転職しないリスクってあるの?~今の環境に不満があるサラリーマンは必見です~

  • 2021年6月23日
  • 2021年10月1日
  • 生活
  • 転職しないリスクって何?
  • 転職活動をする理由がよく分からない

 

そんな疑問に答えます。

 

 

想定読者:今の会社に不満を持っているけど転職経験がない人

 

 

本記事を書いている私は、20代と30代で2回の転職を経験しています。2度の転職によりいずれも年収アップを実現し、3社目となる企業では、2回の転職経験がベースとなり不満やストレスの少ないサラリーマン生活を送っています。

 

 

本記事では、転職しない場合のリスクについて詳しく解説します。

 

 

「転職したいけど、何となく転職って怖いな」「不満はあるんだけど、今の程度だったらまだ我慢できるかな」という人にとって、「転職しないリスク」について1つの意見として知ってもらうきっかけになれば幸いです。

 

 

転職経験上、確実に言えるのは「今の会社に何らかの不平不満を持っている場合、会社の外に出ない限りその不満は解消できない」という事です。

 

 

転職しないリスクってあるの?~今の環境に不満があるサラリーマンは必見です~

転職しないリスク

転職しないリスク

早速結論に入りますが、転職しないリスクを見ていきましょう。

 

転職しないリスクは主に3つです。

 

  1. 年収アップスピードが遅い
  2. 不満がなくならない
  3. いざという時に行動ができない

 

順番に見ていきましょう。

 

転職しないリスク① :  年収アップスピードが遅い

転職しないリスク1つ目は、「年収アップスピードが遅い」です。

 

今いる会社で将来どれぐらいの年収がもらえるかは、毎年の昇給額や先輩や上司の年収水準から想像できます。

 

  • 今の会社の年間昇給額はいくらですか?
  • 今の会社の10年先輩の年収はどれぐらいですか?

 

今の会社にいる以上、あなたの将来の年収はあなたの先輩や上司と同じ年収レンジに収まります。

 

 

毎年の昇給額と先輩や上司の年収水準に満足できるのであれば、転職する必要はありません。

 

 

ただ、どれだけ優秀な人でも、評価者である上司の気分や会社の都合によって、昇給や昇進が左右される事実だけは忘れてはいけません。

 

 

同時に、自分の仕事ぶりやスキル・実績は「他の会社では高く評価してくれる可能性がある」という事実もあります。

 

 

転職をすれば、今と同じ業務内容でも給与水準を大きく上げられる可能性があり、転職した後に実績を上げれば毎年の昇給額もグングン伸びていく可能性があります。

 

 

自分が納得いく年収アップをしたい場合、今勤めている会社の基準だけでなく、他の会社や市場での基準を知る事が重要です。

 

転職しないリスク② :  不満がなくならない

転職しないリスク2つ目は、「不満がなくならない」です。

 

 

転職経験者として1つ確実に言える事は、転職しないと今の環境で抱えている不満を解消する事はできないという事です。

 

 

なぜなら、今の会社の物差しやルールに縛られ続けるからです。

 

 

ついんず
今の不満は何でしょうか?

 

当時、私は少なくとも下記のような不満を抱えていました。

 

  • 年収: 上司が正当に評価してくれないから上がらない
  • 人間関係: 嫌味を言ってくる同僚、先輩との付き合いがめんどくさいし、ストレス
  • 仕事内容: 雑務ばっかりで面白味がない、他の会社で通用するのか
  • 勤務地: 往復2時間かかっていてつらい
  • キャリアプラン: 先輩を見ていても、とても希望通りのキャリア形成が望める環境にない

 

これらの不満は自分以外の他人が解消してくれる事はありません。

 

初めて転職するまでこうした事実に全く気付けませんでしたが、不満があるなら自分が行動して、自分が環境を変えるしかありません。

 

転職しないリスク③ : いざという時に行動ができない

転職しないリスク3つ目は、「いざという時に行動ができない」です。

 

 

早期希望退職者を募る企業やリストラを実施する企業が年々増えてきています。

 

 

