仕事は頑張るだけ損?頑張り損しない為に知っておくべき理由と対処法

  • 2021年10月11日
  • 2021年10月12日
  • 生活
  • 仕事は頑張るだけ損だと思うんだけど、実際のところどうなの?
  • みんなはどう思ってるの?

 

 

そんな疑問に答えます。

 

 

  • 同期よりも明らかに働いているのに上司の評価が低い
  • ネットサーフィンしてる50代のおっさんよりも給料少ない
  • 全然仕事ができない先輩の方が給料多い

 

そんな現実を目の当たりにすると、

 

ついんず

仕事は頑張るだけ損じゃない?

 

と思いまよね。ぶっちゃけ、バカバカしくてやってられません。

 

 

ただ、このように思ってしまうのは、あなたや私、個人のせいではなく、ちゃんとした理由や原因があります。

 

 

理由や原因が分かれば、取るべき対処法も見えてきます。

 

 

本記事を読む事で、仕事は頑張るだけ損な理由を改めて認識する事ができ、取るべき行動が明確になります。

 

 

早速見ていきましょう。

 

仕事は頑張るだけ損?頑張り損しない為に知っておくべき理由と対処法

仕事を頑張るだけ損する理由

仕事を頑張るだけ損する理由

まずは、仕事を頑張るだけ損する理由や原因をみていきましょう。

 

 

主に3つあります。

 

  1.  頑張りは正当に評価されない
  2.  頑張っても、給料は増えない
  3.  仕事量が増えて、自分の時間が減る

 

しっかりと原因を把握した上で、対策をしていきましょう。

 

仕事を頑張るだけ損する理由①: 頑張りは正当に評価されない

仕事を頑張るだけ損する理由1つ目は、「頑張りは正当に評価されない」からです。

 

 

会社は「人」が集まって運営される組織である以上、人事評価は「人」の好き嫌いやパワーバランスで決定づけられる事が多く、特に日本企業の場合、こうした傾向は顕著です。

 

 

私の経験上、評価は主に以下の3つによって左右されます。

 

 

  • 会社の業績(売上や利益)
  • 上司や上司の上司の組織内での影響力
  • 上司の好き嫌い

 

 

会社の業績も良くて、上司の組織内での影響力もあって、あなたも上司に好かれていれば、評価は高くなる傾向にあります。

 

 

例えば、その年の会社業績が良くて、「誰かを昇格させよう」という話があった場合、昇格候補を絞る際に上司による推薦が必要になりますが、上司に好かれていない場合、昇格できる可能性が低くなります。

 

 

あなたの仕事の頑張りや業務量とは関係ないところで評価が決まっている事がほとんどなのが現実です。

 

 

ただ、会社内で昇格や出世をする事だけが「成功」だとは言い切れません。

 

 

>>>出世しない人が勝ち組と言える理由~勝ち組になる為の方法も具体的に解説します~

関連記事

出世しないと勝ち組になれないの? 出世しないと将来不安を感じるけど、出世が全てじゃない気がする 出世しない人で勝ち組の人は何をやってるの? そんな疑問に答えます。 &n[…]

 

仕事を頑張るだけ損する理由②: 頑張っても、給料は増えない

仕事を頑張るだけ損する理由2つ目は、「頑張っても、給料は増えない」です。

 

 

評価がされないと、当然、給料は増えません。

 

 

しかも、日本企業の場合、年功序列の文化が色濃く残っている為、特に若い人は給料の上昇スピードはめちゃくちゃ遅いです。

 

 

企業規模にもよりますが、平均昇給額は3,000円~5,000円/月程度である事が多く、こんな昇給ペースでは将来の経済不安が消えないのは当たり前です。

 

 

年功序列というレールがある以上、先輩や同僚を上回る飛びぬけた実績をあげても、彼らより多くの給料をもらえるという事はありません。

 

 

評価もされず、給料も増えなければ、「仕事は頑張るだけ損」と思うのは当然です。

 

仕事を頑張るだけ損する理由③: 頑張ると仕事量が増えて、自分の時間が減る

仕事を頑張るだけ損する理由3つ目は、「頑張ると仕事量が増えて、自分の時間が減る」です。

 

 

仕事を頑張ると、評価されなず、給料が増えないどころか、仕事量だけがどんどん増えていきます。

 

 

仕事のできる人は、自分の頭で考え、効率よく仕事を回せます。しかし、効率よく終わらせてしまうと、思わぬ副作用が出てきます。

 

 

「もう終わったのか、じゃあもっと依頼しよう」
「この量を1人でこなしたら、もう少しリソース減らしても良いな」

 

 

という形で、仕事が増やされたり、リソースが減らされたりします。

 

 

ついんず

え、何の為に効率化したんだ・・・?

