【米国株】グロース株投資とは?~今後も成長期待ができるグロース株銘柄も紹介します~

  • グロース株って何?
  • 米国株のグロース株でオススメの銘柄、今後に期待できる銘柄を知りたいな。

 

そんな疑問に答えます。

 

【想定読者】 株式投資初心者・米国株投資初心者・これから株式投資を検討している人

 

本記事では、「米国株式投資におけるグロース株とは何か」、「グロース株のメリット・デメリット」や「米国株のグロース株でおすすめの銘柄」を紹介します。

 

 

本記事を読む事で、グロース株の特徴が分かり、自身の米国株式への投資スタンスを考える事ができます。

 

【米国株】グロース株投資とは?~今後も成長期待ができるグロース株銘柄も紹介します~

【米国株】グロース株とは?

【米国株】グロース株とは?

そもそもグロース株とは何でしょうか?

 

 

簡単に言うと、まだあまり世間に認知されていないけれども、これから大きく伸びる可能性がある企業の株の事をグロース株と呼んでいます。

 

 

また、グロース株へ投資する行為をグロース投資と呼んでいますが、大和証券のHPを見ると、グロース投資は下記のように定義されています。

 

 

グロース投資は、企業の成長性や将来性に着目し、業績の伸びが期待できる銘柄に投資する手法。「成長株投資」「グロース株投資」ともいいます。(出典:大和証券)

 

 

マーケティング用語に製品の成長曲線を示すPLC(プロダクトライフサイクル)という言葉があります。

 

 

PLCでは、製品のライフサイクルは導入期・成長期・成熟期・衰退期という4つのフェーズに分かれますが、極端に言えば、PLCの導入期・成長期にあたる企業がグロース株です。

 

 

グロースの反対がバリューです。

 

 

バリュー投資の別名は割安投資で、本来の企業価値よりも企業のバリュー(価値)が割安に放置されている企業への投資の事を指します。

 

 

例えば、マクドナルドやジョンソンエンドジョンソン、コカ・コーラなど、既に大衆に認知されている企業への投資の多くはバリュー株投資に該当し、PLCにおいては成熟期・衰退期に該当します。

 

 

企業の今後の成長に期待をして投資をする事で、恩恵を受けられるのがグロース株投資の醍醐味になります。

 

【米国株】グロース株のメリット/デメリット

【米国株】グロース株のメリット/デメリット

米国株投資におけるグロース株のメリットとデメリットをみてみましょう。

 

 

まずはメリットからみていきます。

 

【米国株】グロース株のメリット①:大きな利益が期待できる

米国株のグロース株におけるメリット1つ目は「大きな利益が期待できる」です。

 

 

PLCの導入期・成長期に投資ができれば、企業の成長と共に大きな利益、すなわちキャピタルゲインを得られる可能性が高まります。

 

 

例えば、Amazon(アマゾン)は1997年5月に1.73ドルで上場しています。当時はアマゾンもグロース株だったわけですが、2021年時点での株価は$3400前後となっています。

 

 

1997年にAmazon株を購入できなかったとしても、早い段階でamazonに投資し、長期保有していれば大きなキャピタルゲインを得る事ができています。

 

【米国株】グロース株のメリット②:短期的に稼げる可能性がある

米国株のグロース株におけるメリット2つ目は「短期的に稼げる可能性がある」です。

 

 

今後、世の中のトレンドになりそうな分野で強みを持っている企業は、注目が集まれば株価が急騰するからです。

 

 

例えば、電気自動車(EV)は、2030年までに世界主要各国がガソリン車からEV車への切り替えを宣言している事からも、投資家の注目が集まっている分野の1つです。

 

 

そんなEV市場において圧倒的な知名度と存在感があるのは米国TSLAですが、中国EVメーカーのNIOは2020年に一気に注目が集まり、2020年の株価は最安値付近の3ドル台から最高値60ドル近くまで急騰する動きを見せています。

 

 

次に、デメリットを見ていきます。

 

【米国株】グロース株のデメリット①:ポジションを持つタイミングが難しい

米国株のグロース株におけるデメリット1つ目は「ポジションを持つタイミングが難しい」です。

 

 

例えば、ヴァージンギャラクティック(SPCE)という次世代トレンドとして注目を浴びている宇宙関連分野で一般人を宇宙旅行に連れていくサービスの提供を手掛けてる企業があります。

 

 

>>>ヴァージンギャラクティックの株価高騰!!ARKXへの採用期待?【宇宙関連株に注目】

関連記事

本記事は、私自身が米国株投資を行う中で、新たに学んだ内容や当時の状況について記録する事を目的として纏めています。 【想定読者】 株式投資初心者・米国株投資初心者・これから株式投資を検討している人 […]

ヴァージンギャラクティックの株価高騰!!ARKXへの採用期待?

