンピュータETF「QTUM」の構成銘柄について見ていきましょう。

 

 

量子コンピュータETF「QTUM」は次世代の量子コンピュータ市場を牽引する可能性がある企業約71により構成されています。

 

 

2022年2月1日時点での量子コンピュータETF「QTUM」の構成比率の高い上位20銘柄の企業をみていきましょう。

 

 

ティッカー企業名比率時価総額($)
KPN NAKON KPN NV1.92%3124026.98
ORANORANGE1.88%3061861.44
LMTLOCKHEED MARTIN CORP1.85%3005101.15
TDCTERADATA CORP DEL1.81%2949022.86
AIR FPAIRBUS GROUP SE1.77%2888177.37
RTXRAYTHEON TECHNOLOGIES CORP1.75%2849716.24
HPEHEWLETT PACKARD ENTERPRISE CO COM1.75%2856386.8
NOCNORTHROP GRUMMAN CORP1.74%2837567.92
IBMINTERNATIONAL BUSINESS MACHS COM1.71%2790736.08
BIDUBAIDU INC1.71%2790798.72
MUMICRON TECHNOLOGY INC1.66%2699801.28
2454 TTMEDIATEK INC1.65%2684455.3
9432 JPNIPPON TEL&TEL CP1.64%2677318.78
2357 TTASUSTEK COMPUTER1.61%2626366.92
TSMTAIWAN SEMICONDUCTOR MFG LTD SPONSORED ADS1.58%2570373.41
BABAALIBABA GROUP HLDG LTD1.55%2528741.25
6701 JPNEC CORP1.52%2478943.73
6503 JPMITSUBISHI ELEC CP1.52%2477490.94
6502 JPTOSHIBA CORP1.52%2467495.69
SPLKSPLUNK INC1.52%2480744.64

<出典:Defiance社 2022年2月1日時点の構成銘柄を上位順に並べ替えたもの>

 

 

IBM、台湾セミコンダクター、バイドウあたりは聞いた事がありますが、上位10銘柄はあまり馴染みのない企業ばかりなので、正直、ティッカーと企業名を見ただけではよく分かりませんw

 

 

なので、QTUMが「どんなセクターに投資をしているのか」、セクター投資の割合を確認してみましょう。

 

サブセクター構成比率
Quantum Computing Technology39.19%
Machine Learning Services21.42%
AI Chips16.51%
GPU & Other Hardware12.85%
Big Data & Cloud Computing8.60%
Quantim Computing Equip1.43%

<出典:Defiance社

 

量子コンピュータ技術、機械学習、AI、ビックデータやクラウドコンピューティングなど、次世代テクノロジーを手掛ける企業に幅広く投資されている事が分かります。

 

 

QTUMの組み入れ銘柄は6か月に一度リバランスされますが、上位20銘柄の中に、東芝やNECなどの日本企業もポートフォリオに組み込まれているのも面白いですね。

 

量子コンピュータETF「QTUM」のパフォーマンスは?

量子コンピュータETF「QTUM」のパフォーマンスとして、上場後の株価推移をみてみましょう。

 

 

量子コンピュータETF「QTUM」株価チャートは下記の通りです。

 

 

量子コンピュータ分野への期待感の高さからか、QTUMは2018年9月に上場して以降、月足で見ると右肩上がりで推移している事が分かります。

 

 

2020年、2021年のリターンは30%を超えていて、かなりのハイパフォーマンスです。

 

202020213 years
Total Return (%)42.01%35.27%31.38%

<出典:Defiance社

 

まだ商業化されていない段階でこれだけのリターンが出ているので、世間的な認知度や注目度がさらに高まり、商業化が進めばかなりの期待ができるETFです。

 

量子コンピュータETF「QTUM」が購入可能な証券会社は?

量子コンピュータETF「QTUM」が購入可能な証券会社は?

量子コンピュータETF「QTUM」が購入可能な証券会社はどこなのでしょうか?

 

 

残念ながら、量子コンピュータETF「QTUM」は「SBI証券」、「マネックス証券」、「楽天証券」などの日本の大手ネット証券では取り扱いがありません。

 

 

 

ただ、「IG証券」では量子コンピュータETF「The Next Generation Quantum Computing ETF」の取り扱いがあります。

 

 

 

 

 

ついんず

IG証券って初めて聞く名前だけでど実際どうなの?

 

 

IG証券は、日本ではあまり聞いた事がないかもしれませんが、

 

  •  ロンドンに本拠地を構える世界的に有名な金融グループであるIGグループが親会社
  •  IGグループは45年以上の歴史を持ち、世界で31万人以上のユーザーがいて、ロンドン証券取引所に上場
  •  IG証券では破壊的イノベーションETFを提供しているARK INVESTMENT社のETF(ARKK/ARKF/ARKX等)の取扱いあり

 

 

といった特徴があり、世界的に有名で国内大手証券会社では取り扱っていない銘柄を豊富に取り扱っています。

 

IG証券

 

 

量子コンピュータETF「QTUM」もそのうちの1つ。

 

 

 

資金調達金額が爆発的に増えている量子コンピュータ分野に先乗りする為に量子コンピュータETF「QTUM」を購入したい方は、口座開設を検討してみて下さい。

 

 

3分ほどで口座開設の申し込みが完了します。

 

 

▶IG証券に無料で口座開設する

 

量子コンピュータETF「QTUM」の特徴や構成銘柄について徹底解説~世界初の量子コンピュータETF~: まとめ

量子コンピュータETF「QTUM」の特徴や構成銘柄について徹底解説~世界初の量子コンピュータETF~というタイトルで紹介してきました。

 

 

簡単に振り返っていきましょう。

 

 

量子コンピュータETF「QTUM」は、Defiance社が提供している量子コンピュータ関連事業に携わる企業群により構成される世界初の量子コンピュータETF。

 

 

2018年9月に上場し、71銘柄が組み入れられています。

 

 

量子コンピュータETF「QTUM」は残念ながらSBIやマネックス、楽天証券など日本の大手証券会社での取り扱いはありませんが、IG証券なら購入が可能です。

 

 

▶IG証券に無料で口座開設する

 

 

>>>メタバースETF「META」の特徴や構成銘柄について徹底解説~次世代インターネット関連銘柄をまとめて購入できます~

関連記事

メタバース関連企業を纏めて購入できるETFってあるの? メタバースETFのMETV(旧META)構成銘柄は?どんな企業が組み入れられてるの? メタバースETFのMETV(旧META)は日本のSBIや楽天などの証券会社で買[…]

メタバースETF「META」 の特徴や構成銘柄について徹底解説 ~次世代インターネット関連銘柄をまとめて購入できます~

 

 

以上、量子コンピュータETF「QTUM」の特徴や構成銘柄について徹底解説~世界初の量子コンピュータETF~でした!!

量子コンピュータETF「QTUM」の特徴や 構成銘柄について徹底解説 ~世界初の量子コンピュータETF~
↓↓「この記事読んで良かったな」という方↓↓