 

 

こうなると、実質的にあなたの仕事量は増え続け、プライベートの時間が減り、会社の歯車として使われ続けるという悪循環に陥ってしまいます。

 

 

 

「給料が増えないのに、働く時間が増える」という事は、時給が下がる事を意味します。

 

 

これは時間単価という重要な概念で、1時間当たりの時給を上げていくと、満足度は向上していきますが、時間単価が下がる事は満足度の低下に直結してくるのは当然です。

 

>>>【時間単価?】会社員必見の時間の使い方と行動を大きく変える重要指標について解説

関連記事

時間単価とは?そもそも何? 時間単価の計算はどうやるの? 時間単価を上げる方法は? そんな疑問に答えます。 筆者は本業はサラリーマンで、隙間時間にブログ運営をやったり、[…]

時間単価?会社員必見の時間の使い方と行動を大きく変える重要指標について解説

 

 

評価もされず、給料も増えないのに仕事量だけ増やされる、そんな状況で「仕事を頑張るだけ損なんて考えるな!」、と言われても無理がありますね。

 

 

ついんず

バカにしないで欲しいですよね

 

仕事を頑張るだけ損する理由をざさっと見てきましたが、実際に仕事を頑張るだけ損すると思っている人のリアルな声を見てみましょう。

 

仕事は頑張るだけ損:リアルな声を拾ってみた

仕事は頑張るだけ損:リアルな声を拾ってみた

仕事は頑張るだけ損だと思っている人は想像以上に多いです。

 

 

実際に、Twitteでつぶやかれていたリアルな声を拾ってみました。

 

仕事は頑張るだけ損なリアルな声:頑張れば頑張るだけ仕事と責任が増えるだけ

仕事は頑張るだけ損なリアルな声:頑張ると「もう少し人減らしても大丈夫かも」と思われ、実質的に業務量が増える

https://twitter.com/yk_sensei/statuses/1393831646848196608?s=20

仕事は頑張るだけ損なリアルな声:頑張っても上司に気に入られないと評価されない

仕事は頑張るだけ損なリアルな声:給料がたいして変わらないなら楽したも者勝ち

https://twitter.com/JiroMtake/statuses/1181220520630480902?s=20

 

 

「仕事は頑張るだけ損する」と感じる人が多いのは、「正当な評価が得られない」「満足いく収入を得られない」「仕事量が増える」という不満が根底にあるようですね。

 

今の環境で「仕事は頑張るだけ損」だと思っている人が、やるべき事

今の環境で「仕事は頑張るだけ損」だと思っている人が、やるべき事

今の環境で「仕事は頑張るだけ損」だと思っている人に、オススメなのが「頑張る場所を変える」事です。

 

 

「仕事は頑張るだけ損する」と感じるのは、「正当な評価が得られず、満足いく収入を得られない」という現状に不満があるからです。

 

 

頑張る場所、自分の力を入れる場所を変えるだけで不満は解消できますし、結果は大きく変わってきます。

 

 

具体的には以下の2つに両方orいずれかに取り組む事がオススメです。

 

 

  1. 外資系企業に転職する
  2. 副業に力を入れる

 

順番に見ていきます。

 

今の環境で「仕事は頑張るだけ損」だと思っている人が、やるべき事①: 外資系企業に転職する

今の環境で「仕事は頑張るだけ損」だと思っている人が、やるべき事1つ目は、「外資系企業への転職」です。

 

 

外資系企業は実力社会なので、数字で評価され、自分の実績がしっかりと昇給やボーナス、昇進に反映されてくるからです。

 

 

業績に貢献する働きをしていれば評価されやすいのが外資系企業の特徴です。

 

 

実際、私が在籍していた外資系企業では、

 

  • 営業成績上位者になると、ボーナスで年収に相当する金額が支給される
  • マネージャーに昇進するとストックオプションで会社の株をもらえる
  • 35歳で部長職に抜擢

 

など、日本企業では考えられないような「評価」がされていました。

 