日本の経済成長が見込めず、海外展開も厳しさを増している中で、企業体力がない企業はコストカットをせざるを得ない背景があるからです。

 

 

さらに追い打ちをかけているのが、新型コロナウイルスなどの想定外のリスクです。

 

 

飲食や観光、アパレル業界などが大きな経済的ダメージを受け、企業業績悪化に伴い、リストラやボーナスカット、年収の大幅カットなどが行われた事は記憶に新しいです。

 

 

こうしたニュースは対岸の火事ではなく、いつ自分の身に起こっても不思議ではありません。

 

 

一度でも転職経験があれば、具体的な対策や準備を行えますが、転職活動すらした事がない人は、必要な時に必要な行動を起こせなくなるリスクがあります。

 

転職しない人の割合はどれぐらい?

転職しない人の割合はどれぐらい?

先に「転職しないリスク」を見てきましたが、実際にどれだけの人がこうしたリスクを抱える可能性があるのか見てみましょう。

 

 

転職しない人の割合について、株式会社インワークス社がリクルートワークス研究所の「全国就業実態パネル調査2017」をベースに分析した内容によると、「定年まで同じ会社で働き続ける男性は32%」という結果が出ています。

 

 

言い換えると、定年までに1度は転職している人は、約70%という事になります。

 

 

具体的な数字データを見てみると、「転職経験がなく、最初に入社した会社に勤め続けている男性の割合」は下記のような結果になっています。

 

<出典:株式会社インプレス社シニアガイド >

 

20 ~ 24歳69.90%
25 ~ 29歳60.40%
30 ~ 34歳52.10%
35 ~ 39歳42.10%
40 ~ 44歳37.90%

 

男性は20代後半で40%近く、30代になると約半数近くの人が、「転職経験がある」という結果になっています。

 

 

業界や企業によって、転職者の割合の大小はあると思いますが、もはや「転職経験なしの人の方が少数派」である事が定量的に分かります。

 

 

早いうちに「転職しないリスク」を回避しておいた方が良さそうですね。

 

 

もし、あなたが今、レベルの低い職場にいる場合、転職しないリスクはさらに高くなります。

 

>>>レベルの低い職場環境の9つの特徴と辞めない場合のリスクを徹底解説!

関連記事

レベルの低い職場の特徴は? 今の環境ってやっぱりレベルが低いのかな? レベルの低い職場に居続けるとどうなるの? レベルの低い職場から抜け出すにはどうしたら良い? そんな疑問に答えます。[…]

レベルの低い職場環境の9つの特徴と 辞めない場合のリスクを徹底解説!

転職はしなくても良いが、転職活動すらした事がない状況は避けるべき

転職はしなくても良いが、転職活動すらした事がない状況は避けるべき

転職をしないリスクを紹介してきましたが、「転職をするかしないか」はじっくり考えて最終的に判断をすれば良いです。

 

 

ただ、転職はしなくても良いが、転職活動すらした事がない状況は避けるべきです。

 

 

「相場が分からず損している可能性があるから」です。

 

 

むしろ、「転職活動すらした事がない」という事が最大のリスクかもしれません。

 

 

  • 今ある会社がベストであるとは限らない
  • 転職すれば年収があがるかもしれない
  • 転職すればキャリアの幅が広がるかもしれない

 

上記のような考え方や選択肢を最初から否定して、可能性を模索しない事は自ら成長機会を狭めているのと同じです。

 

 

ここで言う、可能性の模索が転職活動です。

 

 

転職活動をした上で、「やっぱり今の会社の方が良い」という判断が下せれば、今、抱えている不満への向き合い方も変わります。

 

 

また、一度転職を経験して、自分の市場価値が分かっていれば、「いざという時にはまた転職活動すれば良い」という自信が持てるのもメリットです。

 

 

 

転職活動をした結果、「転職して新たな環境にチャレンジする」のか、「今の会社にとどまるのか」をじっくり考え抜いた上で今の会社や環境を選んでいる人と、転職活動すらせずに不満を抱えている人の心境や納得感、ストレス耐性は大きく違ってきます。

 

 

