【米国株】バリュー株投資とは?~オススメのバリュー株銘柄も紹介します~

  • バリュー株って何?
  • 米国株のバリュー株でオススメの銘柄、今後に期待できる銘柄を知りたいな。

 

そんな疑問に答えます。

 

【想定読者】 株式投資初心者・米国株投資初心者・これから株式投資を検討している人

 

 

本記事では、「米国株式投資におけるバリュー株とは何か」、「バリュー株のメリット・デメリット」や「米国株のバリュー株でおすすめの銘柄」を紹介します。

 

 

本記事を読む事で、バリュー株の特徴が分かり、自身の米国株式への投資スタンスを考える事ができます。

 

【米国株】バリュー株投資とは?~オススメのバリュー株銘柄も紹介します~

【米国株】バリュー株とは?

【米国株】バリュー株とは?

 

 

そもそもバリュー株とは何でしょうか?

 

 

簡単に言うと、企業価値に比べて株価が割安放置されている銘柄の事、本来の企業価値よりも株価が安い状態の銘柄の事をバリュー株と呼んでいます。

 

 

また、バリュー株へ投資する行為をバリュー投資と呼んでいますが、大和証券のHPを見ると、バリュー投資は下記のように定義されています。

 

 

株価の割安な銘柄に投資する手法。一般的には、株価収益率(PER)や株価純資産倍率(PBR)が市場平均より低いことなどを判断基準とします。「バリュー投資」「割安株投資」ともいいます。(出典:大和証券)

 

 

マーケティング用語に製品の成長曲線を示すPLC(プロダクトライフサイクル)という言葉があります。

 

 

PLCでは、製品のライフサイクルは導入期・成長期・成熟期・衰退期という4つのフェーズに分かれますが、極端に言えばPLCの成熟期・衰退期にあたる企業がバリュー株です。

 

 

バリューの反対がグロースです。

 

 

グロース投資の別名は成長投資で、本来の企業価値よりも企業のバリュー(価値)が割安に放置されている企業への投資の事を指します。

 

 

例えば、テスラ(TSLA)やクラウドストライク(CRWD)、ニオ(NIO)など、IPOしたばかりの企業で、中長期的に大きく成長する可能性の高い企業がグロースに分類されます。

 

>>>【米国株】グロース株投資とは?~今後も成長期待ができるグロース株銘柄も紹介します~

関連記事

グロース株って何? 米国株のグロース株でオススメの銘柄、今後に期待できる銘柄を知りたいな。 グロース株のおすすめの買いタイミングは? グロース株の購入時の注意点は? そんな疑問に答えます。[…]

 

個別株への投資には、大きくグロース株投資とバリュー株投資がありますが、バリュー株投資にはどのようなメリットデメリットがあるのでしょうか?

 

【米国株】バリュー株のメリット/デメリット

【米国株】バリュー株のメリット/デメリット

米国株投資におけるバリュー株のメリットとデメリットをみてみましょう。

 

 

まずはメリットからみていきます。

 

【米国株】バリュー株のメリット①: 短期的な株価の動きを気にしなくて良い

米国株のバリュー株におけるメリット1つ目は「短期的な株価の動きを気にしなくて良い」です。

 

 

言い換えると、バリュー株への投資は長期間安定した投資を可能にしてくれます。

 

 

例えば、まだIPOをしたばかりのグロース株へ投資する場合、3ヶ月に1回訪れる決算結果がコンセンサス予想を1度でも下回ると、株価へのネガティブインパクトが大きくなります。

 

 

反対に、バリュー株の場合、既に企業の長年の実績と信頼があるので、1度や2度決算が多少悪かったとしても、そこまで株価に影響はでません。

 

 

世の中のトレンドに逆行し、今後明らかに淘汰されそうな事業を展開しているバリュー株への投資を避ければ、基本的には短期的な株価の値動きを気にする事なくホールドできます。

 

【米国株】バリュー株のメリット②: 配当(インカムゲイン)が得られる

米国株のバリュー株におけるメリット2つ目は「配当(インカムゲイン)が得られる」です。

 

 

バリュー株に該当する企業の多くは、事業サイクルの中で利益を回収する段階にあります。

 

 

これから事業を成長させる為に積極的な投資が必要なグロース株と異なり、バリュー株は既に事業で得た利益を「配当」という形で株主に還元する為、投資家は年率数%のインカムゲイン(配当)という果実を得られます。

 

 

得られた配当を再投資する事で資産を増やす方法を取るスタイルの投資家は少なくないです。

 

 

保有株の配当実績やスケジュールなどの情報管理はスマホアプリで手間と時間をかけずに行いましょう。

カビュウ - 株式投資管理・分析アプリ

カビュウ – 株式投資管理・分析アプリ

無料posted withアプリーチ

 