 

 

SPCEは将来的な需要や潜在ポテンシャルの高いビジネスを手掛けている事に変わりないのですが、テストフライトの遅延を数回発表しており、その度に株価は下落しています。

 

 

導入期の段階にある企業の株価は、ネガティブなニュース1つで、大きく下落するリスクが高い為、新規にポジションを立てるタイミングが難しいです。

 

 

尚、SPCEは2021年5月にテストフライト成功のニュースがあり、株価は上昇しています。

 

【米国株】グロース株のデメリット②:成長し続けるかを予測する事が難しい

米国株のグロース株におけるデメリット2つ目は「成長し続けるかを予測する事が難しい」です。

 

 

例えば、先程のヴァージンギャラクティック(SPCE)は、2021年時点ではまだテストフライトを行っている段階で、「一般人を宇宙旅行に連れてくサービスを本当に実現できるかどうか」については、現時点では誰も分かりません。

 

 

サービスを開始していないので、当然、売上は立っておらず、現時点ではビジネスとして成り立っていない状況です。

 

 

グロース株の多くは、売上の成長率は高くても、利益は赤字である事が多いです。経営のハンドリングを1つ間違えば、キャッシュ不足で倒産するリスクも抱えています。

 

 

そうした企業を信じて、投資し続ける事は簡単なできる事ではありません。

 

【米国株】グロース株選定のポイント

【米国株】グロース株選定のポイント

米国株のグロース株を選定する際のポイントは「決算結果」です。

 

 

上場して間もない企業が、3ヶ月毎に訪れる決算をクリアできるかどうかは極めて重要です。

 

 

具体的には「売上」と「EPS」の結果がマーケットのコンセンサス予想をクリアし続ける事ができるかが重要になってきます。

 

 

例えば、IPOして最初の決算をクリアできない企業は投資家の信用を大きく失い、信頼の回復に時間がかかります。つまり、株価が上昇する力強さを取り戻すまで時間がかかる可能性が高くなります。

 

 

逆に、コンセンサス予想という市場の期待値を常に上回り続ける事ができる企業であれば、今後の将来性や株価上昇に期待が持てます。

 

>>>米国株の決算は個人投資家にとって「最重要材料」である理由

関連記事

米国株の決算は投資判断をする上でなぜ重要なのか? そんな疑問に答えます。 本記事では、私自身が米国株投資を行う中で、「過去に抱いていた疑問」や「今後の投資判断において非常に重要だ」[…]

 

【米国株】グロース株のおすすめ銘柄

【米国株】期待のグロース株4選

【米国株】グロース株のおすすめ銘柄、個人的に今後に期待しているグロース株4選を紹介します。

 

独断と偏見で選んだ米国株で期待のグロース株は下記の4つです。

 

  1. クラウドストライク(CRWD)
  2. NIO
  3. ドラフトキングス(DKNG)
  4. ARKK

 

順番に見ていきます。

 

【米国株】グロース株のおすすめ銘柄①:クラウドストライク(CRWD)

米国株のグロース株でおすすめの銘柄1つ目は、クラウドストライク(CRWD)です。

 

 

クラウドストライク(CRWD)は、2019年にナスダック市場に上場したセキュリティプラットフォーム企業です。

 

 

年々、クラウドベースのサービスが存在感を強めていましたが、新型コロナウイルスにより、あらゆるもののクラウド化が急激に加速しました。

 

 

クラウドストライクは、エンドポイントセキュリティ市場をリードしている次世代破壊的イノベーションカンパニーとして知名度をあげており、書籍2025年を制覇する破壊的企業にも取り上げられています。

 

 

また、上場して以来、一度も決算をミスしていない超優秀な企業です。

 

 

クラウドストライク(CRWD)について、詳しくは下記の記事に纏めています。

 

>>>クラウドストライク(CRWD) の強みと2021年第3四半期決算結果 ~素人でも凄さが分かる優良銘柄の特徴を解説~

関連記事

クラウドストライクの強みは? クラウドストライク(CRWD)の決算結果は? クラウドストライク(CRWD)の決算前後の株価推移は? そんな疑問に答えます。 本記事では、[…]