 

ついんず

私自身も、この会社で毎年月1.5~3万円の昇給をして、年収アップできました。最終的には転職しましたがw。

 

 

日本企業は年功序列の文化が根強く残っている為、どうしても昇給や昇進には時間がかかります。

 

 

また、人事評価は上司の好き嫌いで決まるので、残念ながらいくら仕事ができても上司に気に入られないと正当な評価を受けにくいのが現状です。

 

 

 

今の環境では仕事は頑張るだけ損でも、場所を変えれば評価が一変する可能性があるのが外資系企業です。

 

今の環境で「仕事は頑張るだけ損」だと思っている人が、やるべき事②: 副業に力を入れる

今の環境で「仕事は頑張るだけ損」だと思っている人が、やるべき事2つ目は、「副業に力を入れる」です。

 

 

 

転職してまで「評価得る事」や「年収アップ」を考えていないという人にはオススメの方法が、「ブログ副業」です。

 

 

 

ブログ副業は、自分が費やした時間や労力、アイデアがダイレクトに収入に反映されてくるからです。

 

 

ついんず

しかも、ブログは圧倒的に手軽でローリスクにスタートできます。

 

 

初期投資に必要なのは、月額1,000円程度のサーバー代とWordPressデザイン代(10,000~15,000円 )ぐらいです。

 

 

 

ブログ記事を継続して投稿が軌道に乗ってくると、安定的に月数万円の収入を得る事ができます。

 

 

 

日本企業では、どれだけ頑張っても「定期昇給額が3,000円~5,000円程度」です。

 

 

 

仕事を頑張る事ができる人は、ブログを間違いなく継続する事ができます。

 

 

今の職場仕事は頑張るだけ損するする事が分かっているなら、本業はほどほどに手を抜いて、空いた時間にブログ副業で月数万円の収入を得る努力をしていきましょう。

 

 

IT知識やデザイン知識ゼロの人でも数時間でブログを立ち上げられるので、試しに行動してみましょう。

 

 

>>>【完全初心者向け】WordPressブログの開設方法~1時間でブログはじめられます~

関連記事

WordPressって何? ブログを開設したいけど、具体的な手順が分からない。 レンタルサーバー契約とドメインの取得はどうやるの? WordPressのインストールって簡単にできるの? そ[…]

 

仕事は頑張るだけ損?頑張り損しない為に知っておくべき理由と対処法
: まとめ

仕事は頑張るだけ損?理由と対処法が分かれば上手くいきます

 

 

簡単に振り返っていきましょう。

 

 

仕事を頑張るだけ損する理由は主に3つあります。

 

  1. 頑張りは正当に評価されない
  2.  頑張っても、給料は増えない
  3.  仕事量が増えて、自分の時間が減る

 

 

評価もされず、給料も増えないのに仕事量だけ増えて自分の時間が減っていく。

 

 

そんな悪循環から抜け出す為には、「環境をガラッと変えるか」、「今の環境は諦めて適当に働きつつ違う事に力を入れる」しかありません。

 

 

具体的には以下2つです。

 

  1. 外資系企業に転職する
  2. 副業に力を入れる

 

仕事は頑張っても損しますが、自分の努力が成果として目に見えて分かるのが「ブログ」です。

 

 

個人的には、「お金を稼ぐ事」と同じぐらい「お金を増やす事」は重要だと考えています。

 

 

稼ぐだけでは、経済的な不安はなくなっていかないからです。資産運用も併せて行っていくと、「仕事はそこそこに、でも収入と資産は増やせる」ようになるので、仕事への不満は減っていきます。

 

 

資産運用をするなら、米国株がおススメです。

 

>>>米国株と日本株、買うならどっち?は愚問~米国株が圧倒的にオススメな理由を解説します~

関連記事

米国株と日本株を買うならどっちが良いのかな? 米国株と日本株の違いはなんだろう? 米国株の何が良いの? そんな疑問に答えます。  【想定読者】 株式投資初[…]

米国株と日本株、買うならどっち?は愚問 ~米国株が圧倒的にオススメな理由を解説します~

 

以上、仕事は頑張るだけ損?頑張り損しない為に知っておくべき理由と対処法でした!!

仕事は頑張るだけ損? 頑張り損しない為に知っておくべき理由と対処法
↓↓「この記事読んで良かったな」という方↓↓