>>>カビュウ:米国株投資するなら必須のアプリ~一度利用したら手放せない魅力を紹介します~

関連記事

カビュウアプリって便利なの?使いやすいの? カビュウのアプリは米国株に対応している? カビュウはSBI証券や国内証券会社に対応してるの? カビュウアプリは無料で使える?有料? そんな疑問にまと[…]

カビュウ:米国株投資するなら必須のアプリ ~一度利用したら手放せない魅力を紹介します~

 

次に、デメリットを見ていきます。

 

【米国株】バリュー株のデメリット①: 短期間で稼ぐのが難しい

米国株のバリュー株におけるデメリット1つ目は「短期間で稼ぐのが難しい」です。

 

 

バリュー株に分類される企業は既に成熟しており、高い成長率は見込みにくい事から、株価の上昇率も限定的になりがちです。

 

 

よって、グロース株のように株価が2倍、10倍といったような株価の上昇やそれに伴うキャピタルゲインを大きく得る事は難しいです。

 

【米国株】バリュー株のデメリット②: 株価下落に歯止めがかからない可能性あり

米国株のバリュー株におけるデメリット2つ目は「株価下落に歯止めがかからない可能性あり」です。

 

 

バリュー株は基本的に過去に流行った銘柄が多く、銘柄によっては手掛けている事業が既に時代遅れとなっている企業も含まれます。

 

 

いわゆる昔は”旬”だった銘柄です。

 

 

そういう銘柄の場合、株価が過去の高値から大きく下落しており、チャート的に割安に見えたとしてしても底値がどこになるかを見極めるのは困難です。

 

 

下記の画像は、私が実際にエクソンモービル(XOM)の株を購入したタイミング(IN)と売却したタイミングの履歴です。

 

 

長期的にみて、割安の価格帯だと思って3回、ナンピン買いをしましたが、そこからさらに株価は下落しました。

 

 

バリュー株投資家は、株価がいつまで下落し続けるか分からない株をホールド、ナンピン買いしていく強い精神力と忍耐力が求められます。

 

 

ちなみに、上記のチャートはカビュウ(KAVIE)というスマホアプリで利用可能です。自分の売買タイミングの判断を振り返って分析できるので、非常に便利なアプリです。

カビュウ - 株式投資管理・分析アプリ

カビュウ – 株式投資管理・分析アプリ

無料posted withアプリーチ

 

>>>カビュウ:米国株投資するなら必須のアプリ~一度利用したら手放せない魅力を紹介します~

関連記事

カビュウアプリって便利なの?使いやすいの? カビュウのアプリは米国株に対応している? カビュウはSBI証券や国内証券会社に対応してるの? カビュウアプリは無料で使える?有料? そんな疑問にまと[…]

カビュウ:米国株投資するなら必須のアプリ ~一度利用したら手放せない魅力を紹介します~

 

【米国株】バリュー株のおすすめ銘柄

【米国株】バリュー株のおすすめ銘柄

【米国株】バリュー株のおすすめ銘柄を3つ紹介します。

 

  1. エクソンモービル(XOM)
  2. ギリアドサイエンシズ(GILD)
  3. ロイヤリティファーマ(RPRX)

 

順番に見ていきます。

 

【米国株】バリュー株のおすすめ銘柄①: エクソンモービル(XOM)

 

米国株のバリュー株でおすすめの銘柄1つ目は、「エクソンモービル(XOM)」です。

 

 

エクソンモービル(XOM)は、1999年にエクソン社がモービル社を吸収合併したことで誕生した石油や天然ガス事業などを手掛ける米国総合エネルギー企業。

 

 

世界200ヵ国以上で事業を展開し、シェブロンやロイヤルダッチシェルの「石油メジャー」の中でも最大手企業であり、スーパーメジャー企業です。

 

 

下記がエクソンモービル(XOM)の直近5年間のチャートです。

 

 

近年、株価は右肩下がりで冴えず、2020年には大きく下落している為、2020年以前に購入している人は大きな含み損を抱えている状況です。

 

 

エクソンモービル(XOM)はいわゆる米国株高配当銘柄の1つで、配当利回りは6~8%となっており、インカムゲインを重視している投資家からすれば、魅力的な投資先の1つになります。

 

 

2020年のコロナショックにより、エネルギー各社の業績悪化が見られる中、エクソンモービル(XOM)は減配せず、現状の配当水準を維持している点も安心できるポイントです。

 

【米国株】バリュー株のおすすめ銘柄②: ギリアドサイエンシズ(GILD)

米国株のグロース株でおすすめの銘柄2つ目は、「ギリアドサイエンシズ(GILD)」です。

 

 

ギリアドサイエンシズ(GILD)は、2020年に新型コロナウイルスの治療薬「レムデシビル」の開発で注目された米大手製薬企業です。

 

 

「レムデシビル」は、2020年10月にFDA承認を取得し、トランプ前米国大統領にも投与された事で話題を呼びました。

 

 