クラウドストライク(CRWD) の強みと 2021年第3四半期決算結果 ~素人でも凄さが分かる優良銘柄の特徴を解説~

 

【米国株】グロース株のおすすめ銘柄②:NIO

米国株のグロース株でおすすめの銘柄2つ目は、NIOです。

 

 

2019年にナスダックに上場した中国のEV(電気自動車)メーカーです。

 

 

一度、資金繰り難に合い倒産しかかったものの、倒産危機を乗り越えV字回復してからは、事業は軌道に載っています。

 

 

一時期$3台まで低迷した株価も2021年現在では$40以上で推移しており、ヨーロッパ市場進出や世界展開を視野に入れいてる事からも、今後も大きな成長期待ができる企業の1つです。

 

 

NIOについて、詳しくは下記の記事に纏めています。

 

>>>【米国株】NIOの将来性~中国のEV市場を牽引する中国版テスラ~

関連記事

本記事では、中国版Tesla(テスラ)と称されるNIO(上海蔚来汽車)について、私が調べた情報を備忘目的で記事に纏めています。  【想定読者】 株式投資初心者・米国株投資初心者これから株式投資を検討し[…]

 

【米国株】グロース株のおすすめ銘柄③:ドラフトキングス(DKNG)

米国株のグロース株でおすすめの銘柄3つ目は、ドラフトキングス(DKNG)です。

 

 

2019年にSPAC上場した米国のゲーミングプラットフォーム企業です。

 

野球やサッカー、バスケなどのスポーツの勝ち負けにお金をかける、いわゆる賭博は日本ではあまり馴染みがありません。

 

ただ、スポーツベッティングやファンタジースポーツは世界的に人気が拡大中で、そのリーディングカンパニーの1つがドラフトキングスです。

 

 

>>>ドラフトキングス(DKNG)の株価に影響を与えた重大ニュース【2021年注目の米国株SPAC銘柄】

関連記事

本記事では、米国で2020年にSPAC上場をしているドラフトキングス(DKNG)について、私が調べた情報を備忘目的で記事に纏めています。 【想定読者】 株式投資初心者・米国株投資初心者・これから株式投資を検討している人[…]

ドラフトキングス(DKNG)の株価に影響を与えた重大ニュース【2021年注目の米国株SPAC銘柄】

 

【米国株】グロース株のおすすめ銘柄④:ARK社のETF

米国株のグロース株でおすすめ銘柄4つ目は、個別株ではありませんが、ARK社のETFも選択肢の1つです。

 

 

ARK社が中長期的なトレンドを見据えて、破壊的イノベーションを起こせる可能性のある企業に集中投資する手法で、ハイリターンをただき出している投資ファンドです。

 

 

ARK社はテスラ(TSLA)やペイパル(PYPL)、スクウェア(SQ)などの革新的企業をポートフォリオに組み込んでいます。

 

 

ARK社の運用実績は驚異的で、2020年には全てのアクティブファンドETFで+100%のリターンを出しています。

 

 

ARK社の運用実績やETFパフォーマンスなどについて、詳しくは下記の記事に纏めています。

 

>>>ARKのETFを徹底解説~100%超えのリターン!?圧倒的な実績で人気沸騰中の米国株ETF~

関連記事

ARKのETFって何? ARKの運用実績は? ARKのETFの投資パフォーマンスはどれぐらいあるの? ARKKなどのARKのETFはどこで買えるの?日本の証券会社で買える? こんな疑問や質[…]

ARKのETFを徹底解説_米国株の人気ETF

 

【米国株】グロース株投資とは?~今後も成長期待ができるグロース株銘柄も紹介します~: まとめ

【米国株】におけるグロース株投資について、紹介してきました。

 

簡単に振り返っていきましょう。

 

グロース株とは、まだあまり世間に認知されていないけれども、今後大きく伸びる可能性があるPLC上で導入期・成長期にあたる企業株の事。

 

 

中長期的に大きな利益が期待できたり、短期的に稼げる可能性が高い一方で、ポジションを持つタイミングが難しかったり、成長し続けられるかどうかを見極める難しさがあります。

 

 

とはいえ、2025年、2030年と近い将来、破壊的イノベーションにより既存の常識やインフラを大きく変える可能性を秘めている企業が米国では続々生まれています。

 

 

米国株のグロース株をタイミングを見て、仕込んでホールドしておきたいですね。

 

 

以上、【米国株】グロース株投資とは?~今後も成長期待ができるグロース株銘柄も紹介します~でした!!

↓↓「この記事読んで良かったな」という方↓↓