他の企業や現実を見ずに、自分の空想やイメージで判断する事だけは避けた方が良いですね。

 

転職活動なんて簡単!協力してもらえば良いだけ

転職活動なんて簡単!協力してもらえば良いだけ

転職活動をした事がない人からしたら、「転職活動なんて、めんどくさそうだし、仕事しながら活動するのは大変そう」と感じると思います。

 

 

確かに、転職活動を1人で行う場合は、かなり大変です。

 

 

協力してくれる人を探せば良いだけで、協力者となるのが転職エージェントです。

 

 

「転職エージェントをどう使いこなすか」が転職活動の成否にかかわると言っても過言ではありません。

 

 

そんな転職エージェントを利用するメリットは主に3つ。

 

  1. 自分では気づかない強みを教えてくれたり、客観的な視点でアドバイスをくれる
  2. 自分の経験や持っているスキル、強み弱みを踏まえて、個人と求人ニーズがマッチした企業情報や求人情報を提供してくれる
  3. 面接アレンジや転職時の手続きを代行してくれる

 

転職エージェントを利用すると、限られた時間の中で圧倒的に効率よく質の高い転職活動が可能になります。

 

 

しかも、無料で利用可能なので、利用しない理由はありません。

 

 

また、最低でも2~3社のエージェントを利用すると良いです。

 

 

協力者との相性もありますし、エージェントによって得意な業界や企業案件も異なるからです。

 

 

実際、私はJAC RecruitmentリクルートエージェントDODAの3社をメインに利用していました。

 

 

特におススメはJAC Recruitment求人別に担当者がついている為、各企業の状況を詳しく知る事ができるからです。

 

 

転職活動のパートナーを見つけて、リスクの最小化と利益の最大化を目指してきましょう。

 

 

>>>JAC Recruitmentに無料で登録する

 

 

それでもまだ「いきなり転職エージェントはちょっとハードルが高そう・・・」とまだ戸惑っている慎重派の人は、ミイダスを利用しましょう。

 

 

ミイダス - あなたの本当の市場価値を見いだす転職アプリ

ミイダス – あなたの本当の市場価値を見いだす転職アプリ

無料posted withアプリーチ

 

 

スマホから情報を入力するだけで、約5分で市場価値診断をしてくれます。

 

 

 

実は、ミイダスは「もしもアフィリエイト」のセルフバックがあるので、webから新規無料会員登録をするだけで500円の報酬がもらえます。

 

▶もしもアフィリエイトに登録する

 

>>>もしもアフィリエイトのセルフバックで得する方法~誰でもノーリスクで稼げます~

 

 

自分が行動しない限り、状況は変わりません。小さな1歩を踏み出しましょう。

 

転職しないリスクってあるの?~今の環境に不満があるサラリーマンは必見です~:まとめ

転職しないリスクについて、解説してきました。

 

簡単に振り返っていきましょう。

 

転職しないリスクは主に3つ。

 

  1. 年収アップスピードが遅い
  2. 不満がなくならない
  3. いざという時に行動ができない

 

ただ、転職は必ずしもする必要はありません。

 

 

避けたいのは転職活動すらした事がない状況です。

 

 

給与水準や業務内容、他の職場環境など自分が知らないだけで、「相場が分からず損している可能性があるから」です。

 

 

転職活動を通じて、求人情報や市場の相場を知る事ができると、今の会社に対する見え方や考え方も変わってきます。

 

 

転職活動は、1人でやると大変ですが、転職エージェントというパートナーを利用すれば難しくありません。

 

 

>>>転職を成功させる方法と失敗しない為の具体的ヒント【サラリーマン必読】

関連記事

転職を考えているが、失敗したくない人 今すぐの転職は考えていないが、今の会社や職場環境に少しでも不満や不安がある人 会社員で、なんとかして年収をあげたいと考えている人  そんな[…]

 

以上、転職しないリスクってあるの?~今の環境に不満があるサラリーマンは必見です~でした!!

転職しないリスクってあるの? ~今の環境に不満があるサラリーマンは必見です~
↓↓「この記事読んで良かったな」という方↓↓