一方で、2020年は新型コロナウイルスの影響で、ロックダウンによる外出禁止や感染リスクを恐れて病院へ行く人が減った事で、主力のHVI製品の売上が当初の期待以上に伸びず業績が少し伸び悩みました。

 

 

よって、2020年は「レムデシビル」への期待感から前半は株価が好調に推移し、一時$84台に到達しましたが、後半は大きく低迷し、$57台まで落ち込みました。

 

 

ただ、ワクチン接種が普及し、経済が急回復している局面においては、主力のHVIの売上も戻ってくる事が予想できる為、株価の戻りも期待できます。

 

 

しかも、ギリアド(GILD)株は年間配当利回りが約3%~4%と高配当銘柄に分類されます。

 

 

仕込むタイミング次第では、キャピタルゲインとインカムゲインの両取りができる可能性もありますね。

 

 

>>>ギリアド(GILD)は買いか?【米製薬大手 2020年Q2決算発表】

関連記事

本記事では、ギリアド・サイエンシズ(GILD)について、私が調べた情報を備忘目的で記事に纏めています。  【想定読者】 株式投資初心者・米国株投資初心者・これから株式投資を検討している人 […]

 

【米国株】バリュー株のおすすめ銘柄③: ロイヤリティファーマ(RPRX)

米国株のバリュー株でおすすめの銘柄3つ目は、ロイヤリティファーマ(RPRX)です。

 

 

ロイヤリティファーマ(RPRX)は1996年に設立され、15年近い歴史ある新薬特許ビジネスを行っている米国企業です。

 

 

2020年6月にIPOでナスダックに上場し、当時は最大規模の時価総額を記録し、話題を呼びました。

 

 

IPO時点で収益の黒字化を達成しているキャッシュリッチ企業なので、IPO直後から「配当」を出すという偉業を達成しています。

 

 

しかも、IPO後の決算は全て危なげなくクリアし、将来の収益を生み出す新薬特許を計画的に取得し、ポートフォリオを順調に拡大させています。

 

 

ロイヤリティファーマは、最近IPOしたばかりの銘柄なのでこれから成長していくグロース株としての側面もありますが、どちらかというとバリュー企業並みの安定感の方が強い企業です。

 

 

それはロイヤリティファーマの株価の動きが物語っています。

 

 

IPO後、ロイヤリティファーマの1年間の株価は一定水準のレンジ相場を形成し、大きく飛び立っていない状況です。

 

 

ただ、ロイヤリティファーマは四半期毎に配当というインカムゲインの果実を得られるので、着実な配当投資もでき、中長期的にははテンバガーも狙える可能性がある銘柄の1つなので、これからに期待です。

 

 

>>>ロイヤリティファーマ(RPRX)の魅力【米国株の2020年IPO優良銘柄】

関連記事

ロイヤリティファーマはどんな会社? ロイヤリティファーマはどんな強みや魅力がある? ロイヤルティファーマのIPO情報は? 本記事では、米国で2020年にIPOされたロイヤリティファーマ(RPRX[…]

ロイヤリティ・ファーマサムネイル

 

【米国株】バリュー株投資とは?~オススメのバリュー株銘柄も紹介します~: まとめ

【米国株】におけるバリュー株投資について、紹介してきました。

 

 

簡単に振り返っていきましょう。

 

 

バリュー株とは、企業価値に比べて株価が割安放置されている銘柄の事、本来の企業価値よりも株価が安い状態の銘柄の事を指します。

 

 

米国株のバリュー株は、短期的な株価の動きを気にぜす、配当(インカムゲイン)を得られる利点がある一方で、短期間で大きく利益を出す事が難しく、企業によっては株価下落に歯止めがかからなず底が読みにくいというデメリットがあります。

 

 

バリュー株投資家の場合は、配当というインカムゲインを重視する傾向にあります。

 

 

連続増配高配当株への投資を通して、年数%の配当を受け取り、その配当を次の投資の原資にしているケースがほとんどです。

 

 

「もう少し詳しく米国株の高配当投資を知りたい」という人は、一度、下記の書籍を読んでみてください。バリュー株投資について簡単に分かりやすく纏められています。

 

 

 

「もう少し短期間で大きく稼ぎたい」「キャピタルゲインを目的に米国株投資をしたい!」という人は、グロース株をオススメします。

 

 

>>>【米国株】グロース株投資とは?~今後も成長期待ができるグロース株銘柄も紹介します~

関連記事

グロース株って何? 米国株のグロース株でオススメの銘柄、今後に期待できる銘柄を知りたいな。 グロース株のおすすめの買いタイミングは? グロース株の購入時の注意点は? そんな疑問に答えます。[…]

 

自分自身の米国株への投資スタンスを見極めて長く資産運用をしていきたいですね。

 

 

以上、【米国株】バリュー株投資とは?~オススメのバリュー株銘柄も紹介します~でした!!

【米国株】バリュー株投資とは? ~オススメのバリュー株3銘柄も紹介します~
↓↓「この記事読んで良かったな」という方↓↓